ダイエット失敗続きの方に教えたい!ダイエット日記とは。その方法を解説

ダイエット失敗続きの方に教えたい!ダイエット日記とは。その方法を解説

いきなりですが、あなたはダイエットに成功していますか?

この記事を見ていただいているということは、ダイエットに過去挑戦していたり、現在まさに挑戦していることでしょう。

関連記事:-3kg達成!10日間ダイエットしてみた。全記録を紹介

 

さて、私の周囲からは「ダイエットに失敗した」という女性の声が絶えず聞こえてきます。

様々なダイエットにチャレンジしたり、努力したり、とにかく痩せるために方法を尽くしたのに全く痩せない、という方も少なくありません。

 

というのも、ダイエットの成功者って、なんと1割程度らしいのです。

なので、あなたがダイエットに失敗するのも特段不思議なことではありません。(失敗してると決めつけてすみません)

 

ただもちろん、絶対成功しないということもなく、正しいやり方をすれば確実に成功するのもダイエットです。

今回は、そんな確実に痩せるためのダイエット法「日記を使ったダイエット法」をご紹介します。ダイエットに連敗中の方こそ、最後まで必ず読んでください。

 




自分のことがわかる?ダイエット日記のメリットとは

全員とはもちろん言いませんが、ダイエットに成功している女性の中に「日記をつけている」という方は多いです。

なぜなら日記は、ダイエットを成功させるために欠かせないメリットが隠されているからです。

 

一般的に日記とは、一日の記録として書き記すものですよね。

慌ただしい日々を、ただ送るだけでは自分自身の成長がわからなくなります。そのため一日を振り返り、成長の実感を得ている方も少なくないのではないでしょうか。

 

この事はまさにダイエットにも当てはまりますよね。

ダイエット日記により、「自分の行動習慣を見直す」ことができ、修正していくことができるのです。

これがダイエット日記のメリットでしょう。

 

具体的に言えば、いつ・どこで・だれと・どのように食事をしたのか。

これらの行動習慣(食習慣)を記録しておくことで、反省し次回に生かすことができます。ダイエットでもPCDAは大事ということです。

 

とくに、お酒をよく飲むという人。

そういった方でダイエットを考えているなら、このダイエット日記を試してみてはいかがでしょうか。酔っているときに日記をつけるのはしんどいと思いますが、習慣化すればきっと大丈夫です。

その代わり、次の日は反省ばかりになるかもしれませんが…。

 

さてお次に、日記をつけるための具体的な方法を共有いたします。

 

成功者は語る!ダイエット日記のつけ方とは

ここでお伝えする内容は、本気で痩せたい方のための日記のつけ方です。

ダイエット日記を行う上で欠かせない要点が2つ存在するので、よく覚えるように!

 

その要点とは以下です。

これらを踏まえながらぜひ実践してください。あなたの目指す美ボディがきっと手に入りますよ。

  • 記録を付け、こまめに振り返る
  • モノと時間を記録

記録を付け、こまめに振り返る

ダイエット成功のカギ、一つ目は「記録をつけこまめに振り返る」です。

この日々の記録付けと振り返りにより、ダイエットが成功がするといっても過言ではありません。

 

先ほどもチラッといいましたが、ダイエットもPDCAが大事です。

計画をたて、やってみる、そしてチェック。最後に改善です。日記がこれらを行うのに重要な役割となります。

 

具体的な例でいうと、ダイエットのために食事制限をしていたとしますよね。

しかし、それでも痩せない状況に陥ってしまった際、あなたはどのように対応されますか。もし、ダイエット日記をつけていれば、振り返ることが出来て軌道修正するためのヒントが見つけられるかもしれません。

 

軌道修正ができれば、悩む時間を減らせ、再チャレンジにも果敢に挑戦できるでしょう。

ダイエットは精神的な勝負でもあるので、答えをなるべく明瞭にしなくてはなりません。そのためにも日記で記録をつけ、こまめに振り返るのが大事なのです。

 

「モノ」と「時間」を必ず記録

そして記録する際の必須項目があります。

それがモノ(食材)と時間です。ダイエット日記をする際は、必ずこの二つを抑えて記録していかなければなりません。

 

食べた食材(料理)を書き出そう

和洋折衷、多様な料理がありますが、摂取した食材(料理)を全て書き出します。

ここでは、覚えている限り全て書き出すことがポイントです。

 

理由は、私たちが食べた食材は体内に入るため、当然、必要以上に摂取してしまえば脂肪となります。

逆に摂取カロリーが足りなければ体力低下は避けられません。

 

これらの状況になかなか気づけない点が、ダイエットの難しさではないでしょうか。

こうした現状を打破できるのも日記となります。

 

また食べた食材たちを振り返ることで、自信がついたりもします。

最初の方はあまり変わらないかもしれませんが、日に日に胃が小さくなり食べる量も少なくなるのが普通なので、食べた食材たちをみて、さらに頑張ろう!と思えるはずです。

 

食事の時間を書き出そう

次に、食事の時間を書き出します。

ここでいう時間とは「食事開始・終了時間」と「食事に要した時間」を指します。

 

理由は、痩せにくい人の共通点として不規則性が挙げられるからです。

とくに、夕食の食事時間がアンバランスな人は注意です。今日は19:00に食事したけど、前日は21:00、前々日は23:00というような人のことですよ。

 

なのでこの時間管理によって、規則性をもった食生活へ移行。

欲を言えば、20:00以降の食事回数をなるべく減らすよう努力しなければなりません。

 

最後、食べる速度に関しては健康にも響くことなので、一度の食事が5分以下の方は注意した方がいいかもしれません。

短時間で食糧が胃へ流し込まれると、胃に負担がかかるからです。消化が悪くなり、ダイエットと健康の両方面からよくないですよね。

 

また逆に30分以上などの長時間の食事も、ダイエット的には良くないです。

摂取量を想定さえしていれば問題ないのですが、会話に華が咲き、食事量の調整が困難になるからです。ご注意くださいね。

 

まとめ:今まで失敗続きの人におすすめ

日記による徹底した管理「食糧と時間」と振り返りにより、ダイエット成功率を高めるのがダイエット日記です。

個人的には、今までダイエットに失敗続きだった、という人におすすめしたいと思います。ぜひお試しあれ。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

今回は、peek a booに寄稿していただいた記事です。peek a booでは寄稿者は募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

あなたの意見を聞かせて

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)