料理 美容

10日間ダイエットで3キロ痩せたので、1日ずつの食事量や運動量を紹介する

2019年12月28日

みなさん、こんばんは。

最近ダイエットにハマっている丸次郎と申します。ハマっていると言っても、知識だけが溜まっている男子です。

 

さて、そんな中で今回は実際にダイエットに挑戦しようと思いました。(2年ぶり6回目くらい)

にっくきユーチューバーどもがこぞって行う『10日間ダイエット』に挑戦します。

 

ちなみに私はダイエットに関する浅はかな知識を豊富に持っているものの、健康に関しては素人以下。

なので決してマネはしないでください!ということだけ付け加えておきます。では、本編をどうぞ。

 

ダイエット開始!の前に...

そもそもの私のスペックを書いておきましょう。

また10日間ダイエットといっても、どういった内容かを知らない方も多いと思います。なのでそちらの説明もしておきますね。

 

私の素晴らしきスペックをどうぞ。

  • 名前:丸次郎
  • 体重:64.6
  • 性別:男性
  • ダイエット歴:過去6回中、全敗

ざっとこんな感じです。若干、太り気味ですね。

 

ダイエットは過去幾度か挑戦しているものの、成功したことはありません。

意思という意思が皆無のため、ダイエットへの挑戦を表明したその日の夜にはラーメンを食べてしまう性格です。ざんねんですね。

 

さてそんな私が挑戦する10日間ダイエット。

このダイエットの詳細は以下です。

  • 名称:10日間ダイエット
  • 内容:10日間の低糖質生活(人によって方法がバラバラ)
  • 今回のルール:健康に害が出た時点で即停止
  • 運動等:気分で行う

10日間ダイエットはその名称こそ有名ですが、実は決まったルールが存在しません。

人によってバラバラのルールを設け、10日間という期間と自分なりの低糖質な食生活さえ守ればなんでもアリのダイエット法です。

 

1日目 64.6kg 普通に食うの巻

  • 朝 なし
  • 昼 ラーメン大盛り
  • 夜 カレー

ダイエットしよう!と思いたった朝。(この企画はふと思いついた感じで始めた)

きちんと朝ご飯を抜いた私。

 

『食べなければ痩せる。食べ続ければそら太る』

こんなにも当たり前な公式がこの世には存在します。つまりは、ダイエットなんぞ簡単なんだ。

 

と思っていた矢先。

友達から「ラーメンを食べに行こう!」という連絡が入り、「おっkー!ふふふっ」って感じで、ダイエットが難しいことを再度認識した。

 

夜は若干少なめのカレーを食べ、即座に就寝。

もちろんご飯もあるカレー。糖質だ!!

 

2日目 65kg そら体重増えてるだろうの巻

  • 朝 バナナ
  • 昼 もやし炒め(水多め)アルフォート
  • 夜 すき焼き(ご飯抜き)

公式通り、太った。

低糖質が条件の10日間ダイエットだが、今回は"自分なりの"低糖質なので、まあセーフとした。

 

2日目は見ていただければわかる通り、ある程度ダイエットということを意識。

朝は普段からあまり食べないので余裕だが、昼は腹が減る。

 

もやしはカロリーとかほぼ0だろう。知らんけど。ということで食べ。

ついでにアルフォートをおやつとして食べた。甘かった。

 

夜は寒いのですき焼きを食し、「ダイエットとは何なのか」ということを真剣に考え、眠りについた。

 

3日目 64kg フレグラじゃなく、フルグラだったの巻

  • 朝 ヨーグルトフレグラ(フルグラ)
  • 昼 すき焼き残り
  • 夜 チキン南蛮(ご飯抜き)

昨夜、すき焼きを食べたものの、量こそ普段よりも少なかった。

だからなのか、1kgほど痩せていた。「食べなければ痩せる」というのは、この上ない事実なのだ。

 

ただ。

我々は食べ続けなければいけない。

 

食べないことには動けないし、頭を使うことさえできない。

人間としての、否、動物としての機能を完全にするのが食事であり、つまりは、「ダイエット」というのはニアイコールで、「死」を意味するのだ。なーんてね。

 

4日目 64.2kg 微妙に減ってきたの巻

  • 朝 バナナ
  • 昼 お好み焼き
  • 夜チキン南蛮(ご飯抜き)

微増。仕方ない。

食べたからな。ただ、4日目から身体にある変化が現れた。

 

