考え方

ビッグダディの子育てって、正解だったの?本人と娘達に、会ってきた。

2018年3月8日

破天荒にも思えるビッグダディの生き方。後悔は?

yuzuka 林下さんの人生の軸って、どこにあるんでしょう?結婚も、子育ても、仕事も。少し人とは違う感覚で、自分を貫き通している。その根っこの部分が気になります。

林下さん 「いかに面白く生きるか」ということがテーマだね。面白く生きることの意味ってね、誰も恨まなくて良いんだよ。何年たって振り返ってもね、「あのことがなければ」とか「あいつのせいで」とか、歯ぎしりしなくてすむの。だからこそ、「面白く生きたい」というよりは、「面白く生きる必要がある」んだよね。

俺は人生において、後悔したことがない。勿論多少の悔いはあるけどね。だけど、後悔はない。それは、「面白く生きる」という選択をしてきたから。それは、子どもたちも一緒。

 

yuzuka では、全ての選択肢は、「面白そうか」で決まるんですね。

林下さん そうだね。AVなんかもそうだし、舞台出演なんかもそうだね。正直ギャラは、もっと高く提示してくる会社なんていくらでもあったけど、俺がやりたいように、面白くやらせてもらえるか。そこで決めたんだよね。

このジンギスカン屋もそうだね。「沖縄に住む」って、面白そうだから。誰にも媚びないし、我慢する必要もない生き方だからね。まあ、だからこそテレビなんかからはすぐにいなくなっちゃったけど(笑)

 

yuzuka 因みに林下さんの今後って、どうなっていくんでしょう?ジンギスカン屋を展開させていかれるんですか?

林下さん いやあ、俺の店でもないしね。ずーっとやっていくってことはないかな。この先は深く考えてはいないね……。

 

yuzuka 子どもさん達は今バラバラで生活されていますけど、この先集まって暮らしたいというお話などはされないんですか?

林下さん 勿論、漠然とは「みんなで近くに暮らしたいな」って、全員では言ってますけど、みんな仕事がありますからね。だけどそれも楽しいだろうなとは、勿論思いますけどね。

 

最後に

yuzuka では、振り返ってみて。「子育て」について、とくに悔いもありませんか?楽しかったし、これからも楽しくみんなでいきていくという志で生活していく……。

林下さん まあ、そうですね。今はとってもほっとしてます。とにかく八人とも働いている。そこまでちゃんと親がでるのかな?って、ずーっと不安に思いながらやってきたけど、できたわけですから。

早い頃はね、「もしかしたら俺、親としての立場を放棄して好き勝手なことをしちゃうんじゃないか」とか、後は子育てを終える前に事故や病気で子どもを残してしまったらどうしようとかね。そういう不安もありましたから。だけどとにかく、そういうこともなくここまで子育てできた。

もしも俺が死んでしまって。神様がいるかどうかは分からないけど、天国で「子どもが大きくなるまでの10年だけ、下におろしてやる」って言われたとしたら。その10年って、なにごとにも変えられない10年ですよね。無駄なことなんて絶対にしない、一度死んだ気で子育てをする。俺はそういうつもりで、子どもたちと関わってきましたから。後悔はない。

yuzuka そういう思いが、密度の濃い子育てを産んだ。

林下さん 50までは、ゲップが出るまで子どもたちと関わって生きようって思ってやってきましたから。そしてそういう関わりが、できたと思っています。

しかもそこから、まだまだ生きられているわけだからね(笑)だから、後悔もない。それから、俺には似合わないけど、感謝もしてる。誰にっていうと分からないけどね(笑)だけど俺を親にしてくれたこと、そして子育てをやり終えたことも感謝していますね。

yuzuka 「楽しい」を基準に生きてきた林下さんの人生、そして子育てについての価値観が、少しだけ理解できた気がしました。

The following two tabs change content below.
アバター

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

次のページへ >

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-考え方
-

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.