美容

秋の初めにおこなうべきスキンケアとは!「修復」と「準備」がポイント

2020年10月24日

長かった猛暑が過ぎ、心身ともにほっとしている人も多いのではないでしょうか。

そんな秋の初めは夏の疲れが出たり、気温の変化についていけず体調を崩したりと身体の変化が現れやすい季節です。

そして身体と同じく肌も疲れが出てくる季節ですので、秋に合わせたスキンケアを行うのも大切です!

 

夏の強い紫外線や、汗腺の活発な働きによる皮脂バランスの崩れなど、初秋の肌は夏のダメージを引きずっています。

そのまま本格的な秋や冬を迎えると、次は乾燥ダメージに対応できずカサカサの肌になり、さらに悪化するとニキビや湿疹などの肌トラブルを招きやすくなります。

暑さが引いた今だからこそ、スキンケアに力を入れませんか?

 

初秋のスキンケアは、「夏ダメージの修復」と「乾燥の季節に向けての準備」の2つがポイントなんですよ。

 

ポイントを絞ることでスキンケアアイテムの選定がしやすく、手持ちアイテムの活用も簡単にできます。

今日から実践できるスキンケア方法を詳しくご紹介するので、参考にしてくださいね。

 

夏ダメージの修復方法と注意点

夏のダメージは、紫外線による深部へのダメージと皮脂バランスの崩れによる肌表面へのダメージの2つがあります。

 

肌深部の修復

紫外線は肌深部にあるメラニンにダメージを与え、シミを発生させる原因になります。

しかしダメージを受けてすぐにシミが肌表面に出てくるのではなく、年数をかけて徐々に濃くなっていきます。

 

早めに肌の深部を修復することで、将来シミが出てこない肌になるので、夏のダメージはすぐにケアする必要があるのです!

 

メラニンの働きを抑制することを目的にした「美白化粧品」は秋のスキンケアにぴったりのアイテムです。

夏場のスキンケアに美白アイテムを取り入れていた人は、秋もそのまま使い続けましょう。

参考記事:シミ予防・改善の治療法8選!美容クリニックにてできるシミ治療を淡々とまとめてみた

 

肌表面の修復

肌の深部と同様に、肌の表面にある角質層のケアも大切です。

猛暑によって例年以上に汗をかいた肌は、水分と皮脂のバランスが乱れています。

 

「汗をたくさんかいたから潤っている」「皮脂でベタついているから乾燥しない」というのは間違いなんですよ!

汗と肌の潤いは関係がなく、肌が乾燥しているから皮脂が過剰に出ているということもあります。

 

ここで大事なのは、早く健康な肌状態に戻してあげること!

まずは肌表面に残った古い角質を、ピーリングやスクラブを使用して除去してあげましょう。そうすることで化粧水の浸透率が良くなり、ダメージでくすんだ肌に透明感が与えられます。

 

夏のダメージを修復するときの注意点

肌に赤みやニキビなどのトラブルが生じている場合は、修復ケアではなくまずはトラブルの解消を目指しましょう。

肌にトラブルが起きているときにいつもと違うケアを取り入れると、肌状態が悪化することがあります。

赤みやニキビも皮脂バランスの乱れが原因の場合が多いので、丁寧なクレンジング・洗顔、たっぷりの保湿を意識してくださいね。

 

ピーリングの使用にも注意が必要です。

不要な角質を取り除くことは肌にとって良いことですが、過剰なピーリングは必要な角質や皮脂まで奪ってしまい乾燥の原因になります。

 

また1回のピーリングで汚れを落とそうと考え、ゴシゴシ擦ってしまうのも肌トラブルに繋がります。

週1回~2週間に1回を目安にして、優しい力加減でピーリングするように心がけてくださいね。ピーリング後はしっかりと保湿をし、肌の再生を促していきましょう!

参考記事:ケミカルピーリングや漢方薬。夜職で肌がボロボロになった私が実際に試した美容法

 

乾燥する季節への準備方法

準備は修復にも関係してくるのですが、「保湿」がキーワードになります。

乾燥の季節に備えてあらかじめ潤いのある肌を作っておくと、乾燥知らずの肌で冬を越せますよ。

関連記事:【閲覧注意】超ズボラ女子がお肌を若返らせる「ピコレーザートーニング」を体験してみた!

 

油分を避ける

秋のスキンケアの保湿方法は「油分の多いアイテムは避ける」ということです。

潤い肌を作るには、化粧水以外にオイルやクリームなど保湿性の高い油分を含んだアイテムを想像するかもしれません。

 

通常の肌状態であれば、油分が多く保湿力の高いアイテムがおすすめです。

しかし夏のダメージを引きずった肌には少々ヘビーすぎるのです!皮脂が多く分泌される状態が続いているならむしろ逆効果。

 

保湿性のあるローションやパック、さっぱりめの乳液などをメインにしたケアから始めて、徐々に油分の多いものを加えていくのがベストです。

 

ラップパックで保湿

上記の方法が物足りない人は、ラップを使用したパックを取り入れてみてください!

ローションや乳液を塗布後、ラップを使ってパックをするだけで浸透力がアップします。

 

ローションパックの上からラップをするのも効果的ですし、ラップの上からホットタオルで肌を温めるのもおすすめです。

肌が温まると血行促進やリラックス効果を得られ、保湿以外のスキンケアも行えますよ。

関連記事:コスパ重視!プチプラで買える「フェイスパック」4つを徹底比較してみた

 

身体の内側からのケア

理想の肌作りにはスキンケアも重要ですが、身体の内側からのインナーケアも欠かせません。

 

ビタミンCを摂取

特に夏のダメージからの修復には、紫外線ケアのためにビタミンC摂取が大切です。

最近はサプリメントで補う人も多いですが、食欲の秋を満喫しながらビタミンCを補えるフルーツを食事に取り入れることがおすすめですよ。柿やイチゴ、レモンなどにはビタミンCが豊富に含まれているので、摂取してみてくださいね。

 

ただしビタミンCを多く含むフルーツには、ソラレンという光毒性のある成分を含むものもあります。

これは紫外線の吸収を高めてしまう成分で、朝食でフルーツを摂取してしまうとせっかくの紫外線対策を台無しにするかもしれません。ビタミンCを果物で摂取する場合は、夜もしくは外に出ない日が良いでしょう。

 

睡眠環境を整える

秋に向けて質のいい睡眠を取ることも重要なポイントです。

夏場はクーラーをつけたまま寝たり、暑くて目が覚めたりと睡眠の質が下がりがちです。

 

睡眠は私達の身体や肌の健康を支える大切な役割があります。

適度な気温で眠りやすい秋は、しっかり眠って身体と肌の疲れを回復させてあげましょう。

 

寝る前に白湯を飲んだり、就寝30分前からスマホを見ないなどを行うとより深い眠りにつけます。

睡眠環境を整えて、乾燥に負けない健康な肌を作りあげることが大切です。

関連記事:眠剤に頼っちゃだめ!管理栄養士がよく眠れるための、寝つきがよくなる飲み物や食べ物を紹介

 

まとめ

秋のスキンケアは夏のダメージから修復することと、乾燥の季節への準備を行うことが大切です。

このポイントをしっかり押さえて、潤いのある元気な肌で冬を迎えましょう!誰でも真似できるケアばかりなので、早速今日から実践してくださいね。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

peek a booでは、随時寄稿者を募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-美容
-, , , , , , ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.