読み込み中

肌質別ファンデーションの選び方と、個人的おすすめファンデーションを紹介する

肌質別ファンデーションの選び方と、個人的おすすめファンデーションを紹介する

「ファンデーション」と一口に言えど、お店には様々な種類のファンデーションが販売されており、一体どれが自分の肌に合っているのか分からないことが多いです。

例えば、「パッケージが可愛いから」や「値段がお手頃だから」などの少し本質から外れた理由で選ぶ方が多数ではないでしょうか。

 

しかしこれはもったいない!ファンデーション選びってお肌にとってとても大事なんですよ。

見た目や値段に惑わされず、本当に自分の肌質に合ったファンデーションを使用する事により、自分の肌悩みを改善し、より高みを目指すことができるのです。

 

ということでタイトルにもある通り、今回はファンデーションの選び方についてです。

ご自身の肌質に合うファンデーションの選び方をお伝えします。

 

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションのメリット・デメリット

では、さっそく紹介!

と、いく前に、「リキッドファンデーション」と「パウダーファンデーション」の簡単な違いについて解説しておきましょう。

 

リキッドファンデーションのメリットとデメリット

まずリキッドファンデーションとは、分かりやすく言うと液体状のファンデーションのことを言います。

パウダーファンデーションに比べて油分が多いのが特徴です。直接手で付けたり、スポンジを使用したり、はたまたリキッド用のブラシを使用することでお肌へ塗っていきますよ。

 

こちらを使用するメリットは以下です。

  • ニキビ跡やお肌の凸凹などを綺麗にカバーしてくれる
  • ツヤ感のある仕上がりになる
  • 透明感が出やすい
  • パウダーファンデーションに比べ、お肌の潤いが奪われにくい
  • パウダーファンデーションに比べ、重ねても厚塗り感が出にくい

 

対してデメリットはこちら。

  • お肌に付ける時にムラになりやすい
  • 皮脂で崩れやすい
  • お化粧直しがしづらい
  • パウダーファンデーションに比べ、お化粧に時間がかかってしまう

 

パウダーファンデーションのメリットとデメリット

続いてパウダーファンデーションについてです。

こちらの方が認知されていることでしょう。パウダーファンデーションとは、粉を固形に押し固めたものや、粉末状のものを言います。

 

見た目通り、リキッドファンデーションに比べ、油分が少ないです。また当たり前ですが、粉の配分が多くなります。

パフやスポンジ、専用ブラシなどを使いお肌につけていきますよ。

 

このパウダータイプのメリットは以下となります。

  • お化粧直しが簡単
  • メイク初心者でも扱いやすい
  • リキッドファンデーションに比べ、顔がテカりにくい
  • マットな肌に見せてくれる
  • ナチュラルにカバー出来る

何と言っても化粧直しの簡単さ、ですよね。楽な印象があります。

 

続いて、デメリットは以下です。

  • 何度も重ねると厚塗りにみえてしまう
  • リキッドファンデーションに比べ、乾燥しやすい
  • リキッドファンデーションに比べ、カバー力が低い
  • 持ち運びの際に割れてしまう事がある

油分が少ない分、乾燥がネックになってきますね。

 

さて、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの違いを分かっていただけたでしょうか。

それぞれにメリットがあるように、やはりデメリットもあります。

 

どの点を妥協するのかにより、どちらのタイプのファンデーションにするのかが決まってくるはず。どちらも試してみることをおすすめしますよ。

次はいよいよ肌質別におすすめのファンデーションを紹介していきましょう。

 

肌質別ファンデーションの選び方よおすすめのファンデーションを紹介

化粧品販売店などで、もうすでにご自分の肌質を調べ、分かっている方もいらっしゃるとは思いますが、多くの方はご自分の肌質を分かっていおられません。

なので簡単にではありますが、以下の該当する項目をご確認下さい。

 

普通肌の特徴と、そんなあなたにおすすめのファンデーション

下記が『普通肌』の特徴です。

  • 肌荒れが起きにくい
  • 自分の肌に特に問題を感じていない
  • 肌に潤いがある
  • 肌のキメが細かい

該当する方は普通肌の可能性が高いです。いわゆる「普通」です。

トラブルの起きにくいお肌なのでとりあえずは安心してください。

 

ただし、生理前後などはホルモンバランスの変化により、一定のトラブルが起こる時もあるかもしれません。注意!

まあしかし、基本的にはトラブルのない、理想的なお肌と言えますね。

 

せっかくの綺麗なお肌なのですから、ファンデーションを厚塗りしていては勿体ないです。

なので、薄付きのファンデーションが更に映えるのでおすすめですよ!

