考え方

ビッグダディの子育てって、正解だったの?本人と娘達に、会ってきた。

2018年3月8日

「貧乏生活」「父子家庭」って、本当に辛くなかったの?

yuzuka 例えば批判のひとつとして、「お金のない状態でたくさんの子どもを作る」って部分に言及する方も多いと思うんですね。

お金がない状態で家族が過ごしていく。ご飯も満足がいかない量で、下手をすると自給自足しないといけない日もある。行きたいところに行けなかったり、欲しいものが手に入らなかったり。そういう部分について、子どもの頃に辛いなと感じた瞬間って、なかったですか?

都美さん そういう負の気持ちがなかったよね。自分で育てた野菜が食べられる。やったー!何にして食べよう!何を作ってもらおう!とか。そういうワクワクでいっぱいで。

 

柔美さん うーん。例えば、他の人の家に行って出てきたカレーが、自分の家のカレーと違う……。とか。そういうのはありましたけど(笑)だからといって羨ましいとかもなくて、「別にうちの家のカレーはうちの家のカレー」って、自然に受け入れていたので。それになにより……楽しかった。

都美さん うん。楽しかった。

柔美さん 毎日ずっと楽しかったよね。

 

都美さん 家が貧乏で、毎日みんなが喧嘩して、ピリピリしているような家だったら嫌だったと思うけど、そうじゃなかったし。

柔美さん 本当に自分たちが貧乏って知らないくらいに楽しかった。勿論、ギリギリのこともあったよね。公園に生えているアロエを食べにいくとか(笑)でも、それを取りに行くのも楽しかったんだよね。ワクワクして。お父さんはいつも、ゲーム形式にしてくれるので。辛さを感じさせないようにしてくれてたんだと思います。

都美さん 「こっそり取りに行こうね」って、みんなで相談して夜に取りに行くのが、本当に楽しかった(笑)

一般的な家庭とか、よく分からないですけど、その人達が同じような経験をしているとしたら、私達はそれ以上の体験や楽しさを経験してきたと思うんです。普通じゃできないような。いろんな地域にいって、そこでしか触れられないことに触れて。そういうこともたくさんさせてもらえたので。なので、自分が子どもを産んだとしても、同じような経験をさせてあげたいなって思えるくらい。

yuzuka いろんな大家族を見てきましたけど、どうしてもピリピリしたムードを漂わせている家庭って多くって。そういう家庭と比べたら、やっぱり林下一家って、特別楽しい雰囲気が漂っているように感じたのは、間違ってなかったんですね。

 

都美さん きっと、お父さんが、そういう苦労を全部を引き受けてくれてたんですよね。本当にあの人、欲がない人で。何が欲しいとかどこに行きたいとか、そういうのも一切なくて、子どものことだけを一番に考えてくれている人だから。だから、自分の寝る間も惜しんで、私達のために、見えない苦労を引き受けてくれてたんだなって。

柔美さん その頃は気づかなかったんですよ。毎日夜中も寝ずに働いていたこととか、そういうのも、大きくなってからお兄ちゃんに聞かされて。凄いなって。そういうとこ、本当に見せなかったんだなって。今、自分達が働く年齢になってみて、自分に同じことができるかなって考えてたら、できる気がしません。家事とかも、全部父親がやってたので。

小さい頃は洗濯機もなくて。8人分の洗濯を、毎日手洗いでやってくれてたんですよね。高校生になって、初めて自分の体操服を手で洗った時に、みんなでビックリして。

 

都美さん ね、びっくりしたよね。

柔美さん 三日目くらいに手の皮が剥けてきて。ああ、こんなことを毎日やってくれてたんだって思うと、「凄いな」って。そういうのも、小さい頃は気づけなかったので。だからこそ今になって、改めて一人の人間として尊敬するようになりましたね。

 

yuzuka 凄いですね……。連日連夜働いて、男で一つで子どもを育てるって、なかなかできることではないと思います。じゃあ、お二人とも、軽い反抗期はあったとしても、お父さんに対して真っ向から「なんだよ」って反発することもなく、そして今も、一人の人間として尊敬していらっしゃるんですね。

