恋愛

ビールを飲みたくなる夜がある

ビールを飲みたくなる夜がある

今すぐ飲み込みたくて、コンビニから家までの道のりで

ぷしゅっと封をあける 

流し込むのはいつものどす黒い思いだ。

 

それは自尊心のささくれだ

だれかにそがれつづけた自尊心が時々ささくれだって

棘のように脳を刺激する

 

ちくちくと傷んで気になってひっぺがそうとすると

うまくできなくて、ささくれは余計にひろがって、流血した

 

いつからこんなことにってため息をつくけど、

本当は「いつから」なんて明確にわかっていたし、

なんなら「誰によって」とか「どこで」とか、そういう細かい描写まで

本当はわかってる。わかってる、このささくれがなんでできたのか。

 

だけどそれをとりのぞいてあげられなかったのは、わかったまま傷つけたのは、

まぎれもない「わたし」だったんだ

 

ビールを飲みたくなる夜と同じように、

誰でもいいから抱きしめられてみたくなったり、セックスしてしまいたくなる夜もあった

 

それらは全て私にとって覚せい剤の代わりで、この棘が心を刺激する訪れるどうしようもない夜に

脳を麻痺させたくて行う、苦し紛れの言い訳みたいなものだったりする

 

ビールも、ちょうどいい男も、睡眠薬も、おんなじだ。

 

あの人は私に、「ありがとう」って言った。

「俺も」とか「俺は」とかじゃなくて、「ありがとう」って。

 

なんの変哲のない言葉だったけど、

私が勇気を持って伝えた2文字はなんの変哲も無い気持ちではないつもりだったから、

その言葉が帰って来たのが、苦しかった。

 

ねえ、この夜を「恋」と名付けよう。ねえ、どうだろう。

 

わからないけど、多分このささくれを作ったどうしようもない男を思い出すこのどうしようもない夜こそ、

多分、「恋」なのだと思う。

 

ぷしゅっとあけた缶から、ぬるいビールを口に含む。

初恋がレモンの味だとしたら、多分わたしたちの恋って、こんな味だ。

 

yuzuka

The following two tabs change content below.
アバター

yuzuka

作家、コラムニスト。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-恋愛
-, ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.