恋愛

わたしのすきなひとはねこをかっている

2020年9月25日

ぼんやりした暗がりの中、頭をてっぺんに向けてぐいっと進展する。

そこには中途半端な量の雲と、グレーとブルーが混ざったような、どす黒い空間が浮かんでいた。

 

その日セックスした相手は5度目の相手で、

彼の家から帰るとき、私は律儀に使用済みのコンドームとティッシュペーパーの入ったローソンの袋を、持ち帰った。

 

今はそのローソンの袋を、ローソンのゴミ箱に捨てるところ。

どこまでも几帳面というか、変なところだけ、守ろうとするくせがある。

 

「かれし」みたいな存在は、5、6人。

そのうち「好き」を言い合う相手は、4人。

 

うち二人は多分私のことだけが大好きで、それ以外は私を含めた「女の子」が、好きな人だった。

 

帰り道には、公園がある。

大きくて緑色でふかふかしていて、平和で、良い公園だ。

 

きゃっという声と一緒に、小さな人間が、私にぶつかった。

どすん、と、わりとリアルな音がして、とっさに「ごめんなさい」といった。

 

ぶつかられたのに謝るなんて、なんだかへんだ。

だけど「なんだか」謝ってしまうから、おかしい。

 

「ごめんね」

小さな人間は最近習得したであろう言葉を私にむかって発した後、

すぐに背中を向けて、緑のふかふかの上を走り去っていった。

 

眩しかった。眩しすぎて直視できなかった。

幸せになりたかったはずなのにな、おかしいな、と、思った。

 

つい最近までは「ああいう未来」を普通に夢見ていて、夢見ていたらちゃんと叶うって、そう思っていたのに。

今ではどこまでも別世界で、どこまでも届かなくて、どこまでも幻だ。ああ、おかしいな。

 

「結婚」「すきなひと」「こども」「しあわせ」

当たり前のように並べる私よりかわいくないあの子が、あの人が、なんだか憎らしくなった。

 

だけど思うのは、たしかに思うのは。

なんだかんだ言って「女の子」として、消費期限付きの「好き」をちゃんと与えられる立場でありつづけることのできる

「セフレ」って立場も、悪くないなって、そんなことだった。

 

幸せに正解はない。

 

幸せだからって、苦しみや悩みや葛藤がないわけでもない。

私たちはそういう黒いものもちゃんと抱えながら、自分の思う心地よさを大切にしていけば良いって、そう思った。

 

yuzuka

The following two tabs change content below.
アバター

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-恋愛
-, ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.