考え方

子どもを殺す母親の話

虐待による死亡事例は年間50件を超え、1週間に1人の子どもが命を落としている。

そしてその事例の半数以上の加害者は「母親」だ。

 

お腹を痛めて産んだ子どもを、愛しい我が子を殴り殺す。

想像のできない世界が、私たちのすぐそばにある。

 

だけどそれは本当に「遠い世界」だろうか。

私は、そうではないと思っている。

 

子どもは、いっときたりとも目を離せない生き物である。

毎日怪我をして、病気になり、泣き、喚き、作った食事をひっくりかえす。

 

いくら愛している対象だとしても、精神的に不安定な状態の時に一人で対応していれば、誰にだってイラっとする瞬間があって当然だ。

子どもは空気を読んでくれないし、一番やって欲しくない時に、やって欲しくないことをする生き物だから。

 

虐待をした母親が逮捕されるたび、テレビのニュースやツイッターには、こんな言葉が踊る。

 

「この母親、母親のくせに繁華街に飲みに行ってたらしいじゃん」

「母親のくせに金髪」

「母親のくせにキャバクラで働いていたらしい」

 

私は、言いたい。

あんたたちも、子どもを追い詰めたうちの一人なんだよ、と。

 

「母親のくせに」「母親なんだから」

どの母親もみんな、つい先月までは普通の女の子だった。

 

趣味を持ち、好きなアーティストがいて、いつも遊ぶ友達がいて、お気に入りのバーがあった。

母親になり、突然母親としての自覚が芽生えて、完璧な母親になるわけではない。

 

みんなが試行錯誤して、必死で、母親になる、母親でいる努力をしている。

24時間365日、世間から、夫から「母親なんだから」と言い続けられ、一人きりで言葉の通じない子どもと向き合うことの大変さを、

私たちはもっと、理解しなくてはならない。

 

じゃあ、どうしたら良いのか。

私はやっぱり、もっと気軽に「母親をお休みする時間」を作れる環境を整えるべきだと思うのだ。

 

子どもを捨てなくても、投げ出さなくても、合法的に、「母親を休める時間」である。

The following two tabs change content below.

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

次のページへ >

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-考え方
-, ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.