読み込み中

ケミカルピーリングや漢方薬。夜職で肌がボロボロになった私が実際に試した美容法

ケミカルピーリングや漢方薬。夜職で肌がボロボロになった私が実際に試した美容法

皆さんは自分自信のお肌に対して自信を持てていますか?

ここで「イエス」と答えられる人は案外少ないと思います。私も昔よりは大分良くなったものの自信をもって「イエス」と呼べるほどにはまだまだ到達していません。

 

ただ、過去数年前まではもっと酷いありさまでした。

当時まだガラケーだったこともあり、写真が残っていないのが残念ですが、化膿したニキビと蕁麻疹が顔中にでき、本当、肌がボロボロの見るも無残な肌だったのです。

 

今回はそんな過去ボロボロ肌から、ある程度生還を果たした私が実際に今までやってきて、目に見えて効果のあった美肌改善方法をお伝えします。

…が、前提として「万人の肌に合うものはなかなか無い」という事だけ先に伝えさせて頂きますので、ご注意くださいね。ではいきましょう!

 

過去のお話。今でも続く肌荒れの原因

実際、肌ケアの具体的な方法をお伝えする前に少し過去のお話を。

 

不規則な生活で肌荒れ

私は親が元美容部員であり小さい頃から母の化粧品や化粧をしているところを散々見て育ってきました。なので他の子よりも化粧に興味を持つのが早かったと思います。

親から「化粧品を買いに行ったんだけど、沢山貰ったからいる?」なんて言われ、今でも人気の高いブランドモノや2万円もするような美容液を中学生の時から使ったりしていたのです。

肝心な土台であるお肌も、周りの子がニキビや黒ずみなどで悩んでいたときでさえ、私は高校まではほぼ無縁と言っていい程でした。

 

小さい時から付き合いのある小児アトピーはありましたが、約15歳のときには薬も必要ないくらいにまで治っており、アトピー跡も残ってないほどでした。

つまり小さいころは特段、肌荒れで悩むという事はなかったのです。

 

そして、高校を卒業すると同時にキャバクラで働き始めました。

ここがお肌の転換期。ターニングポイントとなります。

 

昔も今もそうですが「夜の世界」や「お水の仕事」において不規則な生活は付き物です。

それまで学生だった私は朝7時に起きて夜の0時過ぎに寝ており、たまに夜更かしをするくらいでした。しかし、それが急に逆転。そして嫌でも毎日メイクをしなくてはなりません。

18から夜のお仕事を始めて辞めたのは24歳の時になりますが、この頃に一気に肌荒れが酷くなりました。

 

特に酷かったのは20歳の時です。当時一緒に住んでいた彼氏との間でストレスが溜まり、また夜職での不規則な生活が相まった結果全身に蕁麻疹が出るようになります。またその後すぐに顔中、帯状疱疹が出来ました。

実は、冒頭肌ケアに自信を持っていると言いましたが、これに関しては未だに一部悩まされています。

その時はすぐに皮膚科に行きステロイドを処方され、一週間程度で落ち着きました。

が、しかし顔は腫れあがり熱を持っている状態が一週間近く続き、見るも耐えない見事な「クレーター肌」になったのです。

 

これをきっかけにして肌荒れと無縁どころか肌荒れと親友かのような生活に変わっていくのでした…。

 

辿り着いたのは皮膚科と美容外科

過去の話はもう少し続きます。あとちょっとお付き合いください。

最初は「しばらく薬を塗ってちゃんとケアしていれば治るだろう」なんて思っていましたが、数年ぶりに再会した友人から開口一番「ちょっと…内臓でも悪いの?大丈夫?」と言われました。

 

それから会う友人、家族に次々と大丈夫?と心配され、その時はさすがに怖くなり皮膚科へ。

そこで受診し言われたのは「ニキビ酷いね~。じゃあ塗り薬と抗生物質出しておくね」でした。

 

もらった塗り薬と抗生物質をひたすら試してみましたが効果は微妙。生理が近くなればそれまで以上にお肌は荒れるし生理が終わって良くなる前にまた肌荒れの繰り返し。

このままじゃ本当に良くはならないと思い、次に思い浮かんだのが「美容外科」での施術でした。

 

「美容外科」は美容整形は勿論ですが、ニキビやクレーターなどに効果のあるレーザー治療が出来ることを知っており、とりあえずカウンセリングに行くことにしました。<→整形外科に相談してみたい

 

その場ではレーザー治療よりもケミカルピーリングを勧められたのですが、どの美容外科でもまずは「ケミカルピーリング」を勧められるそうです。

ただ、クレーター肌の改善は結局レーザー治療じゃなきゃ消すことは難しいとのこと。そうなると、受けるのを迷ったのですが、予想以上に安かったのもありケミカルピーリングを受けてみることにしました。

 

これは余談ですが、美容整形のハードルって精神面・金額面の両方から大分低くなっている気がします。

なので悩みが深いのであれば、一度カウンセリングに行くことを強くおすすめします!

