考え方

子どもを殺す母親の話

私は今、沖縄で子育てをサポートする活動をしている。

そんな私のもとに一人のお母さんが、0歳の娘を抱えてやってきた。

 

彼女は、19歳だった。

「キャバクラで働きたいから、その間、この子を預かってもらえませんか?」

 

夫はいない。妊娠中に逃げられた。

保育園には落ちて、認可外も待機待ち。

 

ベビーシッターを頼むと、給料の安い沖縄で普通の時給で働けば、稼ぎの2/3がベビーシッター代で消えてしまう。

 

「家賃も払えていません。これから、お金がかかります。親には頼れないし、私が働くしかないんです。

今のままのお給料では、仕事をするために預けているのか、預けるために仕事をしているのかわかりません 」

 

彼女の髪の毛は金髪だったけど、彼女の目は、娘を守ろうとする母親の目だった。

私は彼女を見ながら、もうひとつの事件を思い出していた。

The following two tabs change content below.

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

次のページへ >

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-考え方
-, ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.