恋愛 考え方

自己愛の強い男友達の恋愛相談を聞いていたときの話

恋をすると、その人と付き合いたいと思う。

けれど、「どうしたらその人と付き合えるか?」ばかりを考えるのは本当に恋なのだろうか。

相手のことがどうしようもなく気になって、いつも考えてしまう。会えると嬉しいし、会えないと会いたくなる。姿を見るとドキドキして、ときには胸が苦しくなって眠れなくなる。

私は、そんな気持ちが恋だと思う。

 

男友達の恋バナに違和感を覚える

「好きな人ができたんだよね」

数年前、友人のあー君が言った。

 

当時の私は山小屋で働いていて、あー君は同僚だ。30代半ばだけど童顔だから20代に見える。おとなしく気弱だけど、いい奴だ。

「おぉ! 誰だれ?」

「のりちゃん」

のりちゃんは一週間ほど前から山小屋で働きはじめた女性だ。

 

あー君と同世代の垢抜けた美人。サッパリしていて話しやすいし、仕事ぶりも一生懸命で好感が持てる。

「そうなんだぁ! のりちゃん、素敵だもんね」

「すごい美人だよねー」

あー君はキラキラした目でのりちゃんの魅力を語りはじめた。

 

いいねぇ、恋って素敵だねぇ。

……と聞いていたけど、途中で「ん?」と違和感を覚える。

 

あー君の話がどうにも薄っぺらいのだ。

それもそのはず、あー君の語るのりちゃんの魅力は「脚が細い」「髪がサラサラ」「若く見える」など、見た目のことばかり。内面やしぐさ、言動にいっさい触れない。

いや、別に見た目で好きになるのは悪いことではない。

 

だけど、もうすでに一週間も一緒にいるのだから、見た目以外の魅力も見つけているはずだ。私はすでに、のりちゃんの魅力をたくさん見つけている。

「……見た目以外では?」

「うーん……あ、年が近い。やっぱり年が離れてると、付き合ったとき話が合わないから」

 

……お前さては、のりちゃんのこと、見ているようで何も見てないな?

 

その後、のりちゃんに彼氏がいるかどうか聞いてみた。すると、「いない」とのこと。

それをあー君に伝えると、彼は目をキラキラさせて「マジか!」と喜んだ。

The following two tabs change content below.
吉玉サキ

吉玉サキ

北アルプスの山小屋勤務を経てライター・エッセイストに。好きな執筆ジャンルは季節労働と生きづらさ。だけどなぜか恋愛コラムを連載することに。お笑いが好き。

次のページへ >

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-恋愛, 考え方
-,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.