読み込み中

ビッグダディの子育てって、正解だったの?本人と娘達に、会ってきた。

ビッグダディの子育てって、正解だったの?本人と娘達に、会ってきた。

お金がないのに子どもを産む。

その選択を、どう受け取りますか?

 

皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?

 

8年にわたり、ある大家族に密着した、ドキュメンタリー番組です。

番組の主人公は、一家の父親である、林下清志さん。

結婚して数年で八人の子どもをもうけた挙句、多額の借金を背負い、妻とは離婚。

シングルファザーとしてそれだけの人数の子どもたちを育てているだけでも珍しいのに、彼は番組放送中、何度も何度も結婚や離婚、そして出産を繰り返しました。

 

最終的にもうけた子どもは、実子だけで10人

結婚と離婚を繰り返した回数は、なんと合計、7回

ちょっと非常識すぎやしないか。

その奇行ともとれる行動の数々に、世間は黙っていませんでした。

番組の人気が高まれば高まるほど、林下さんへの批判が殺到。

 

それでも彼の勢いは留まることをしらず、書籍を出版し、舞台にも出演し、挙げ句の果てには、AVへの出演まで果たします。

 

有名なタレントも、世間の人たちも。みんなが彼を指差し、こう言います。

「十分な経済能力もないのに、子どもを産むのは無責任だ。子ども達が可哀想だ」

 

経済状況が不安定なまま、出産を繰り返す。食事だって、満足にはとれない。

まだ心が未発達な幼い子供達がいる状況で、離婚と結婚を繰り返す。

私自身、彼の子育てが子どもたちの心に与える悪影響は、著しいのではないかと懸念していました。

 

だけど、放送されている番組に映る子どもたちは、そんな私の思いを吹き飛ばす勢いで、なんだか楽しそう。

 

世間、そして私自身の思いと、子どもたちの笑顔の間に生じたギャップは、

私の心に、モヤモヤとした不信感を抱かせます。

 

テレビの前だから、ビッグダディが怖いから、無理してたんじゃない?

 

「ビッグダディの子育ては間違えていた」もしも本当にそうだとしたら。

彼に育てられた子どもたちは幼少期、テレビには写っていないどこかで、涙を流していたのでしょうか。 

 

そして今、どうしているのだろう。もしかして、自分勝手な父親を恨んでいるのでは?

 

それから、肝心のビッグダディは?

自分がしてきた子育てについて批判された彼は、

子ども達が手を離れた今、自分自身の子育てを振り返り、どう思っているのでしょうか?

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
The following two tabs change content below.
アバター

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

コメント一覧

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター
    by ひとみ

    ビッグダディ、知ってはいましたが、面白いとは思わなかったのでじっくりと番組は観てませんでした。それでも番組は続きテレビやラジオでも取り上げられ賑やかになってましたが、まさかこんな芯の通ったお父さんだとは予想もしてませんでした。お嬢さんたちも立派ですね。
    ビッグダディ一家ほどではありませんが、私も平均より大きめの家庭で育ちました。私たちも子どもの時は家にお金がないことに気付きませんでしたし、誰も友達の家庭との違いに不幸を感じたことはありませんでした。家族で暮らしていた頃を思い出しながら読みました。が、色々な点でビッグダディが上回っていて面白かったです。

    ステキな記事をありがとうございました。

  2. アバター
    by たかしろ

    実際に会ってみないとわからないことを、こうして伝えてくださってありがとうございます。
    私は「ビッグダディ」の番組を見たことがありません。
    が、ネット上の批判とか、噂話から、「ビッグダディ」「大家族」「離婚と再婚を繰り返す」「貧乏である」というようなキーワードは知っていました。
    そしてもちろん、あまりいい印象は持っておらず、「自己顕示欲の強い、問題のある父親」だと思っていました。
    この記事を読んで、情報の断片からイメージを作っていたのだと改めて気づかされました。

    「貧乏でも、親が離婚してても、子供は幸せになれる」
    これは、頭ではわかっていても、なかなか色眼鏡を外すのは難しい。
    私も、あれをしないと、これをしないと、子供は幸せになれないんじゃないか??と考えてしまうし、
    いろんな場面で、その人の経済状況や家庭の状況を、差別的な目で、人となりと結びつけてしまいそうになる。
    でも、究極的な例である「ビッグダディ」の子供たちが「幸せだよ!」と言ってくれたことで
    本当に、本当にそんなことないんだな、と、反省させられました。
    と同時に、勇気付けられました。本当に子育てに正解はない。愛情が全て。

    言葉を、記者としてとりに行ってくださって、ありがとうございます。
    私も私なりに、子供を幸せにしてやりたいと思います。

  3. アバター
    by たっぴぃ

    素晴らしい記事でした。
    たくさんの批判がある中、あんなに子供が素直に成長していたのは、良い子育てができていたからだと思います。
    私も母子家庭で貧乏な生活をしていましたが、親がどれだけ自分を愛してくれて、自分のことを考えてくれて、そして嘘なく接してくれて、最低限の礼儀を教えてくれたかが、今の私を形成していると思います。とても幸せでした。親の考えや価値観が子供を左右させますが、押し付けはやはりありませんでした。こちらにも考えさせるようにしてくれました。私もまた自分の家庭に生まれたいと思いますし、子供に「またこの人たちの子供に生まれたい」と少しでも思わせることができたら、正解とは言いませんが、良い子育てだったと言えるのではないでしょうか。
    私も世間の話を聞き、ビックダディはひどい人なのか?と思ったこともありましたが、私の父は「この人は本当にすごい」と何度も言っていました。その理由がこのインタビューで良く分かりました。
    ビックダディの人生観は、私たちに良い影響を与えることもたくさんありました。
    良い記事に出会えました。ありがとうございました。

  4. アバター
    by 白

    面白い記事でしたー!
    読み始めた時は長いなこれ!飽きたら終わろーと思っていましたが、結局ご飯食べながらテレビ見ながら最後まで読んでしまった。お行儀悪い!!
    いやでも、一度も番組見たことなかったのに悪いイメージだけ植え付けられていたビッグダディですが、ちょっと尊敬しました。そして、お金ないからって諦めてた三人目を産みたくなった。

    素敵な記事をありがとうございました!!

