美容

30代からの大人メイク!ポイントや注意点を部位ごとに徹底解説します

2020年3月1日

「いつものメイクをしても、なぜか顔色が悪く見える」「似合っていたはずのメイクが、なぜか老けて見えるようになってきた」

30代を迎えて、このようなお悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

 

そんなアナタ、10代20代の頃と同じメイクをしていませんか?

肌質やお顔のラインに変化が見られる30代、10代20代の頃とは違ったメイクテクニックが必要になってきますよ。

 

30代からのナチュラルベースメイクのおすすめ

顔の色や肌の色に合わせて、少しでも美白に見せるために、明るめの色を選びがちなファンデーション。

30代からは少し落ち着いたトーンを選ぶことをおすすめします。

関連記事:肌質別ファンデーションの選び方と、個人的おすすめファンデーションを紹介する

 

シミやくすみ、たるみなど、年齢による肌悩みが増えてくる30代のお肌に、明るい色を乗せてしまうと、かえって目立ってしまうのです。

あえて少々暗めの色を選んで悩みをカバーしつつ、白浮きを防ぐことが若々しく見えるコツとなります。

 

また、肌悩みが増えれば増えるほど、ベースメイクを厚く仕上げてはいませんか?

30代からは薄く薄く、引き算メイクを意識することが大事です。

 

クマやたるみが気になりがちな目元や、ほうれい線が気になる口元などは、表情による筋肉の動きが増える箇所。

こういった動きの多いところは、特に、薄付きを意識することで年齢を感じさせない若々しい仕上がりが実現するのです。

関連記事:目の下のクマができる原因や種類、それらを消す方法(手術内容など)を解説

 

そして順番も大事。肌悩みをカバーしたい一心で、気になるクマや目元からファンデーションを付けてはいませんか?

ファンデーションは、はじめに置いた部分に一番多くたっぷりと付いてしまいます。

 

たっぷり付けても良いのは、表情によって動かない美「肌ゾーン」と言われる頬骨の上のみ。

まず頬骨の上に置いてから、内から外へ伸ばしていくのがベストです。

 

そうすることで、崩れがちな目元や口元は薄く、紫外線の影響を受けがちな頬にはたっぷりと、メリハリのある仕上がりが実現します。

フェイスラインにはほとんど付けず、馴染ませる程度に仕上げることで、首との境目や白浮きが気にならない自然な仕上がりを目指すことができます。

 

30代からのハリ感チークの入れ方をご紹介

ニコッと笑ったときに高く上がる位置がチークを入れる位置、そう思ってずっとやってきたのに最近なぜだかキマらない…

そんな風に思ったことはありませんか。

 

そんなあなたはお顔のラインが下がってきているかもしれません。(すみません...。でもそれが現実、歳なのです)

まずは笑ったときに高く上がる位置を、鏡で確認してみましょう。

 

ではその位置、笑っていないときはどうなっていますか?

笑ったときに高く上がる位置が、笑っていないときに下がってしまっている場合は、お顔に年齢によるたるみが生じてきた証拠です。

 

そんなアナタは、笑っていない状態で単純に高い位置に内側から斜め上に向かってチークを入れましょう。

頬の高い位置から、こめかみに向かって上昇ラインを描くのです。

 

こめかみは、意外と年齢のサインが出がちな部分。

年齢とともに痩けてくる「こめかみ」に向かって、しっかりと血色カラーをのせましょう。

 

また、ポイントでチークを入れてしまうと少し古い印象になりがちです。

自然な血色のあるハリ感のあるお肌を実現するには、ピンクベージュなどの淡いカラーを頬全体にふわっとぼかしてから、頬の高い位置にチークを入れる2色使いをすると、よりナチュラルな若々しいメイクに仕上がりますよ。

 

30代からの上昇眉メイクを伝授

眉は時代を映す鏡と言われるほど、お顔の印象を左右する大事なパーツです。

眉頭は目頭の真上、眉尻は眉頭と同じ高さ、眉山は黒目の外側、これが一般的な眉バランスですが、若々しく見せるためには少し工夫が必要です。

 

眉尻の高さが眉頭と同じまたは低くなってしまうと、お顔の印象はガクッと下がった印象になりがち。

眉尻の高さを少し眉頭の高さよりも高めに描くのがポイントとなります。

 

また、一番強調してクッキリ描くべきところは、眉の下側のラインです。

瞳に一番近い部分であるこのラインが、キレイにクッキリと決まっていると、それだけでお顔の印象がハッキリ締まった印象になります。

 

全部を濃く描き過ぎてしまうと、古臭い印象になりがちなので、しっかりクッキリ描く部分とふんわりぼかす部分とのメリハリが重要なんですよ。

 

30代からのナチュラルリップメイク!流行りに騙されるな

リップにポイントを持ってくるメイクが流行している昨今ですが、大人メイクに濃いリップを合わせてしまうと、老けた印象になりがち。

お顔の一番下に位置するリップに濃い色を合わせてしまうと、お顔が下がった印象に見えてしまいます。合わせ方によってはほうれい線が目立ってしまうことも...。

 

自然に色付く、肌に合った色を選ぶことで失敗しないリップメイクが実現。

ティントタイプや唇の色素に合わせて色づくエッセンスタイプのリップを選ぶと、自然に若々しい印象を演出できます。

関連記事:2020年トレンドの渋色リップ!デパコスからプチプラまでおすすめを4つご紹介

 

また、下がりがちな口角には、年齢のサインが現れがち。

口角の下から斜め上に明るめのコンシーラーまたはファンデーションで引き上げラインを入れると、よりリップがキュッと若々しく上がった印象に見せることができますよ。

 

30代からのナチュラルアイメイクは引き算が肝

目元にポイントを置きがちだった一昔前のアイメイク。

10代20代の頃にしていた囲み目メイクをしてしまうと、時代遅れなお顔になってしまいがちです。

 

また、クマやくすみなど年齢によるお悩みが出がちな30代の目元にくっきり囲み目メイクをしてしまうと、より一層影をつくって暗い印象に...。

大人のアイメイクは、引き算が大切です。

 

アイラインは囲まず、まつ毛とまつ毛の隙間を埋める程度に!

目尻や目頭までしっかり引いてしまうと、かえって瞳を小さく見せてしまいます。適度な抜け感を意識してナチュラルに入れるのがポイントです。

 

アイラインで抜けを作って、マスカラでまつげを強調することで、上品な大人メイクに仕上がります。

 

目の下はクマや影など疲れのサインが現れがちな部分です。

暗めのアイラインやアイシャドウを入れてしまうとかえって老けた印象になりがち。下まぶたには暗い色を使わず、ピンクベージュなどの淡い色を入れることで、ハリのある若々しい印象に仕上がりますよ。

 

まとめ:30代からはメリハリメイクがおすすめ

大人メイクについて総じて言えることは、締めるところを締めてぼかすところをぼかす、メリハリを付けることが重要ということです。

年齢のサインが出がちな目元をくっきり見せるために、眉下のラインをくっきりと強調する、口元をすっきり見せるために、口角のラインを強調するなど、バランス良く仕上げるようにしましょう。

 

締める部分を強調するためには、他の部分をバランス良くぼかすことも大切。

そのためにはブランディングブラシやスクリューブラシなど、用途に合ったツールを使うことも大事です。正しいバランスと引き算メイクを意識して、この機会にメイクを見直してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

peek a booでは、随時寄稿者を募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-美容
-, , , ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.