読み込み中

CONCEPT

CONCEPT

 

いつも思うのだ。あの時こうしていれば、何か変わったのかもしれない。もっと良い今が、あったのかもしれない。

タイムマシーンで過去に戻れたら、今や取り返しのつかないほど絡んでしまった糸の、最初の綻びを見つけて、なおしてみたい。直して、もう二度とほころばないように、慎重に、間違わずに。そうやって大切に糸を結んでいきたい……。だけど、タイムマシーンができるかなんて、私達には分からない。きっとたぶん、過去には戻れない。だから現実は、変えられない。

 

じゃあもう私達は「幸せ」になれないの?

諦めるしか、ないの?

 

いや、違う。人生はもっと、シンプルだ。

 

難しい理屈にがんじがらめになって、行方を見失って、面倒くさくて置き去りにして。最も単純で、そして大切なことを、私達はいつのまにか、忘れてしまっている。

特別なことなんていらない。からまった糸を、一本一本、解いていけば良い。そうして順番に手繰り寄せれば、人生の綻びは、きっとほどけていく。

 

過去になんて、戻らなくて良い。あなたはたった今から、幸せになるのだ。

 

peek a boo」を日本語にすると、いないいないばあになります。

くだらないことが人生をほどくきっかけになる。目を開けば、そこには違う未来が広がっている。私達はあなたの、人生をほどく「きっかけ」になりたい。そんな意味を持たせたくて、この名前を選びました。

 

 

自分のメディアを立ち上げる

言葉だけ見れば、大層なことです。誇れる学歴も肩書きもない私が、どうしてわざわざ発信する場所を設けることにしたのでしょう。一体、どんな有意義なことを、発信できるというのでしょう。誰に向かって、偉そうに物事を語るというのでしょう。

3年前の今頃、私は部屋の片隅で、天井を見つめていました。悲しいような、それでいて平凡さすら感じていて、だけどしっかり絶望的な「今」に飲み込まれて、孤独の中に身を預けることしかできなかったのです。

助けてほしかった。誰かに愛されても見たかった。でも、その求め方も分からない。「私はこれから、どうなるんだろう」そんな疑問を、頭の中で反復横跳びさせながら、ただただ、息をしていました。自分が生きていることを、忌まわしくすら思いながら。

 

「大丈夫だよ。あなたには幸せになる権利がある」

 

私が軸にしているこのメッセージを含め、私が紡ぐ全ての言葉は、あの時の自分が、誰かにかけてほしかった言葉達です。

 

「助けて」って、声にならなかった。今起きている問題がなんなのか、それすら分からなかった。誰かに抱きしめてほしかったし、答えがほしかった。だけど、全てを放棄しました。考えることも、努力も、幸せに、手を伸ばしてみることも。

理由は簡単。「私なんて幸せになれるはずがない」そう思っていたから。

 

もしかしてこれを読んでいる人の中にも、そんな「あの頃の私」がいるのではないでしょうか。

そんな、今も私の中に燻るあの頃の私を抱きしめたい。そんな思いがあるから。だから私は、言葉を紡いでいます。

 

ライターとしてお仕事をするようになってから、大勢の方に言葉を届ける機会が増えていきました。

ダイレクトメッセージでの相談は増え続け、ツイッターのフォロワー数も、日を追って増していきます。だけどそれと比例するように、私の意図しない「yuzukaらしさ」を求められることに悩まされるようになりました。

 

いつしか、求められることを書くしかなくなっていく自分がいて、そうやって書くメッセージは、「伝えたいこと」から、逸脱していることも多かったのです。「伝えたいこと」は、どんどん増えていくのに。

届けたい人は増えていくのに、自分の伝えたいことが伝えられない。それじゃあ、言葉を書く意味がない。

 

だから、決めました。自分の思いを、まっすぐに伝えられるメディアを作ろう」と。

 

peek a booでは、綺麗事を言いません。

「あなたはありのままで良いのよ」「何もしないでも愛してくれる男性だけを選びなさい」そういう、最近の生ぬるい風潮には、逆らっていきます。

 

ありのままで良い?そんなことが許されるのは、生まれながらに美貌や健康的な心を与えられた、一部の恵まれたお姫様だけです。私達は、このまま立ち止まっているわけにはいかない。

あなたには幸せになる権利がある」から。だからこそ、その権利に手を伸ばす、努力をしてほしい。だってその幸せ、ただ待っているだけでは手に入らないから。戦略的に、ちょっとずるがしこく。自分が幸せになるためには、「努力」をしなければならない。

 

peek a boo〉は、その「努力」の道しるべになります。恋愛も、仕事も、人生はやっぱり少し、努力が必要。だけどあくまで自分のために。そしてちょっと、ずるがしこく。それは可愛くなることかもしれないし、ちょっと生き方や考え方を、変化させてみることかもしれません。

「努力なんてしなくて良い」そんな甘い言葉にしがみついていたら、いつまでたっても、幸せにはなれない。綺麗事も、うわべだけの甘い言葉も、もう、聞き飽きたでしょう?

 

あなたが幸せになるために、あなたが前を向くために。〈peek a boo〉というメディアは、あなたが絡ませてしまった人生の糸をほどく、最初のきっかけになります。「努力」のあり方や方法を、発信します。

明日のあなたが、今より少し、笑顔でいられるために。その笑顔の横に、〈peek a boo〉が寄り添えていたら、素敵だから。

 

「もう、いやだ!」って道に迷ってしまった時。自分を苦しめるのを少しやめて、〈peek a boo〉を、訪ねてみてください。

 

私はこれから何度だって、この場所で伝え続けます。「あなたには、幸せになる権利がある」ということを。

みなさまの幸せな明日を願って。

 

 

2018.01.31. yuzuka

The following two tabs change content below.

yuzuka

編集長。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. by Baku

    この記事を読んで「努力しなければ愛されない」という言葉がずんと心に残りました。
    私は初恋の失恋を引きずって、「どうして選ばれなかったんだろう」とずっと考えて悩んできましたが、甘えていただけだったんだと思えました。愛される努力もしないで選んで欲しいだなんて傲慢だと気付きました。覚悟を決めて努力します。
    これからもpeek-a-booの記事楽しみにしてますね(^^)
    長文失礼しました。

  1. […] 明日のあなたが、今より少し、笑顔でいられるために。その笑顔の横に、〈peek a boo〉が寄り添えていたら、素敵だから。(「peek a boo」サイトコンセプトより抜粋) […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