  5. アバター
    by アミ

    本当に素晴らしい記事でした✨✨
    子を持つ母親として、大変心に響きました。
    私も、楽しく自分の気持ちに忠実に生きて行こうと改めて思いました。
    ありがとうございます!

  6. アバター
    by 上野 郁美

    しびれました。

    ビッグダディシリーズ見ていて、子どもたちの健やかさが不思議だったのですが
    この記事を読んで腑に落ちました。
    子育てに正解はない、本当にその通りです。

    私も家事にあまりにも不向きなので、夫にやってもらうという選択をし、発信しているのですが
    母親の味を知らずに育つなんて…とか言われます。
    でも私が幸せな気持ちでできる方法で愛情を注ぎたい。子育てしていると胸を張って言いたい。
    ビッグダディに勇気をもらいました。

    そして10ページの最後に

    >yuzuka 「これが俺のやりかただ」ですね。

    をぶっこんできたセンスにもしびれました(笑)。

    また読みに来ます!

  7. アバター
    by ゆう

    素敵な記事です!
    色んな目線で決めつけて内容を書いていない所が
    読み手の本当にみたい部分を見せてくれたような気がします。
    ビッグダディを通して家族というコミュニティの在り方
    改めて見直します。
    いつだって本気…だから結婚も離婚も繰り返すのかもしれないですね
    私もいつだって本気…だと胸を張って今を生きて行こうと思います。
    ありがとうございます
    ちなみにこんな長い記事をじっくり読んだことはなかったです(笑)

  8. アバター
    by あいか

    たまたまTwitterでyuzukaさんのところへ飛び、たまたま記事を見つけ、読んでみましたが、すごく素敵な記事に出会えました。

    私はなんとなくビッグダディの番組を見たことはありました。でも生活の中にテレビが入る違和感、ギャラが発生してるのでは、ヤラセでは?本当の姿なのかな、、、と疑問に思ってて、世間が騒いで生んだ悪いイメージにもなんとなく同意してました。

    しかし、この記事で当事者の心のうちを知ることができ、本当のことを知ることができて嬉しいと思いながら、こんな楽観的かつ強く芯のある、そんな心の持ち方が親子共に出来ていることが素敵だなと思いました。私はまだ大学生なので、特に娘さんのインタビューの内容が心に響きました。自分たちは自分たち、という考え方が子育てのみならず、人生において私も真似したいと思いました。

    この記事を読んで、私の価値観や人生観にもすごく刺激を貰えました。そして、メディアに対して抱いていた疑問に関しても、当事者のインタビューによって正しい情報を知ることができたのですごく嬉しく思います。素敵な記事をありがとうございます。凄く心に響き、ぜひお伝えしたいと思ったのでコメント残させていただきます。

  9. アバター
    by タカハシ

    素敵なインタビューありがとうございました。
    読み応えがありました。
    私はまったく番組は知らないのですが、
    たいへん勉強になりました。
    勉強なんていうと、それは違うと林下さんに言われそうですが…
    この記事に出会えたこと、感謝します。
    yuzukaさん、ありがとうございました。

  10. アバター
    by くそ

    子供を育てるどころか産んですらいない女が自分の意見をさも世間の声です、私が言ってるんじゃないけどみんなにこう言われてますよね、って文脈で伝えるところにモヤっとしました。
    とっくに自立している人間に対し子育て成功?失敗?は?何様ですか?元ソープ嬢であるあなた自身の親の子育ては成功してるんですか?
    清志氏のイメージが変わった点では素晴らしいインタビューでしたが、あくまでインタビューされた側の人格によるもの。yuzukaさんの思慮の足りなさにガッカリしました。

  11. アバター
    by shiho

    私的には素晴らしい文章だったと思います。

    子供を育てたことはありませんが
    正直、ビッグダディの子育ての仕方には
    疑問はまだ、残っていますが
    しかし、その是非を決めるのは子供たちでありますし、
    何より、子供たちがこれで良かったんだ
    と言えてることこら、この家の教育方針は間違ってなかったんだな!
    と思えることが出来ました

    また、事実だが真実ではないや、お母さんは1人だけや
    自分に恩を返すのではなく、下の子達に同じことをして
    など、テレビでは見えなかった意外な面も見れて心に残る文章でした。

  12. アバター
    by ちっち

    はじめまして。
    どこからともなくこちらにたどり着き、一気に読ませていただきました。
    とてもステキな内容でいろいろ考えさせられました。

    私はほぼビックダティと同世代の母親ですが、先入観や思い込みで
    人をみたり、そうだろう、そうに決まってると思いがちなので
    この対談を読み、自分の視野の狭さを反省しました。

    もうすぐ子供が嫁ぎます。
    今後は自分の子供が子育てをしていく日がくるかと思います。
    その時がきたら
    こちらの記事がステキだよって教えてあげたいです。

    yuzukaさん ありがとうございました。
    また機会があればyuzukaさんの文章を読んでみたいです。

  13. アバター
    by s子

    ビックダティって素敵なオトコじゃん
    お子さん達もいい子だね
    インタビュアーが少し偏見持ちすぎ

あなたの意見を聞かせて

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)