読み込み中

大切な人が泣いている時、どうしたら良いのか

大切な人が泣いている時、どうしたら良いのか

「ねえ、私、ここにいても良いの?」

そういうことじゃなかったんだよ。

君がいじわるだったとか、重量が増えちゃったとか、そんなことじゃないんだよ。

そういう気持ちでかなしそうな視線を落としてみたわけなんかじゃなかった。そうじゃない。

 

「俺、なんかした?」って不機嫌になる君の不機嫌さが、また心に淀みを落とす。

悲しそうなことは悪いことなのだろうか。

 

だって、ディズニーのプリンセスも、月9のヒロインも。

ふっと遠くを見つめて悲しそうに笑ったるするじゃない。

そしたら王子様ないし好青年が「はっ」として「きゅん」としたりしてたと思うんだけどど。

ああ、そうか。私はお姫様でも、本田翼でもなかった。

 

貴女と会う時は、いつもおろしたてのヒールを履いて、靴擦れの痛みを、見て見ぬふりしていた

ごはんを食べていて、ごはんつぶが口元についていないかきになった。

カニクリームパスタを食べながら、口角についたほんの少しのクリームを、

ティッシュで何度も拭うから、いつもよりもずっと多くのティッシュを使った。

枚数は覚えていない。

 

あなたといるときの私って、いつもそんな感じだった。

足がいたくても、使い古したスニーカーより、おろしたてのハイヒールを選んだし、

それでできた靴づれは、絶対に気づかれないように笑った。

トイレの便座にすわって、靴を脱いでいる時間が、唯一の解放だったりもした。

 

いつも怖がっていた。どうでも良いところで、怖がっていた。

だって私は、石原さとみじゃないから。

 

下品な食べ方をする女だって、嫌な気持ちにさせたらどうしようって思ったんだ。

女らしくないなって、思われたくなかった。

 

そういうことで「あーいらない」って返品されるかもしれないと思った。

「取り替えてよ。欠陥品だよ」って。

 

覆い隠して、包み隠して、必死で取り繕った。

そういうところだ。そういうところが嫌だった。

君とのそういう時間が、瞬間が、辛かった。

 

私は本来、もっと大雑把だったのだ。

生クリームをほっぺたたにいっぱいつけて、「とってよ」って、ほおを差し出してみたり、

汚いスニーカーを履いて「かわいいでしょ」って笑えるくらいには、余裕があったのだ。

 

そういう余裕を、君の視線が絡め取っていく。

気にして身動き取れなくなった私に気づいたら、きっと君は、冷ややかに笑う。

 

私だけが私なの。私だから私なの。

 

そう言えたら、何かが変わるのだろうか。

 

笑おうと力を入れた口角が、無意識に歪む。

慣れないヒールでできた靴擦れが、ヒリヒリと焼け付く。

 

 

ねえ、私、ここにいても良いの?

 

人が悲しむその理由

全ての悩みの基本についての話をします。

大切な誰かが目の前で泣いている時、あなたがどうすれば良いのか。

 

私は、人が不安で悲しいと感じる全ての理由には、

自己肯定感を揺るがされたことが由来していると考えています。

分かりやすく言いましょう。

 

「僕はここにいて良いのだろうか?」

「僕はなんでここにいるのだろうか?」

「僕はここにいるべきなのだろうか?」という気持ちです。

 

仕事がうまくいかないと泣く人は、

「仕事がうまくいかない僕が、ここにいて良いのか?」と思っています。

誰かに怒られて泣いている人は、

「こんなに怒られるような出来損ない、ここにいていいのか?」と思っているかもしれません。

恋愛では、 もっと著明です。

 

「本当に私は必要とされているのか」

「ここにいて良いのか」

全ての悩みの根本は、そこにあると考えても良いくらいです。

 

浮気をされることは、その自己肯定感を揺るがす大きな出来事ですし、

自己評価が低ければ常に、

「私はこの人の隣にいて良いのか」と考え続けますから、

いてはいけないかもしれない理由を見つけては、泣いて、不安がります。

 

「そんなひどいことをしてくるって、私は必要ないのでは?」

「愛情表現をしてくれないのは、私が必要ないからなのでは」

 

それなら私、『ここ』にいるべきじゃないよね。

 

「私はここにいていいの?」

「僕はここにいていいの?」

全ての悩みの根本は、この感情です。

 

その感情は、いろんな言葉や態度に変わって、現れます。

「もう仕事が辛くて、辞めたいんです」と、相談してくるかもしれません。

恋愛だったら、「好きすぎて別れたい」なんて言葉になるかもしれないですね。

「もういやだ」なんて、乱暴な伝え方をしてくるかもしれません。

 

言われた方は、悩みます。

どうして?なんでそんなことを言うの?何がしたいの…?

 

だけど、答えは簡単です。

その人に、

「ここにいてほしい」って、伝えてあげれば良いんですから。

 

全ての言葉をまず、「僕はここにいても良いのかな?」って質問に、置き換えるんです。

「ここ」って、恋愛におけるあなたの隣かもしれませんし、

仕事でいえば職場かもしれませんし、もっともっと追い詰められていたら、

この世つまり、「生きていても良いのかな?」って質問に、繋がっているかもしれません。

 

もし、あなたの大切な人が悩んでいて、それをうまく言葉にできずに、

それでも絞り出した感情を、あなたにぶつけてきたとしたら。

 

叱咤激励とか、アドバイスをするよりまず先に

その人がそこに存在することを、認めてあげてください。

 

「僕はあなたが必要だよ」

「君はこの会社にとって、必要だよ」

だから他の誰でもなく、君に、ここに、いてほしい。

 

その人の存在そのものを肯定し、いてほしい気持ちを言葉にする。

 

その言葉が不器用でも。

折り重なった言葉の糸は、しっかりとしたガーゼになって、

悩んでいる人の涙を止め、傷口を保護してくれるはずです。

ここにいていいよって、認めてあげる。

あなたが大切な人にできることって、そういうことなんじゃないでしょうか?

 

yuzuka

The following two tabs change content below.

yuzuka

編集長。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by ルシファー

    「自己肯定感」ですか。

    とても解るきがします、自分の大切にしてきた物や、自分の守るべき者を守れなかった時
    男性は「生きる意味」を失います。

    私が全てを失った時、これは今もそうですが。

    「相手にその代償を払わせる」他に存在理由を見つけられなくなりました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)