恋愛 考え方

元カレとの様々な思い出を消したい!そんな人に見てほしい過去との付き合い方

「あの頃は楽しかったなあ…」という大好きだった彼との思い出ってありますよね。

楽しかった毎日の会話や、記念日のサプライズ、一緒に作ったごはんなど思い出は様々でしょう。

 

では、逆に消したい思い出は何でしょうか。

彼との喧嘩や、言いたいことを我慢してきた日々、人には言えない恥ずかしい過去…。

 

良い思い出はあなたの支えになり、消したい思い出は今もあなたを苦しめているかもしれません。

 

今回の記事では、私の経験から得た「様々な思い出から脱却し、気持ちを軽くする方法」について書かせて頂きました。

忘れられない男性との、幸せだった思い出との向き合い方は人それぞれですが、ご参考になれば幸いです。

 

無理して思い出を消さないで

元彼との楽しかった日々や、片思いの彼とデートした思い出を消したい人は多いのではないでしょうか。

もちろん良い思い出だけでなく、辛かった日々や嫌な思い出だって当てはまるでしょう。

 

でも思い出はすぐに消えないし、消したいと思えば思うほど消えてくれないものだと思います。

特に良い思い出は、消したくないという気持ちも膨らむもの。意識すればするほど、思い出してしまいますよね。

 

そんなあなたへ、無理に思い出を消す必要がないということをお伝えしたいです。

 

良い思い出を消さない理由

大好きだった彼と別れたり恋が実らなかったりすると、良い思い出さえも消したくなるかもしれません。

ですがその人と幸せに過ごしたこと、楽しかった日々に嘘偽りはありませんよね。

 

もしその思い出が綺麗さっぱり消えてしまったら、あの頃の幸せな日々や楽しかった気持ちがなかったことになります。

過去を振り返ったとき、その気持ちが消えてしまってはあなたの人生はただ時間を浪費しただけの無意味なものになってしまうでしょう。

 

確かに今は辛くて悲しくて、何にも希望を持てないかもしれません。

それでも無理して思い出を消すよりも、消えなくても前を向くポジティブな気持ちが大切ではないでしょうか。

 

良い思い出がなくなる方が怖い

私自身、実らなかった片思いを思い出しては辛くなり、何度も泣いた夜がありました。

その時期の私は何をしてもその人との思い出が蘇り、常に気分が落ち込み状態。

 

なんと今でも2人でドライブしたことや、一緒に食べたご飯、話し合った内容などを鮮明に覚えています。

「あの頃はこんなことあったな」と今では懐かしめるほど、元気を取り戻しましたよ!

 

もしあのまま思い出を消してしまったら、彼と過ごした大切な時間がなかったことになってしまう。

一時は生きる希望すら湧かず、誰に話してもスッキリせず「出会わなかったら良かったのに」とさえ思っていました。

 

ですが彼と出会わなければ何の楽しみもなく、喜びや希望もない日々になっていたかもしれません。

確かに思い出せば悲しくなります。懐かしい気持ちの傍らで、今でも「彼と結ばれたい」と悲しい気持ちも生まれることも。

 

ですがあの日々は私にとって幸せな時間だったことに変わりなく、あの頃があったから仕事を頑張れたし挫けそうでも前を向けました!

そんな思い出がなくなってしまうことが、怖いと思いませんか?

 

前を向いて新しい人生を

過去があるからこそ、今のあなたがあるのです。

過去を変える必要なんてありません。

 

さっきまで消したいと思っていた過去の「良い思い出」を取っておくことで、ジレンマから解放され気持ちが軽くなるのではないでしょうか。

 

そして前を向くために、新しいことに挑戦してみてください。

  • 仕事にやりがいを見つける
  • 自分磨きを頑張る
  • 趣味を作る

などなど、何かやりがいを見つけることで前向きに人生を歩むことができますよ。

ただ辛い日々に翻弄されて過ごすのではなく、少しでも恋愛とは無関係な事に目を向けてみて。

 

そうすることで、今までと同じ時間の流れでも有意義になるはずです。

 

もしかしたらそこに新しい発見があり、出会いや打ち込めるものがあるかもしれませんよ!

落ち込んでいても過去は変わりません。時間を有効活用して、前向きに進みませんか?

 

まとめ

過去に囚われるのではなく、未来のために今を生きる。

今は未来のことなんて考えられないかもしれませんが、気持ちが前を向けば自然と良い未来への一歩に近づきます。

 

私は今でも彼との思い出を大切にしています。

彼と出会ってから、新しい自分や知識、たくさんの気持ちを知りました。

 

誰かを愛する素晴らしさや好きな人の幸せを願うこと、ありのままの自分を受け入れてもらえる幸せ、何の変哲もない日常が輝いていることの喜び…。

いいことばかりではないですが、これらを知れたからこそ今の私があります。

 

思い出して辛くなることもありましたが、今では彼との出会いに感謝ばかりです。

 

そう思えるまでかなり時間がかかりますし、出会わなければ良かったと思うこともあるでしょう。

もちろん読者の方に「良い思い出を消さない方が気持ちが楽になる」なんて押し付けるつもりはありません。

 

ただ、見方を変えるきっかけになればと思っています。

今までと少し見方を変えるだけでも、気持ちが軽くなるかもしれませんよ。

 

この記事を読んで、少しでも前を向くきっかけになれば嬉しいです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

寄稿者

peek a booでは、随時寄稿者を募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-恋愛, 考え方
-, , , , , ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.