考え方

「死にたい」と思う人へ「死んでも良いよ」という言葉

この文章が、誰かの心を軽くすることを願い、ずっと綴りたかった気持ちを、言葉にしてみる。

もがけばもがくほど、現実が首根っこに食い込んでくる。見渡す限りに灰をかぶった現実は、どう見たって息を吹き返しそうにない。

 

途方に暮れるだとか、どうにかあがいてみるだとか、そういう一通りの「抵抗」は、もうとっくにやり終わった。

止まった灰色の世界の中を、カラフルな人たちが、ケラケラと笑いながら通り過ぎていくのが見える。

おい、どういうことだよ。

「そっち側」に行きたいんだけど。

 

気づけば私の体は「現実」とか、そういうどうしようもないものでがんじがらめになっていた。

 

困ったな、いつのまにか身動き出来ないぜ。

いつからこうなったんだ。私は自由を求めてここに来たはずだろう。

苦笑いする。

 

「死にたい」

その言葉が頭をよぎるようになって、随分時間がたった。言わないようにしていたし、考えないようにしていたけれど、それはなんとなく「非難されそう」だったからで、やっぱりどう考えたって私は、心の底から死にたかった。

 

ロープに首をかけようとすると、デフォルトと言いたくなるような言葉が、どこからともなく降ってくる。

それは「太文字のゴシック体」だとか「短くアレンジしたセーラー服」みたいにありふれている「特別」をデコレーションした定型文。

 

「生きたくても生きられない人がいるんだよ」

「君が死んだら周りが悲しむよ」

下げた眉にうるうるした瞳が目に浮かぶ。

 

たしかにそうだ。ごもっともだ。

私の命を羨ましく思う人もいるだろうし、死んだ後に思うところがある人もいるだろう。

人を傷つけるかもしれない。仕事先にも迷惑をかけるかもなあ。

 

でもさ、でもな、でもよう、

この場に及んでもなお、私は人に同情しなければならないのだろうか。

 

こんなに疲れて、辛くて、涙も枯れて。

それでも尚、「生きたかった人」の代わりに生きていくことを決めたり、私が死んで困る人のために、命を延長しなくてはならないのだろうか。

 

勘弁してくれよ。

勝手に産み落とされて、勝手にルールを押し付けられて。それでいて、途中で抜けることもできないなんて、「人生」ってのはどうかしてる。

 

「生まれたことに感謝しろ」だなんて、「初期装備」が良かったヤツらの戯言さ。良いよなあ、最初っから防弾チョッキにマシンガンが装備されてりゃあ、無敵だよ、そりゃあ無敵さ。

たまたま「裸」に、刃がかけたナイフだけを握らされて放り出された私は、今更「不公平」について解く気は無い。

 

同じような装備でも「生きること」を選ぶ奴はいるし、それで幸せを手にする場合もあるだろう。

でもさ、本当はそんなことも、もうどうだって良いんだ。

 

とにかく、勝手に生まれさせられたことに免じて、「死に方」とか「死ぬ時」くらい、自分で選ばせてくれ。それでチャラってことにしよう。

 

「死をデザインする」

私はずっと、死ぬ時は「自殺」にしようと決めている。

 

人の死を間近で見てきた。

水分が抜け、脳みそがほとんど機能しなくなり、男でも女でもなくなったその「生き物」が、ベッドの中で動かなくなっていく。干からびていく。

 

「医療」ってものが進化して、よっぽどのことがないとフェイドアウトできないこの世界で、「死にたくても死ねない」「殺してあげたくても殺せない」その不条理を、痛いほど目にしてきた。

 

「生きろ」と言われる。辛いことも何もかも押し込めて努力して「生きたかった誰か」のために生きろと言われる。

「生きる」ことこそが正義で、全てで、大切で、「死ぬ」なんてのは100%愚かだ。確実に間違っている。

 

そう教えこまれて、

「生きる」ことを強要される。

 

