読み込み中

プライベートジムにて3ヶ月で10Kg痩せた私が、プライベートジムの実態を紹介する

プライベートジムにて3ヶ月で10Kg痩せた私が、プライベートジムの実態を紹介する

「なんで昨日あんなに食べちゃったの!?」

体重計に乗って後悔し、1Kg程度の体重の変化に喜んだり悲しんだり…。

 

ダイエットは女の子の永遠のテーマですよね。

 

この事は例外なく、わたしにも適用され、過去なんども自分の体重に絶望したことがあります。

その度にダイエットを決意する私ですが、実は過去に2回、プライベートジムに通っていたことがあるんですね。今回は、そのプライベートジムについて紹介したいと思います。

 

リンクルショット

プライベートジムの実態を紹介

さて、プライベートジムとは、完全予約制の個室ジムのことをいいます。

専属のトレーナーが、個人の希望に合った方法で、食事や筋力トレーニングを1対1で指導してくれるのです。

 

かの有名なライ◯ップ。

あれもプライベートジムです。テレビでもよくCMが流れていましたね。

 

あーいった広告をみて、皆んながまず気になるのは、「ほんとに痩せれるの?」だと思います。

結論から言って申し訳ないですが、私の体重の変化としては、3か月で-10Kgでした!やばくね?

 

これは劇的に痩せたの範囲内ではないでしょうかね?

違う?だって3ヶ月だよ??

 

少し興味が湧いてきたのではないでしょうか。

私がプライベートジムにてどのような指導を受けたのか。デメリットは?などなど、さらに詳しい紹介をしていくとしましょう。

 

料金は、基本高額である

プライベートジムといっても、様々なジムがあります。

トレーナーに女性しかいない女性専用ジムや、エステと併用しているジムなど。しかし、これらに共通して言えることが、「プライベートジムは全てが高い!」ということです。

 

一般的なスポーツジムと違い、個室貸切ですし、個別にメニューを組んでくれるので、どうしても金額は高くなってしまうのでしょう。

金額にして、だいたい20万前後が多かったと思います。今はグループを対象とした激安ジムなども多いので、お金を取るか、質を取るか、という選択になりますね。

 

個人的に、「自分の意思が弱い」と自覚のある人はプライベートジムを選んだ方がいいと思います。

単純なジムでは100%痩せません。

 

食事指導の内容

ダイエットの肝となる食事内容についても、私が経験したことを話しておきます。

まず私が通っていたジムで言われたことに、「食べないダイエットは絶対にやめてください」というのがあります。これにはマジでビックリでしたね。食べていいのか!と。

 

私は朝食べないタイプでして、「一日のカロリーを抑えられるから良いじゃん」とか思ってましたが、どうやらそれも間違いないなんですって。

そもそも朝は食べない派でしたし、空腹時の何とも苦しい痩せてる感じは好きだったので、逆にちょっと辛いという…。

 

さて、ダイエットをやるからには事前に理想の身体を決めないといけません。

これは恐らくどこのダイエットジムでも同じです。

 

ちなみに私の希望を伝えたところ、それは「体脂肪が少なく、筋肉がある状態」と分かりやすく変換してくれました。

それに向けてダイエットを進めることに。

 

少し話は戻りますが、そもそも何故朝食抜きや空腹が悪いのしょうか。

これには以下のように回答してもらいました。

 

朝目覚めた時、私たちの体は血糖値が低くなっている状態になっています。

血糖値が低いと、『コルチゾール』というホルモンが大量に分泌されるんですね。このコルチゾールとは、実はとっても困ったちゃん。

 

なんと筋肉を削り、エネルギーに変えてしまうのです。

また朝の9~10時に必ず分泌されるよう組み込まれており、脳が空腹を感じたときにも分泌されます。

 

つまり、「朝食を抜いてしまう=血糖値が下がり続けている」という状態。

コルチゾールが大量に分泌されているのです。食事をして血糖値があがるまで、彼らは筋肉削りに精を出してしまいます。

 

そしてここに、「お腹もすいたしランチにしよう!」とご飯を食べた場合、どうなるのか。

まず血糖値が急激に上がります。この時、『インスリン』が分泌されます。このインスリンも、ダイエットをしている私たちからすると、なかなかの困ったちゃんです。

 