柔美さん 家のルールも、徹底されているので。例えば「嘘をつかない」って、うちの家で何よりも大事な決まり事なんです。

だから、私達がお父さんにウソを付くこともないし、お父さんがウソをつくことも、絶対にない。信頼関係が成り立ってるんです。それを絶対に壊したくないから、私達も嘘をつけません。だからみんな、「そんなことも言う?」ってことも、全部報告しあいます。

 

都美さん 女の子だと、「お母さんじゃなきゃ話しづらいよね」みたいなのもあると思うんですけど、うちの家はそういう「お父さんには恥ずかしくて言えない」みたいな状況を作らないようにしてくれていたので、全部話し合ってましたね。

柔美さん セクシャリティ的なタブーすら、家族の中ではないんですよね。恋バナとか、体の悩みとか。そういうのも全部、小さい頃から話してましたね。

 

yuzuka それでお父さんも、親身に返してくれるんですね。

柔美さん 親身ではないかもしれないけど(笑)ちゃんと授業みたいに答えてくれますね。だから悩み事とかも結構、全部話してましたね。

それから、何かショックなことが起きても、うちの家族は笑いに変えてくれるので。「3日たったらなんでも笑い話にする」っていう、うちの中のルールがあって。失恋した時とかも、二日目までは一人にしてあげて、三日目からはみんなでいじるんです。

 

家族同士の密な関わり

yuzuka それこそ思春期とかって、とくに女の子は「家族と関わりたくない!」みたいな時があるじゃないですか。私も二人兄弟だったんですけど、一人部屋が欲しいって、無理矢理一人部屋をゲットした覚えがあるんですけど、そういう、プライバシーが守られる空間がないのって、辛くなかったんですか?

都美さん 兄弟で合う合わないはあるんですけど、うまくやってましたね。周りの話を聞く感じと比べると、私達兄弟は普通よりも上下関係がしっかりしてて、仲も良かったので。いつも「仲良しだねえ」って言われてました。自分たちは普通のつもりでしたけど。

柔美さん 今でもみんなでグループラインをするのが楽しみで。時間が合えばみんなでも集まりますし。全員でってのは、なかなか難しくなっちゃいましたけどね……。

 

yuzuka じゃあ、兄弟間も仲良くお互いに距離が取れて、親子関係も良くて。言い方がおかしいかもしれないけれど、「みんなが思ってるよりも、普通の家庭だよ」っていう感覚ですよね。

都美さん 普通の家庭の人達が、「私達なら無理だわ」って思うのかもしれないけど、私達にとってはそれが当たり前で、楽しかったし、不満もなかったですね。

 

yuzuka 例えば、周囲の人だとか、有名なタレントさんが「ビッグダディの子育ては失敗だ」って言うことに対して、腹が立ったりはしないんですか?

都美さん 腹はたちませんね。そういう考えなんだな。その人はそう思うんだなって。だけど本当は、子育ての成功とか失敗って、子どもが決めることですよね。事実、私達は楽しかったし。それで良いかなって。

 

柔美さん 勿論、言われてショックだって気持ちはあります。失敗って言われちゃうと、私たちの生き方まで否定された気持ちになるから。

都美さん 人生を全部否定された気持ちにはなるよね。

 

柔美さん うん。でも、結果私達は楽しいし何の不満もないからね。

都美さん 何をもって「成功」「失敗」って言われるのかも分からないけれど、結果的に私達が今どうなっているっていうのを、子育てのせいにされたくないんです。それに、私達は失敗されたとか、この家が嫌だったとかは、全く思わないから。

 

柔美さん 何を見て失敗って思われるのかは分からないけど……。礼儀とかは、凄くルールが厳しかったので、例えばご飯の食べ方とか、敬語とか、何事も目上の人に先にしていただくとか。

そういうのはすごく身に付いていて、そのあたりも感謝していますね。だけどそれも、命令されてやっていたというよりは、自然とそうなって行った感じで。うちは年功序列が厳しいので、兄弟の間で上を見て、自然に真似していったんですよね。

yuzuka 寮生活を感じさせますね。

 

柔美さん そうそう!それだ!寮生活っぽいよね。私達、高校が寮だったんですけど、基本的なことが身に付いていたので、それで怒られるってこともなかったし、困ったこともなかったです。

