読み込み中

結婚願望が原因で、女友達と縁を切ったことがある

結婚願望が原因で、女友達と縁を切ったことがある

結婚願望が原因で、女友達と縁を切ったことがある。25歳のときだ。

当時の私は結婚願望があまりなかった。今の夫と交際2年目くらいで、「結婚? それもまた楽しそうだねぇ。でも、今はまだいいかな~」という感じだった。

 

一方、幼なじみのゆっこはめちゃくちゃ結婚願望が強かった。

私は、ゆっこの結婚願望に共感はしなかったけど、否定する気もなかった。結婚願望は人それぞれだ。ゆっこはものすごく結婚したがっていて、私はそうでもない。それだけのことだ。

 

だけど、私は次第にゆっこと会うのが苦痛になってきた。

彼女があまりにも「女の子はみんな、自分と同じくらい結婚したがってるはず!」と思い込んでいるからだ。

 

いやいやいや、結婚願望にも個人差があるだろうよ。

私は価値観を押しつけられることにひどく敏感で、ゆっこに「サキちゃんも結婚したいでしょ?」と言われるたびにモヤモヤし、最終的に彼女からフェードアウトした。

それから10年、彼女には会っていない。

 

性格が合わない幼なじみ

私とゆっこは実家が徒歩1分の距離にある。親同士が仲がいいこともあり、小3くらいまでは頻繁に家を行き来する仲だった。

だけど今思うと、もともと性格が合わなかった。

 

たとえば、ゆっこは人生ゲームで負けると泣いて悔しがる。私はそこまで勝ち負けにこだわらので、「別にそんなことで泣かなくたっていいじゃん」と思う。

そういうちょっとした価値観の合わなさは、意外と人間関係に影響する。学年が上がるにつれて、私はクラスの友達といるほうが楽しくなり、ゆっこと遊ぶ回数が減っていった。

 

すると、ゆっこは「サキちゃんは私より○○ちゃんを選ぶんだね……」と恨み節を言うようになり、私は「めんどくせぇ」と思った。

中学時代はゆっこと同じ部活で、共通の友人ができた。だから、部活のほかの友達も一緒に6人で遊ぶようになり、高校生になってからもたまにそのメンバーで会っていた。

それは私が進学のために地元を離れても続き、年に2回、私が帰省するタイミングで会うのが恒例になっていた。

 

すべての女の幸せを、あんたが決めてくれるな

高校生になってお互いに彼氏ができると、私はますます「ゆっことは合わないなぁ」と感じるようになった。

ゆっこはわかりやすい恋愛至上主義で、とにかく彼氏最優先。そして、大学に入った頃からさかんに「結婚したい」と言うようになった。

 

小さな頃から「将来の夢はお嫁さん」と言っていたけれど、大学生になってからの彼女の結婚願望はちょっと怖いくらいだ。ゆっこがあまりに結婚、結婚と言いまくるので、みんなちょっと引いていた。

 

ゆっこはさも当然かのように言う。

「やっぱり女の幸せって、結婚して子どもを育てることだよね~」

 

えっ!?

10年以上前の当時ですら、そんなことを真顔で言うのは彼女くらいだった。

 

もちろん、ゆっこが結婚や子どもを望むのは彼女の自由だ。

だけど、それを望まない女性もいる。すべての女の幸せを、あんたが決めてくれるな。

 

私は、ゆっこが嫌いじゃない。

けれど、価値観が合わなさすぎて、年に2回みんなで会うとき以外は自然と疎遠になっていった。

 

その後、ゆっこはどんどん依存的になっていった。

彼氏がいるときは四六時中ずっと一緒にいたがるので、女友達とはほとんど遊ばない。だけど毎回「重い」という理由でフラれる。すると、女友達に依存し、毎日のように「淋しい」「遊ぼう」と言ってくるようになる。だけど、新しい彼氏ができるとまた音信不通。

その繰り返しらしい。

 

「らしい」というのは、私は地元を離れていたため、ゆっこの依存先にならなかったからだ。

彼女に依存された友人たちは、ひどく傷ついていた。そりゃあそうだ。毎日のように来ていたメールが、「私、彼氏できたの~」のひとことでパッタリと途絶える。友達を、淋しさを埋める道具としてしか見ていない。

 

だから、そんなふうに扱われた子は少しずつ、ゆっこと距離を置くようになった。

そのうち就活が始まるとそれぞれ忙しくなり、年に2回すら集まらなくなった。

 

結婚はまだいい。私は今が幸せだ!

25歳のとき、すごく久しぶりにゆっこからメールが来た。

それは結婚報告のメールで、よく会っていた5人に一括送信されていた。

 

へー、良かったじゃん。

そう思い、祝福のメールを返す。みんなもそれぞれ、祝福の言葉を返信していた。宛先に全員のアドレスが入った状態で返信するので、みんなのメールが読めるのだ。今でいうグループLINEのような感じ。

 

祝福のメールに、ゆっこがさらに返信を送る。

だけど、内容がトンチンカンだ。

 

たとえば、夢を叶えて家具デザイナーになったナオちゃんは、仕事の都合で関西にいて、彼氏とは遠距離恋愛をしていた。

 

ゆっこ「ナオちゃんはどう?」

ナオ「彼氏が東京だから遠距離だよ。週末にふたりであちこち旅行してる。遠距離楽しい!」

 

ゆっこ「遠距離なんてかわいそう! 早く結婚できるといいね」

いやいやいや、ナオちゃんは楽しいって言ってるじゃん!

 

その後、矛先は私に向かった。

ゆっこ「サキちゃんは彼氏さんと結婚するの?」

私「まだ結婚はいいかな~」

ゆっこ「そうなんだぁ。でも、早く結婚できたらいいね!」

 

……日本語読めてる?

当時の私は、心から「結婚はまだいい」と思っていた。

 

別に「絶対に結婚したくない」と思っていたわけではない。ただ、結婚について考える余裕がなかったのだ。

作家になる夢があって新人賞への応募を続けていたし、フリーターで一人暮らしだったから生活することでいっぱいいっぱいだった。

 

だけど、私は幸せだった。

好きなことをしていて、それを応援してくれる彼氏や友人がいて、毎日しんどいけど楽しかった。

 

だから、ゆっこに「結婚したいでしょ?」「結婚こそが女の幸せだよね」と決めつけられるのはとても不本意だった。

今の自分の幸せを否定されているように感じたのだ。

 

メールのことがあってから、私とゆっこはますます疎遠になった。

そして、いつの間にか縁が切れた。実家がすぐ近くなのに、帰省していても不思議とゆっこに会ったことはない。

 

多様性というワードが叫ばれるようになった今なら、ゆっこも「結婚願望は人それぞれだよね」と思うようになったのだろうか?

どうか彼女が、「結婚して子どもを育てるのが女の幸せだよね」という言葉で、周りの人たちを傷つけていませんように。

The following two tabs change content below.
吉玉サキ

吉玉サキ

北アルプスの山小屋勤務を経てライター・エッセイストに。好きな執筆ジャンルは季節労働と生きづらさ。だけどなぜか恋愛コラムを連載することに。お笑いが好き。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