読み込み中

肉食系も草食系も共存したいよねぇ

肉食系も草食系も共存したいよねぇ

恋愛やセックスへの意欲には個人差がある。

すごく恋愛やセックスに意欲的な「肉食系」と呼ばれる人もいるし、そこまででもない「草食系」と呼ばれる人もいる。

現在の私はというと、そこまででもないのでいわゆる「草食系」に該当するのだろう。夫も同様だ。ふたりとも、若い頃は今より意欲的だったのだけど、わりと早い段階で関心が薄れてしまった。

 

……というわけで、私たち夫婦は恋愛やセックスへの関心が低いほうなのだけど、かといって、それらを否定しているわけではない。

恋をしている人を見れば「いいねぇ、素敵だねぇ」と思うし、恋愛相談をされれば真摯に話を聞く。エロトークになれば適当な相槌を打つし、下ネタも嫌いじゃない(ただし私はお笑い好きなので、笑いの観点でのジャッジは厳しめだ)。

 

基本的に、肉食系にも草食系にも、「別にいいじゃん」と思う。

だけどひとつだけ、「別にいいじゃん」とは言いがたいことがある。

それは、価値観に優劣をつけることだ。

 

たとえば、バブル世代に多いのだけど、恋愛に意欲的じゃない若者に対して

「最近の若い奴は草食系とか言って情けないね~、俺らの頃なんて……」

といった話をする人がいる。

 

そういうのを目にすると、

「肉食系が草食系よりも上だなんて、それはあんたの価値観だろ。他人にまで押しつけるなよ」

と思う。

 

肉食系男子の幼なじみVS旅先で出会った草食系男子

2年前、夫と遠方のある県へ旅行に行った。その県には私の幼なじみの悠太(仮名)が住んでいて、3人で飲むことになった。ちなみに、夫も悠太とは何度か会ったことがあり、友人のような間柄だ。

その日は、悠太が私たちの泊まっているゲストハウスに泊まることになった。

地元民なのにわざわざゲストハウス泊まることないじゃん、と思ったが、彼はゲストハウスに集まる旅人たちと飲みたいと言う。私たちは居酒屋で軽く食事を済ませ、コンビニでお酒を買ってゲストハウスに戻った。

 

その日は私たちのほかに、若い男性が2人宿泊していた。だけど、リビングには誰もいない。靴はあるので、宿泊客はそれぞれ部屋にいるらしい。悠太は「つまんねーの」とあからさまにがっかりしていた。

3人で飲んでいると、ひとりの若者がリビングへやってきた。自然と「良かったら一緒に飲みませんか?」という流れになる。

 

彼は都内在住の25歳で、会社を辞めたばかりだという。転職先での勤務が始まるまでに数週間あるので、その間に国内をひとりで旅行しているそうだ。線が細く温和で、話し方も現代っ子っぽい。仮にA君としよう。

案の定、悠太はA君に「彼女いるの?」と聞いた。恋愛とセックスの話題が好きなのだ。

 

「はい、います」

A君はニコニコと答える。内心では「あー、このオッサン、酒の席で女の話ばっかりするタイプね、いるいるw」と思っていそうな感じ。

 

ちなみに、このときの悠太は35歳。25歳のA君からすれば、充分にオッサンだろう。

「イケメンだからモテるだろ? 彼女のほかにも遊んでんの?」

「いやぁ、彼女だけでいいです」

 

「またまた~、真面目ぶって~。20代なんて一晩に何回でもできるじゃん」

「あははっw(愛想笑い)そういうのめんどくさいんで。彼女だけでも自分の時間削られるじゃないですか。これ以上、自分の時間を削りたくないんですよね」

なんていうか、絵に描いたような「肉食系VS草食系」の構図だ。

 

世代でいうと、悠太はロスジェネでA君はゆとりなのだけど、なんだか「バブルVSゆとり」にも見える。

わかりやすい二項対立だ。

 

みんながみんな、あんたと同じくらい恋愛に意欲的なわけじゃない

私は悠太と同世代だ。

だけど、恋愛やセックスへの価値観はA君のほうが近い。

 

A君の言うとおり、恋愛は時間を使う。

相手がひとりでもけっこう使うのに、複数になったら自分の時間がなくなってしまう。私が不倫に興味がない理由の第一位も、「そんな時間があったら家でお笑いのDVDを見ていたいから」だ。

恋愛に意欲的な人は、いくら時間を使っても惜しくないのだろう。悠太はそのタイプで、妻子がいるけど若い女の子にも手を出している。

 

案の定、悠太はA君に

「いや、そうは言ってもさ、A君だっていろんな子とセックスしたいでしょ? 若いんだし」

と食い下がっている。

 

いやいやいや、性欲も恋愛への意欲も、個人差があるだろうよ。みんながみんな、自分と同じくらい意欲的である前提で話すなよ。

 

だけど、私はそれを言わなかった。

「言っても、悠太にはわからないだろうな」と思ったからだ。

 

彼は大人になるにつれて少しずつ、自分と異なる価値観を理解できなくなってきている。

実はこの日、A君が会話に加わる前から何度も「あ、私の言ってること全然伝わってないな」と感じる瞬間があった。

そんな瞬間が積み重なり、「なんかもう、伝えなくてもいいか」と思ってしまったのだ。

 

肉食系を見下す草食系

悠太が煙草を吸いに外に出たとき、A君に言った。

「ごめんね、悠太が絡んじゃって」

「ああいう人いますよねw 別に、嫌いじゃないですよ」

……悠太、めっちゃ見下されてるじゃん。

 

「ああいう人いますよね」と言うときはだいたい、「ああいう人」を下に見ている。A君はあきらかに、悠太の価値観を見下していた。

今まで、肉食系が草食系を見下す構図は見たことがあるけど、逆を目の当たりにしたのははじめてだ。

……うーん。

 

恋愛やセックスに意欲的な人も、そうじゃない人も、「どっちが上等」ってことはないよねぇ。

「肉食系と草食系に優劣はない」

個人的にはそう思う。

 

だけど……。

私自身はどうしてもA君の価値観に共感してしまうし、彼が悠太を見下す気持ちも、なんとなくわかってしまう。

 

誰のどんな価値観も「別にいいじゃん」と思っていたい

私は悠太の、「みんなが自分と同じくらい恋愛やセックスが好きなはず」と思い込んでいる感じが苦手だ。

恋愛やセックスに意欲的じゃない人間だっているんだよ、価値観を押しつけるなよ、と思う。

だけど、本当にそれだけだろうか?

 

私自身が無意識のうちに、悠太の肉食系な価値観を「低俗だな」と見下していたのではないか? だからあのとき、A君に共感したのでは?

私は、誰のどんな価値観も「別にいいじゃん」と思っていたい。

悠太の「恋愛とセックスが大好き!」な価値観も否定したくない。

 

今度、悠太が恋愛とセックスの話をしてきたら。

自分の中に見下す感情がないかどうか、きちんと観察してみようと思う。

The following two tabs change content below.
吉玉サキ

吉玉サキ

北アルプスの山小屋勤務を経てライター・エッセイストに。好きな執筆ジャンルは季節労働と生きづらさ。だけどなぜか恋愛コラムを連載することに。お笑いが好き。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