読み込み中

パパ活女子は、犯罪者?話題のパパ活について、実態やその違法性について調査してきた

パパ活女子は、犯罪者?話題のパパ活について、実態やその違法性について調査してきた

デートだけで何十万円という大金をもらえる。

風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。

 

そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった。

 

高級ホテルでのディナーや、ブランド物のバッグ。

海外旅行に、数々の貢物。

 

キラキラとしたその写真達の裏に、パパの存在が見え隠れする。

 

だけど一体、そんな男を、どこで調達するのか。

そこでよく聞くのが交際クラブ愛人クラブと言った言葉だ。

 

男性は多額の会員費を払って、それぞれのクラブの会員となる。

女性はプロフィールを登録し、会員である男性からの指名を待つ。

 

マッチングした場合、デートがセッティングされ、

そこで見事契約成立となると、金銭的な援助とそれぞれの形での愛人関係、

つまりはパパ活が、スタートする。

 

こういった関係の成立をサポートする。

所謂仲介会社に当たるのが、この交際クラブである。

 

提供:株式会社ユニバース

 

綺麗な女性達がこぞって登録するその倶楽部は、いつもどこか、謎に包まれていた。

 

私が以前から、交際倶楽部に抱いていたイメージは、こんな感じ。

 

なんだかんだ言って、登録したら体の関係を持たなくちゃいけなくて、

しかもそれは「売春」や「不倫」にあたり、へたをすると捕まる。

風俗で働いた方が、うんとクリーン。

だってパパ活って、言い方を綺麗にしただけで「援助交際」でしょ?

 

今回は、そんなイメージをもとに、

 

「交際クラブの実態と、そもそも法的にどう解釈されているのか」

という面を、交際クラブの最大手、交際倶楽部ユニバースに取材。

 

「不倫って、結局何なの?パパ活って、不倫になるの?ついでに、『交際倶楽部』って、実際、本当に大丈夫?法律違反になんない?

もしもパパの妻にバレて、裁判で訴えられたり、契約通りお金がもらえなかったら、法的にはどうなるの?」

という部分を、弁護士にも取材。

 

最後に

「パパ活って、実際どうなの?デートだけで稼げているの?危険な目にあったことはないの?」

という面を、実際のパパ活女子に取材。

 

と、三方向から「パパ活の実態や違法性」に、徹底的に迫ります。

 

パパ活をしてる方たちだけではなく、水商売に片足を突っ込んでいる皆様には、

とくに読んでほしい記事になりました。

 

先に言っておくと、身の毛もよだつ、かなり意外な調査結果です。

 

(注意)

yuzuka及びpeek a booは、パパ活も含めた「性を売りにするお仕事」を、オススメしていません。

今回の記事は、あくまで「法的な観点」から取材をしたもので、パパ活をすすめる意図のもとで作成した記事ではないことを、ご理解ください。

また、今回は「交際クラブ運営者」「弁護士」「パパ活女子」の三人に取材をしています。

交際倶楽部に登録しようと考えている方は、記事の途中の見解で、安易な気持ちでこの業界に飛び込まず、

しっかり最後まで読んでいただくことをお勧めします。

The following two tabs change content below.

yuzuka

編集長。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