考え方

ずっと変わることのない卵とじうどん

2020年10月20日

大森駅についたとき、卵とじうどんを思い出した。

数年前、ここで暮らしていたときに、いつも通っていた蕎麦屋さんのうどんだった。

 

大森駅北口を出てすぐにある、小さなお蕎麦やさん。

私はそこで出されるたまごとじうどんが、世界で一番美味しいうどんだと思っていた。

 

関東風の黒くて甘めのだしに、細くてやわらかい麺。

そのうえをふわっと覆う優しい卵にからまる、ほんの少しの九条ねぎ。

 

いつも一緒にたのむかき揚げ丼と、氷を入れて出してくれるそば茶が、

そのうどんの美味しさを、より引き立てた。

 

私はいつもそのお蕎麦屋さんに一人でいって、一人で食べて、ふうっと息をついてから、

電車に乗って仕事に向かっていた。

 

満たされたお腹が、心地よい。あたたかいうどんは、私を優しい気持ちにさせた。

そのうどんは、いつも同じ味だった。

 

私が振られた日も、仕事で成果を上げた日も、風俗を辞めた日も、、いつも同じ味だった。

最初にあのうどん屋さんに出会ってから、何年もの月日が流れた。

 

変わらないそのお店とは裏腹に、私はとういうもの、暮らしている場所は次から次へと変わって、

仕事の状況も、付き合っているボーイフレンドも変わった。

 

大森駅からも引っ越して、今は沖縄に暮らしている。

仕事で東京に行った時、ふっとあのうどんを思い出した。

 

気づけば何年も行っていない。

あのお店はまだ、あるだろうか。

 

なんとなくの好奇心で、用事のない大森駅に降り立った。

懐かしい空気に胸がきゅっと縮こまる。

なぜだかは分からない。

 

だけど私はこの駅に、東京のどの場所よりも、愛着がある。

大森駅を抜けて、小さな階段を降りて曲がると、

そこに、あのうどん屋はあった。

 

お店のたたずまいも、「いらっしゃい」と笑うお店のおじちゃんも、

メニューも、値段も全部。なにひとつとして変わっていなかった。

 

「たまごとじうどんと、かきあげどんで」

はいよ、と笑ってしばらくして出て着たのは、あの日のうどんだった。

 

大きなれんげでつゆをすくって飲み込むと、私の体はそのままあの数年前にタイムスリップした。

変わることが必要な場面ばかりだ。

 

コロナは世界の様式を変えてしまったし、人との付き合い方や仕事の仕方も、がらりと変わった。

インターネットには常に新しい普通があふれていて、それを知らないことはもはや非常識だ。

 

めくるめく毎日の中で溢れる情報を取捨選択しながら、自分をアップデートする。

街も変わり、友人も変わり、人生が変わっていく。

 

変わることは、素晴らしいことだ。

いつも新しいことに順応していく人は素敵で、魅力的で、正しい。

 

だけど、目の前に出された何年も変わらない値段と味の卵とじうどんと、おじちゃんを見ていると

ふっと、ふっと、安堵したのだ。

 

変わらないことが、誰かの救いになることがあるのだということを知った。

「変わらない」ことは、進化を蔑ろにした結果だろうか。

 

いや、違う。やっぱり違うと思うのだ。

こんな時代に、「変わらない」ことがどれだけ難しいことだろう。

 

それはただそこにつったっているだけではかなわないことだ。

強い意志を持って、踏ん張って、「変わらない」と、叫ばなければならない。

 

うどんを、すすった。

美味しくて、あたたかくて、少しだけ、泣けた。

 

どれだけ変わっても、どれだけ忙しくても、どこから帰ってきても、

「ここがある」と思えることが、どれだけ人の心を癒すか。

 

私はそんな大切なことを忘れかけていた自分を恥じながら、変わらない卵とじうどんを、食べた。

私が唯一できることもまた、変わらずにそのうどんを食べ続けること、だと思ったから.

 

yuzuka

The following two tabs change content below.
アバター

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-考え方
-

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.