考え方

子どもを殺す母親の話

実はこの頃、相手の夫は不倫をしていた。

幾度となる話し合いの中で夫は、「お前は女らしくないから」「結婚して変わってしまった」と、何度も口にしたという。

 

そして何よりも彼女にダメージを与えた言葉は、「俺、父親に向いていないわ」だった。

 

「つまりね、父親に向いてないから降ります、辞めますって言いたいんだよ。」

彼女が娘を殴ったのは、その話し合いのすぐ後だった。

 

「殴った」と言っても、軽い平手打ちだったことが、話を聞いていて分かった。

 

小さな嫌なことが重なって、重なって、重なって。

彼女の心はもう、ぱんぱんに腫れ上がっていた。

 

そこにほんの小さな刺激があれば、心は簡単に破裂する。

その「きっかけ」が、彼女にとっては「泣き止まない娘」だった。

 

どれだけ疲れていても、どれだけイライラしても表に出さなかった彼女の心が、破裂した。

 

「泣き止まなくて、気づいたら、殴ってたの。

あんたのせいで私、全部我慢してきたんだから、おとなしくしててよって、思っちゃったの。産んだのは私なのに…あの子、 なにも悪くないのに… 」

 

彼女は、育児ノイローゼだったのだと思う。

 

泣きながら話す彼女は、こう続けた

「娘ね、叩いた瞬間泣き止んでね、私…すっとしちゃったの。それが怖いの」

 

虐待には中毒性がある、という言葉を思い出した。

虐待をする親たちは、たとえ児童相談所が決死の思い出子供を保護しても、あの手この手で子供を取り返そうとする。

 

虐待の対象がいなくなったことが、耐えられないからだ。

 

例外を除き、ほとんどの母親は、はじめから子供を痛めつける目的で殴ってはいない。

どこかで心が弾けて、一度手をあげてしまうのがきっかけになるのだ。

 

一度殴ってしまってから、虐待やネグレクトがエスカレートするケースが後をたたない。

 

「どうしてそんな男と一緒にいるの?もっとあなたのことを支えてくれる人を選んでほしいよ…」

思わず呟く私に、「結婚する前に彼と会ってる時、唯一私が『母親』でいなくても良い時間だったの。私自身だった。

この時間を失いたくないって思ったの 」と、彼女はそう言った。

 

「母親失格だって分かってるけど、じゃあ、私はどうしたら良いかな。男は「父親に向いてないから辞めます」って、

みんないなくなるけど、母親に向いていない私は、どうしたらいいかな 」と、彼女は力なく笑った。

The following two tabs change content below.

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

次のページへ >

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-考え方
-, ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.