それは少ない量の食事が続いたせいか、恐らく胃が小さくなっている。

また四六時中ダイエットを考えるというルーティンが生じ、今までに得たことのない、プロ意識が生まれた。私はダイエットのプロなのだ!という病的な勘違いはダイエット生活に拍車をかけている気がした。

痩せるというのは、こういうことなのだ。

 

5日目 64kg 朝はバナナでダブルダイエットの巻

  • 朝 バナナ
  • 昼 刺身
  • 夜 刺身、塩焼き

またあることに気がついた。

なんと、空腹が心地よくなってきたのだ。いわゆるランナーズハイのように。

 

夜寝る前のあの心地悪い空腹感。

あれは「夜食にしよう!」という身体からのサインだと思っていた。

 

しかしダイエット生活5日目のこの空腹感は同じものだと思うが、感じたのは相反するものであり、「あっ、俺、今痩せてんじゃね?」という何とも言えない幸福感だったのだ。

 

6日目 63.2kg 昨日頑張ったからめちゃ減ってて嬉しいの巻

  • 朝 バナナ、ヨーグルト(多め)、ミニパンケーキ
  • 昼 刺身
  • 夜 鳥つくね団子、カレイの唐揚げ、あら汁(ご飯抜き)

朝起きたとき、空腹感は依然心地よかったものの、なんだか脳が動いていない。

というか、明らかに健康に害が出ている気がして、それが不安になる。

 

冒頭のルール説明で書いた通り、ダイエットを停止しようと思ったが、とりあえず食ってから決めようと思った。

ということで、6日目の朝はバナナとヨーグルトを多め、そしてミニサイズのパンケーキを食べた。結構、食べた。

 

糖質ってすんげー!っていうのを、ダイエット生活により初めて感じた。

 

「糖質は頭を働かす」とか、そんなしょーもないことを小学1年生のときに言われたことがある。

それを言ってきたのは、当時通っていた塾の先生だったが、「うっさいわ、ばばあ!」から、「ほんとだったんだね、おばあさま」という記憶にすり変わった。糖質は本当に偉大だ。

 

健康に害が出ているかもしれない、そこの中年太りのおっさん。

病院に行ってから糖質を取れ。もしも病院の先生に糖質を取るな!と言われれば、取るな。つまりは病院にいこう。

 

話が逸れたが、明らかに食べ過ぎた。

これぞ、罪悪感。そうか、ダイエットというのは「哲学」だったのか。ふかいなあ。

 

そんな私は夜も食べ過ぎた。

ご飯を抜いたものの、結構な満腹具合でフィニッシュした。

 

健康に害が生じるかもしれないと思ったものの、これは明らかにやり過ぎた。

一応どれくらい食べたのかを知るため、食後すぐに体重を測ってみたのだが、なんと+600gだった。

 

7日目 63kg 順調の巻

  • 朝 バナナ(間食トッポ)
  • 昼 ヨーグルトフレグラ
  • 夜 肉野菜炒め、味噌汁、ほうれん草のおひたし

「昨日、爆食いしたし増えてるんだろうな〜嫌だなあ〜」って感じで体重計にのった私。

結果は驚きの−200g。ここらで何と「食べたら太る」というクソガキでもわかる公式から逸脱した回答を得たのだ。

 

これが糖質制限ってことなのだろうか?それか寝るっていうのはそこまで体力を奪われることなのだろうか?よくわからない。

ということで朝はバナナ一本とその30分後にトッポを食べた。そうチョコだ。チョコは甘い。

夜は結局爆食いした私。

空腹には勝てないのだ。

 

8日目 62.8kg 空腹が快感になってきたの巻

  • 朝 なし
  • 昼 なし
  • 夜 牛肉を炒めたもの

昨日の爆食から1日。やはり今日も痩せていた。

特段、運動をしているわけでもないので、これは大変不思議である。この謎についてご存知の方はご連絡ください。

 

ちなみに運動について書いておく。

冒頭から一切触れていない運動。なぜ触れていないのかというと、していないからだ。

 

本来の10日間ダイエットは運動することを前提においているので、都合よくルールを改変したことになる。

ただ全く動いていないのかというと、そんなこともなく。毎晩、犬の散歩には出かけている。

 

約10分歩いているのだが、10日間ダイエットにおける運動は、「これでいい」ということなのだろうか。

 

9日目 62.6kg 意外や意外!ケンタッキーは太らない?

