読み込み中

実際に使ってみた5つのマッチングアプリを簡潔に紹介と使ってみて感じたことを全て

実際に使ってみた5つのマッチングアプリを簡潔に紹介と使ってみて感じたことを全て

毎度非モテでおなじみ、きじ田 とらみ と申します!

27歳 地方都市の製造業で経理部をしている猫好きのOLです。ただ、巷のOLと一線を画すポイントが一つ…… それは、私が恋愛音痴、いわゆるこじれたモテない女子だということです。

使ってみたマッチングアプリ5つを比較しながら簡潔に紹介

さて非モテをこじらせ、友人のすすめで巷で話題のマッチングアプリに手を出した私。一度やるからには色々やって比較してみようということで、気になるもの全てに手を出してみました。

そして実際にやってみたのはこの5つ。

身バレが怖かったので、いずれもフェイスブックと連携させて、自分のフェイスブックの友人には表示させないタイプのものを選びました。(身バレの恐怖は前回の記事をご参照ください。

細かい機能の説明はおいといて、ざっくりと使用感をまとめてみました。

 

omiai

Omiaiを使ってみる

月額費が高いため、他のマッチングアプリと比較すると20代後半の男性が多く学生の割合が低い印象。

あとイケメンとリア充(死語?)が多い印象。ほおっておくと勝手にいいねがつきました。身近な友人が使用していたこともあり、私はメインで使用していました。

 

pairs

Pairsを使ってみる

Androidはこちらから

他のマッチングアプリと比較すると登録している年齢層が低く若い印象。Omiaiと運営会社は同じ。ただ、やりとりをする中で波長があう人が見つからなくて、私はすぐに退会しました。

 

with

withを使ってみる

Androidはこちらから

登録している年齢層が少し若い印象。マッチングしやすい。

趣味や相性診断のコンテンツが充実していて、タイプの人を見つけやすい。登録している男性がいまいち垢抜けていなくて(失礼)、リラックスした気持ちでやりとりできました。あと、異性に表示させない「休憩モード」なるものがあり、無理せずやりとりをすることができました。

 

タップル誕生

タップル誕生を使ってみる

マッチングしやすい。ただし、私がすんでいる地域では登録人数が少なく、飽和状態であった。目星の人が見つからず、すぐに退会してしまいました。システム自体はとても簡潔で使いやすかった。

 

ゼクシイ恋結び

ゼクシイ恋結びを使ってみる

こちらも私のすんでいる地域では登録人数が少なく飽和状態。

ただ、ゼクシイがやっているだけあって、真剣に結婚相手を見つけたそうな20代後半以降の男性が多い印象を受けました。女性も有料会員にならないとメッセージの交換ができませんが、120円なので許容範囲内でした。

 ※ 2018年秋 きじ田とらみ調べ(地方都市在住)

我ながら、なんとざっくりとしたまとめ!

 

マッチングアプリも恋もタイミング

「恋はタイミング」なんて使い古された台詞がありますが、マッチングアプリをする上でもとても関係があると思います。

いつ誰がどのタイミングで恋をしたくなるか分かりませんから。

 

上で述べたように、アプリ自体が過疎化していると出会える可能性が低くなってきます。会員数はネットや雑誌での露出数などでも変わってきます。

アプリのオペレーションのことも。特に女性は優遇されていることが多いので、「これ!」と固執せずに、いろいろ機能や男性の層を比較したがら、お気軽にいろいろ試してみるのがいいかもしれません。

 

非モテにもおすすめ

私は昔から男友達が少なく、仕事以外で出会う一般的な男性の生態をよく分かっていませんでした。そんな私はアプリの中で、男性とのやりとりに少しずつなれていって、アプリ以外で出会った人とのやりとりにいきてきたように思います。

「釣った魚に餌をやらないやつか~」とか「出た、自分語り~」とか。

同時に何名もやりとりをすると疲れるし、特に依存してしまうと、心身ともに疲れてしまうので、見る時間を決めるなど、のめり込まずに慎重にやりとりをすれば、いいように活用できる気がします。

 

モテなくても女であるという事実

今までモテなかったので、あまり自覚がなかったのですが、マッチングアプリで出会った人とメッセージを交換する中で、エッチなコメントが来て悲しい思いをしたことがありました。

「何カップなの?」とか「エッチなことしませんか?」とか。「私、ちゃんと女の子やったんやなあ……」とか衝撃を受けつつ、そんな輩は即、マッチングアプリの運営へ通報! 

 

なんだか複雑な心境でしたが、いい意味でも悪い意味でも写真は判断基準の大きな比重を占めるので、慎重に選んだ方がいいです。それから、あまり身体が写ってない写真を選ぶようになりました。

マッチングアプリは18歳以上からしか使えないものがほとんどです。

身分証を提示して、年齢確認をする必要がある。

登録するのも、メッセージを交換するのも、実際に会うのも全て自己責任。だからこそ、しっかりと自分自身を守りながら、出会いの場を楽しんで欲しいと思うのです。

 

余談 暇を持て余したOLの浪費に

少なくとも、私は暇を持て余し、ときめきを求めてkindleで少女漫画を爆買いしていたので、アプリでのやりとりはとてもいい暇つぶしになり、無駄な浪費を抑えることができました。(私だけかもしれませんが。笑)

今思うと、寂しくて、友達とは又違った交流を求めていたのかなと思います。

 

四回にわたる、非モテ女子によるマッチングアプリのふりかえり、いかがでしたでしょうか。

自分への教訓の意味も込めて赤裸裸に綴ってみました。

世の中にはたくさんの分かりやすいレビューが溢れていたので、できるだけ自分の所感と印象を忠実に。マッチングアプリのこと、気になっていた人の少しでも何かの参考になっていれば嬉しいです。

 

人肌が恋しくなってくるこれからの季節。

是非試してみてはいかがでしょうか?

その際には、用法容量を守って正しくお使いくださいね。

The following two tabs change content below.
きじ田 とらみ

きじ田 とらみ

27歳。中小企業で経理を担当する猫好きのOL。 モテないをこじらせ、自意識過剰気味。保育士免許と学芸員免許をもつ。趣味は宝塚とお絵描きと読書。精神の衛生を保つ為、ヨガとランニングに励む。5頭身。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