でも、残念ながら行き着く先は同じだ。

 

私達は必ず死ぬ。灰になる。

一生懸命生きたとして、いずれは体が動かなくなって。

 

大事な人の顔がわからない中でタンの吸引だけを日課に、「肺炎」になることを待つような最後、私は嫌だった。

それで良い人はいる、それが幸せだという人もいる。

 

だけど私は、「長生き」が美学だなんて、到底思えない。

 

だから、決めた。

そういう「死」を目に焼き付けながら、決めた。

 

私は絶対に自分で死ぬ。

自分が好きな時に、好きな方法で、好きな場所で。飛びっきりオシャレに死んでみせる。

 

「自殺」を考えている人に、私は敢えて言いたい。

死んだって良いんじゃない?

 

だって自分の人生だもの。

そのあと苦しむ誰かのこととか、仕事の事とか、そういうの、どうだって良い。とっぱらってしまえば良い。

 

首を吊れば、あなたの人生は幕を引く。

それが本当に「最善」だと思うのなら、今の状況なんかより、この先の未来なんかより「遥かに良い」と思うのなら、死ぬことを悪だとは思わない。

 

宗教とか、常識とか、そういうの全部とっぱらって、「良いじゃん、死んで」って。

私はそう言いたい。逃げたいのなら、逃げるしかないのなら、自分の命だもの。

「生きる権利」と同じくらい「死ぬ権利」はあるし、許されるべきだって思うから。

 

だけど、「死ぬ」というのは、当然後悔すら出来なくて、取り消しもできなくて、最初で最後の「強制終了ボタン」だ。

 

勘違いするな。リセットじゃない。

強制終了して、画面をハンマーでぶっ壊すのと同じ。もう二度と、「世界」には戻れない。

 

あなたが死ぬことを考えるのなら、

最後に全てをとっぱらって、自分だけのために考えてほしい。

 

今あなたを悩ませてる何かは、死ななければ解決しないことなのか。

もしかして、「自分のためだけに生きる」ことを選択したら、現実世界の中で、もっと幸せになれるんじゃないかって、突き詰めて突き詰めて、じっくり考えてほしい。自分だけのために考えてほしい。今死ぬのが、自分にとって「ベストアンサー」なのか。

 

考えに考えてみて、それでも「自分のために」死ぬことが一番良いって笑顔で言えるのなら、私はその選択を肯定する。

「どうせ死ぬ」って、マイナスな言葉じゃない。「死んで良いじゃん」って、投げやりな言葉じゃない。

 

最後には消えてなくなるということを意識する。

どうしようもなくなったら、自分で死ぬことを、自分が許してあげようと決意する。

 

「死ぬ」ことを選択肢に入れた時、人は今よりずっと、生きやすくなる。選択肢が広がる。

 

私の大好きな「山田孝之さん」は、常に「死ぬかもしれない」と考えているらしい。

突然ミサイルが降ってきたり、扉を出た先で車に轢かれたり、そうやって、「このあと突然命がなくなるかも」って意識して生きているって話してた。

 

彼はその考えを根本において、自分の起爆剤にしている。

 

「いつ死ぬかわからないんだから、今やりたいことをする」

 

彼の考えは私とは違うけれど、

「死」をお守りにする。そこだけは同じだ。

 

いつか死ぬぞって奮い立たせるのも、

いつでも死ねるよって、自分を許してあげるのも、とても違うようで、とても似ている。

 

人は必ず死ぬ。

死ぬことを選べる。

いつ死んだって良いんだ。

 

そうやって自分を許しながら、

私は今日も、まだ生きている。

 

死ぬことを思い出した時、

死ぬことを許した時、

人は今よりずっと、強くなれる。

「自分のための」選択を。

そうすればもっと、「世界」は明るくなる。

 

yuzuka

 

話を聞いて欲しい時は、私に話してね。

The following two tabs change content below.
アバター

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-考え方
-

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.