  • 朝 ヨーグルト、フルグラ(×2)
  • 昼 ケンタッキー
  • 夜 なし

昼間はケンタッキーを食べた。

なんともケンタッキーは糖質が少ないのでダイエット食に当てはまるということをネットニュースか何かで知り、わざわざ駅前まで買いに行ったのだ。

 

はあ、ケンタッキー最高。。

この骨付きフライドチキン。絶妙だ。国民栄誉賞を渡すべきだろう。

 

ついでにイモも最高だ。

小さい頃はマックのイモこそ正義であり、ケンタッキーのイモは邪道だと思っていたが、大人になりそして中年になりそれは反転した。自分が気づいていないだけでどっかで革命が起こっていたのだろう。

 

ちなみにイモは糖質お化けらしく、ダイエット中こそ絶対に食べてはいけないモノらしい。

それがネットニュースの最後の方に書かれていたのが、それを読んだのがケンタッキーをすべて食した後のことだった。後の祭りとはこのことだ。

 

10日目(最終日)体重計測し終わり

淡々と10日目まで書いてきたが、結果はどうだ。

マイナス3kgのダイエット成功じゃないか。すごいな。

 

私が思うに、成功の秘訣は結局「意識」だと思う。

なんだかんだ、いつもの自分とは比べられないほど食べなかった。3食きっちり食べた日でも、その一回の食事量はとっても少なくしたのだ。

 

なので、何だかんだ「食べなければ痩せる」というのが、真理なのだろう。

 

今回の私のダイエット法が良い痩せ方なのかどうかは分からないが、冒頭で説明した通り、私は健康のことに皆無なので真似はしないでくれ。

あくまで日記的な感じで、自分のために書いたのがこの記事だ。うっれしー。痩せた。

 

一つ、私なりのポイントを書くとすれば、1日に何度も体重計に乗ることをおすすめする。

食べた後はもちろん、朝起きた瞬間や昼寝のあとなど。事細かく体重計に乗ることで、どうすれば痩せるのか、どうすれば太るのかがわかる...気がする...。これは気がするでいいと思う。

この積み重ねが、いずれプロ意識に変わり、自然と食事内容を変化させていくのだ。10日目とか、むしろラーメンを食べたくなかった。これは本当に不思議だ。

 

まとめ:ダイエットは所詮努力。努力すれば痩せる

元も子もない答えだが、実際に痩せてみて、そして過去6回すべてに失敗してきて思うのが、結局はどれだけ本気になれたかだと思う。

ダイエット関連でこういった発言をすると、とある病気を盾に、「ダイエット=悪」だという吾輩がいるが、それはあくまで病気の話で、ダイエット自体に罪はないと思っている。

 

むしろそこに到るまでの過程が病気等に発展するため、こういったダイエット関連の発信すべてにイチャモンをつけるのは止めような。

まあでも、私が素人であることは間違いないので、今回3度目くらいの忠告だが、私の真似をするのはやめてくれ。

 

最終、特別に健康へ害が出た事実はないが、それはラッキーだっただけかもしれない。

なのでもしダイエットするときは、プロ(って誰やねんって話ではあるが...)の方に聞くように。以上。

 

追記:ダイエットサポートをはじめます

おつかれさまです。あれから50kg台まで体重を落とせた丸次郎です。

かれこれ7kgほど体重を落とせたと思います。(ちなみに全盛期から比べると12kgくらい落ちている)

 

まあ、こういうダイエットの成功もあったことなので(すぐ調子に乗る)、こちらのpeek a booを通して、ダイエットサポートを始めたいんですよね。

だいたい3ヶ月間で3~5kgのダイエットに成功するようサポートしていきます。特段難しいことはせず、食事管理とちょっとしたダイエットのコツ的なものをお教えしますよ。

 

料金は基本的に無料。(目的が僕自身のモチベ維持なので...)

ただあまりに応募人数が多い場合は、人数を絞るために料金をいただくかもしれません。(事前告知するのでご安心を)

 

参加条件

  • 本気で体重を落としたい方
  • 3ヶ月間、嘘をつかない方
  • 病的でない方

表現が難しいですが、ダイエット中毒に陥ってしまっている方や拒食症の方は申し訳ないですが、お断りいたします。

あと嘘をつかれると絶対に成功しないので、そういった方も難しいです。ということでご参加希望の方は下記のぴくあぶさんのLINE@へどうぞ。

公式:ぴくあぶのLINE@はこちら

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

peek a booでは、随時寄稿者を募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-料理, 美容
-,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.