都美さん 家では門限とかも本当に厳しくて、30秒でも過ぎると外出禁止になるので(笑)そういう約束事は、みんな徹底して守ってました。約束を守り合わないと、家族である意味もないから。

 

柔美さん そういうので、信用を積み上げていくって感覚なのかな。信用を失いたくないよねって。だから、徹底してましたね。

yuzuka じゃあ、今も「約束を守る」「嘘をつかない」ってのが人生の基本として、心にあるんですね。

 

柔美さん そうですね。信じてほしい人にはそれなりの筋は通しますね。基本的に友人も含めて、信じ合える関係でいたいので。だから人に嘘をつくとかは、考えられないです……。

兄弟間でも、未だにそれはあります。何事も相談しあって、嘘はつかない。なんでも相談しあうので、お金に困った時は、兄が仕送りをしてくれていました。私が高校生の時とかは、毎月お小遣いまでもらっていて。「自分が高校生の時に、遊ぶお金がほしかったし、お前たちには高校生活を楽しんでほしい」って。

それに対して、「お金はちゃんと返すよ」って言ったら、「俺に返すんじゃなくて、妹達にあげるんだよ」って。そうやって、恩を下の子たちに返していくんだよって。

都美さん だから私も、柔美からお小遣いをもらってましたね。上がしっかりしてて良かった(笑)

 

柔美さん そうやって兄弟間で恩を回してるんだよね。

yuzuka かっこよすぎる……。弟にお小遣いなんて、あげたことがない私には、耳が痛いです。

 

最後に

yuzuka それでは、ちょっとこれは、失礼になってしまうかもしれないんですけど。もしも生まれ変われて、人生を選べるとしたら。所謂「一般的な家庭」に生まれるか。それとも、また林下一家として、同じような環境に生まれるか。どっちを選びますか?

柔美さん 都美さん 今と同じというか、清志さんの子どもに生まれたいですね。

 

柔美さん 自分の子どもが生まれても、同じように育てたいって思います。できるかは分からないけど、同じような経験をさせてあげたい。本当に幸せだったから。

yuzuka この後、お父様とも対談させていただくのですが、だからこそこのインタビューがどういったものになるかで、記事の方向性が変わってくるなって、ずっと不安だったんです。「滅茶苦茶辛かったよ」って言われたらどうしようって……。だけど、良いお話がたくさん聞けて、良かったです。

 

柔美さん ありがとうございます。ところでお父さんとの対談、難しそうですね。お父さん、変わってるので(笑)

都美さん 変わってるっていうか、人と違うよね。天邪鬼。素直じゃない。

 

柔美さん かわいいよね(笑)だから、私達がこう言ってるって言っても、「そんな努力してない」とか言うと思うんですよね。そういう人なんで。

都美さん その取材、一緒に見たかったな。お父さん、大丈夫かな。

柔美さん ねー。お父さんにも、ちゃんと優しく受け答えするように、言っておきます。

 

yuzuka 最後まで仲睦まじい様子が伝わってきて、本当に安心しました。それに、先にお二人に会えて良かったです。子育てが正しいとか正しくないって、答えが出る問題ではないと思うんですけど、お二人が胸をはって「生まれ変わっても清志さんの子どもに生まれたい」って言えるって、それが全てだと思うんですよね。この気持ちを持って、お父様との対談に望みたいと思います。

 

「もしかして、滅茶苦茶なヤンキーが来るんじゃない?」なんていう私の心配を大きく裏切り、

お二人は、物腰が柔らかく、礼儀正しく、私の突っ込んだ質問にも、しっかり目を見て答えてくれました。

「普通」ってなんだよって、それにつきるんですけど。

 

彼女たちは、「普通」なんかよりも、遥かに素敵な女の子たちでした。

 

お二人を見て「子育て失敗」だと言う人がいるのなら、

毎日ツイッターで「おちんちん」なんて呟いている私は、どうなってしまうのか……。

なんて反省を抱えながらも、やっぱり、この批判の渦中にいたビッグダディ本人が、

どう考えているのかの疑問はまだ、溶けないままです。

 

「本人はどんな気持ちで子育てをしていたのか」

 

若干の不安と期待を胸に、私は、沖縄に飛びました。

The following two tabs change content below.
アバター

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

次のページへ >

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-考え方
-

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.