「脂肪を増やせー!たくわえろー!」という命令を出し、体脂肪を増やしてしまうホルモン。この子は血糖値が急激にあがることで出現。つまりは、朝を抜いて昼間にドバッと食べることで太りやすくなるということです。

結論、血糖値を操作できないことには、ダイエットの成功はないということなのです。

 

上記の説明から、トレーナーさんからは「空腹時を作らないようにしてください」と何度もしつこく言われました。笑

ただ、食べるといっても何を食べてもいいわけではありません。

 

一体、何を食べたらいいのでしょうか。

答えは簡単。「肉、肉、野菜、肉、野菜!」です…。

 

筋肉を作ってくれるたんぱく質をメインに、繊維質も食べます。

そしてご飯やパンなどの炭水化物は朝にちょびっと。これを永遠に続けます。(キツくね?)

 

ご飯が大好きな私からしたら苦痛でしかなく、地獄でした。

まあでも、お肉は好きなだけ食べられましたし、炭水化物も全く食べてはダメ、というわけではありません。朝におにぎり1個食べるくらいはオッケーで、なので意外と耐えることができました。

 

食事の、3つのポイント

先生に教えてもらった食事のポイントが3つ。

  • 朝起きたら、30分以内に食事を!朝食抜きなんてご法度
  • 炭水化物は少量、お肉や魚などたんぱく質をメインに
  • お腹が空いたら我慢せず、昆布やカロリーの低い繊維質を食べる

また、野菜の中にはイモ類など、血糖値をあげてしまうモノがあるので、そこは注意!

私は調べて料理していましたよ。

 

トレーニングは筋トレのみ!

ジムに通っている間、どんなトレーニングをしたのか。

答えは筋トレのみ。

 

ジョギングやエアロバイクなどの、有酸素運動といわれるものは全くしません。

ひたすらダンベルやバーベルを担いで、スクワット・スクワット・スクワット…。

 

私が「下半身を細くしたい」とオーダーしたからだと思いますが、種類は違えど、やったことはスクワットばかり。

 

もちろん、オーダーによって、腹筋がメインの方や、上半身を鍛える方もいます。

ただどの方も共通して、やっていることは筋トレのみでした。

 

これは「筋肉量を増やして基礎代謝をあげる」という目標があるからです。

基礎代謝があがると、太りにくい体になります。少し食べ過ぎたな、というくらいでは簡単に太らないという、まさに欲しくて欲しくてたまらない体です。

 

そんな理想的な体になれるなら、足がフラフラになろうとも、鬼のような追加スクワットにも耐えられるというものです。

ちなみに、初めてトレーニングをした日は、足が自分の物ではない感覚になりました。

 

あれ?階段ってどうやって降りてたっけ?という具合です。

友達に「階段の降りかたわからない!助けて!」と電話したほど。笑

 

もちろんですが、翌日も筋肉痛で、立ちあがるのも一苦労。

明後日にはまたジムに行かなきゃならないのに、大丈夫!?と思いましたね。そういう覚悟はしておいた方がいいと思います。

 

ただ馴れとは恐いもので、こんな残酷な筋トレも、1週間程度で無になります。

筋肉痛もなりませんし、階段も余裕!

 

まとめ

総括ですが、プライベートジムに通ったことは大満足!高額でしたが、もちろん後悔なんてありません。

10Kg痩せたという事実によりそう思えるようになったし、それ以上に痩せ方を知れたのが大きかったです。

 

正直、高額な料金はとても痛手ではありましたが、一般的なスポーツジムだと、どうしてもさぼりがちになってしまいます。

プライベートジムの場合、「今日いきたくないなー」と思う日であっても、すでに予約は入れてしまっているし行くしかないんですよね。そして行ってしまえば、トレーニングをするしかありません。

これの積み重ねが習慣になり、この習慣が身体を絞ってくれます。

 

最後の方なんて、なに一つ苦じゃなかったですし、やはり馴れは恐いです。笑

私のような、一人でダイエットをしていても、ついついサボってしまい途中で挫折してしまうなんて人には、本気で痩せる手助けになってくれるかもしれません。ぜひご検討ください。

The following two tabs change content below.

リンクルショット

あなたの意見を聞かせて

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)