 

RMK リクイドファンデーション

Amazonでチェック

例えばですが、こちらのファンデーションをおすすめします。

もともと綺麗な素肌を更に美しく見せてくれる優れものです。リキッドファンデーションなのに薄付きなため、厚塗り感が出る事もなく、お肌に透明感を与えてくれますよ。

 

乾燥肌の特徴と、そんなあなたにおすすめのファンデーション

次の乾燥肌はわかりやすそうですが、例えばこんな特徴があります。

  • お肌がカサカサする
  • お肌が痒い
  • 冬場にお肌の粉吹き・皮めくれが目立つ
  • ツッパリ感が気になる

これらに該当する方は乾燥肌の可能性が高いです。

お肌の水分と皮脂が足りていない状態ですね。

 

この肌タイプの方はファンデーションを見直すと共に、日ごろのスキンケアにも力を入れた方がいいです。

ファンデーション前に化粧水・乳液でお肌をしっかり保湿するよう心がけましょう。そして、ファンデーションはお肌の潤いを奪わないようなものが良いですね。

 

NARS ナチュラルラディアントロングウェアファンデーション

Amazonでチェック

冒頭で言った通り、パウダーは油分が少ないため、乾燥肌の方にはパウダーよりもリキッドファンデーションの方が良いです。

乾燥肌の方がパウダーファンデーションを使用すると、乾燥したお肌とファンデーションが上手く馴染んでくれず、結果ごわごわ肌になってしまいます。

 

なので、リキッドファンデーションをおすすめしますが、中でも個人的にこちらのファンデーションをおすすめしたいです。潤いのある艶に満ちたお肌へ変えてくれる印象があります。

おすすめですよ!

 

混合肌の特徴と、そんなあなたにおすすめのファンデーション

お次は混合肌。こんな特徴がありますよ。

  • Tゾーン(額や鼻筋)だけがテカりやすい
  • あごや頬などの部分は乾燥している
  • 季節の変わり目などにお肌が荒れやすい
  • 喫煙や飲酒をしている

これらに該当する方は混合肌の可能性が高いですね。

混合肌とはその名の通り、乾燥肌と脂性肌が混合されたお肌のことをいいます。

 

皮脂の分泌量の多いTゾーンはテカりやすく、メイク崩れしやすいのですが、頬やあごなどの部分は逆に乾燥しているという、なかなかやっかいなお肌タイプですね。

このタイプの方が、もしかすると一番ファンデーション選びに迷われることだと思います。

 

乾燥する頬やあごに合わせ、オイリーなファンデーションを選べば、Tゾーンがテカり。

その逆は同じ。結局、メイク崩れしやすい状態となってしまうのです。

 

エスティローダー ブルウェアステイインプレイスメークアップ

Amazonでチェック

実は、私自身も混合肌であり、長年悩んできました。

そして、ついに混合肌の悩みを解決してくれるファンデーションに出会えたので、今回特別に共有しておきます。

 

こちらのファンデーションはリキッドタイプであり、お肌の潤いを奪うことなく、艶やかなセミマットなお肌へ仕上げてくれます。

しかし、先ほどの話だと、「Tゾーンが心配なのでは?」と思われることでしょう。

 

…が!心配ご無用です。

これは私の経験でしかありませんが、今まで幾度も使用していますが、朝方メイクをしてから夕方に至るまで、一切合切テカることがないのです。(まるでテレフォンショッキングですが、これは本当!)

なので混合肌にお悩みの方は、ぜひ一度使用してみてはいかがでしょうか。

 

脂性肌の特徴と、そんなあなたにおすすめのファンデーション

  • 顔全体がテカりやすい
  • 化粧崩れしやすい
  • 毛穴が開いている
  • ニキビが出来易い

これらに該当する方は脂性肌の可能性が高いです。いわゆる油多めですね。

詳しくいうと、脂性肌とはお肌の皮脂量が多いことによりテカりやすく、また、ニキビなどもできやすい肌と言えます。お化粧をしても短時間で崩れてしまいやすいという点があるんですよ。

関連記事:すでに、ニキビがよくできて困ってる!という方はこちらの記事へ

 

インテグレート プロフィニッシュファンデーション

Amazonでチェック

そんな脂性肌の方には、やはりパウダータイプをおすすめします。

リキッドファンデーションを使用してしまうと、更に化粧崩れが加速してしまうからです。パウダーファンデーションでさらっと仕上げることを心がけましょう。

 

そしておすすめの商品が、こちらのファンデーションとなります。

こちら、お肌に優しいミネラルタイプのファンデーションであり、パウダーによる毛穴閉じ、そこからのニキビ発生をできるだけ緩和してくれると思ってください。

 

わたくし、こちらも時々使用しているのですが、化粧崩れなしのカバー力も十分。

またニキビにもなっていません!私が証明、おすすめですよ。

 

まとめ

今回この記事では、簡単な肌質の確認しかしていません。

なので興味がございましたら、化粧品販売店などで本格的な肌質検査を受けてみることをおすすめします。

 

自分の肌質がはっきりと分かれば、その肌質にぴったり合ったファンデーションを使うことができ、健康・美容の両側面から充実するはずです。

スキンケアも大切ですが、長時間使用するファンデーションも今一度見直してみて下さいね!では。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

今回は、peek a booに寄稿していただいた記事です。peek a booでは寄稿者は募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

あなたの意見を聞かせて

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)