 

肌改善のために!最大限のケアを

そんな経緯があり、私はここから最大限の肌ケアを実行していくのです。

効果があったと思うものは続け、ダメだと思うものは即変更。

 

ケミカルピーリングは価値あり

ケミカルピーリングを受けて施術が終わったその後からお肌がツルっとしているのが分かり、これは続ける価値があるなと思いました。

軽度のニキビ跡(クレーターになっていないもの)などはケミカルピーリングを定期的に受ける事によりかなり改善されると思います。

 

ただ美容外科は保険診療ではなく自由診療になります。なので、正直お金はかかります。

それでも先ほど言った通り、整形というものが大分世に浸透してきたおかげで、昔よりは遥かに安くなっていることでしょう。

 

ドラックストアの市販薬は基本ダメ!皮膚科へ

ドラックストアの市販薬もたくさん試しました。

ニキビ治療薬や漢方など、様々なモノを試しましたが、唯一使えると思ったのはひとつだけ。今でも市販で売られている「テラ・コートリル軟膏」というものです。

ステロイドが入っているので長期に渡って使用するのはNGですが、ピンポイントでここぞという時に役立ちました。

 

しかし基本的には市販薬で済ますのはNG。

ニキビケア等を本格的に始めるなら必ず皮膚科を受診し、自分の肌に合った塗り薬を出してもらいましょう。

 

ちなみに漢方薬がニキビに効くという話もよく聞かれると思います。

私もどっかからその情報を仕入れ、さっそく市販の漢方薬も試しましたが、実はそれなりに効果を感じることができました。

 

ただ市販のものは高すぎるため、皮膚科で漢方も出してくれるところを探したほうがいいですよ。

保険が適用される分、安くなります。(市販で出されるものと同じもの)

 

漢方に関しては先生によって効く効かない様々でして、私の場合は効いたのでおすすめしたいのですが、ぜひ皮膚科の先生に聞いてみてくださいね。

皮膚科によって出しているところ、出していないところ、様々なので複数回ったほうがいいかもしれません。

 

運動やジムは効果抜群だった

これは「え?ジム?」と思う方も絶対にいるだろうと思いますが、効果抜群でした。

とくに基礎体温が低い方、代謝が悪い方はジムに行って身体を動かす事をおすすめします。

 

私は夜職だった事もありますが基礎体温が低ければ代謝も驚かれる程悪かったので、当初ダイエットのつもりで通ったジムが功を奏し、肌の調子がグングン良くなりました。

ぜひ試してみてください。

 

クレンジングをオイルフリーにする

よくネットで目にすると思います。

「ニキビに効くオイル!」などで売り出されている商品もありますが、あれは基本的に「ニキビが完治してから塗る」ものです。

 

「オイルを塗ってるのに効かない!」と耳にする事も多いですが、そういうことです。

そもそも使い方が違うんですよね…。

 

お肌を綺麗にする為には「落とす」という工程が一番大事なのですが、つまりクレンジングオイルを見直した方がいいです。私もそうしました。

皮膚科の先生曰く「ニキビ肌にオイルが入っているものだと悪化しちゃう可能性が高いからオイルフリーにするといいよ」との事だったのでさっそく試したのですが、こちらも効果はマル。

自分のお肌に合っていればプチプラでもデパコスでもOKです。

 

一番効果があったハーブピーリング

ハーブピーリングはエステに通っている方や美容好きな方なら一度は聞いた事があると思います。

ハーブピーリングは科学的な物質や成分が一切含まれていない完全に自然のものだけで作られたものなのでアトピー性皮膚炎の方や敏感肌の方、ニキビ肌、クレーターに悩む方におすすめです。

 

お肌のターンオーバーを、ハーブを入れ込む事により早くし、綺麗な新しいお肌を表面に出すという仕組みです。

ただ剥離と言って3日目位からハーブを入れ込んだ場所のお肌が皮むけしてくるので、それに耐えれる方にのみおすすめできるといった感じですね。

こちらも美容外科並みにお値段はしてきますが、私はその時のボロボロのお肌でいるのとお金をかけて少しでも綺麗な肌になる事を天秤にかけお金をかける事を取りました。

 

まとめ:とにかく一度病院へ。そして自分にあったものを見つける

肌に悩んでいるなら結論、とにかく病院にいきましょう。私の場合、皮膚科や美容外科のカウンセリングへたくさん通いました。<→整形外科に相談してみたい

そのおかげもあって、今ではスッピンでも歩けるようになりました。ただこれも数年かけてやっとのこと。当時、内臓の病気を疑われる程からの生還なので相当きつかったですが、あのとき肌ケアを諦めなくてよかった。

 

肌が荒れている時は外にも出たくないし誰とも会いたくないしもう死にたいと思ったりしますが、めげずに頑張れば少しずつでも必ず改善していきます。

ネットの情報やSNSの情報だけを鵜呑みにするのではなく、実際に足を運び、自分にあった肌ケアを見つけてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