考え方

子どもを殺す母親の話

「こどもを、殴ってしまった」

泣きながら電話をかけてきたのは、私と仲の良い友人だった。

 

今にも吐きそうなど息を乱して、彼女は私との電話越しに泣いた。

 

虐待のニュースが出てくるたびに、虐待していた母親、もしくは父親のそれを黙認、加担した母親の異常性が取り上げられる。

 

どうして愛する我が子を傷つけるのか。

どうしてそんなに近くにいたのに手を差し伸べて逃げられなかったのか。

 

よりにもよって、手をあげた男の機嫌をとるかのように、一緒になって手をあげているケースすらある。

 

彼女達はそろってボサボサに乱れた顔で法廷に立ち、「今でも子供を愛している 」、

「助けてあげたかったが逃げられなかった」等と話す。

 

そんなニュースを見るたびに誰もが持つであろう感情は、「そんなわけがない」という、怒りと悲しみと、やるせなさだと思う。

どうして愛するはずの我が子を殴るのか。

 

可愛いはずの我が子が目の前で苦しんでいるのに、どうして手を差し伸べることが、一緒に逃げ出すことが、できなかったのか。

だってあなたは大人でしょう。母親でしょう。縛り付けられていたわけでもなかったでしょう。

 

数秒、数分、相手がいないそのほんの少しの時間に子供を抱いて逃げ出すことが、誰かに相談することが、本当にできなかったの?

 

「私ならちゃんとできる」

きっと誰もがそう思う。そして自分の子どもを抱きしめながら、苦しくなるニュース番組のチャンネルを変えたりするかもしれない。

 

「私たちとは違う世界だ」「異常者のやったことだ」と、別の世界との繋がりをぷつんと閉ざして、見て見ぬふりするかのように。

The following two tabs change content below.
アバター

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

次のページへ >

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-考え方
-, ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.