読み込み中

私たちはもっと、「さようなら」を大切にしなきゃいけないって、思うんだ

私たちはもっと、「さようなら」を大切にしなきゃいけないって、思うんだ

「もしもあの時にさあ」

夏。かき氷。市民プールの更衣室の匂い。ソーダのアイス。公園の蝉の声。

あの頃のままの風景に、あの頃には戻れない私たちがいた。

 

「もしもあの時に、君を追いかけていたら、私たちって、どうなってたかな」

蝉の声には調和しない、できるだけ穏やかな声で聞いた私の方は見ずに、君が笑った。

答えは、それだけだった。

 

化粧が崩れるからと、毛穴という毛穴に液体を塗り込んだ私は、汗をかかない。

夏は嫌いなんだと、普段外に出ない、君の額からは、汗が溢れる。

 

私たちはいつから、違ってしまったのかなあ。

 

何度も、何度だって、君を思い出したんだ。

 

 

いつも三毛猫が座っている無人駅、よく行った変な名前のスーパー。

そこにいる、「いらっしゃいませ」が独特な、アルバイトの男の子。

 

あ、そういえばあの男の子、店長になったんだよ、ねえ、しってた?

 

そうやって、いろんな場所、いろんな瞬間に、頭の中にひらひらと浮かぶ君の面影を追いかけては、

「あの時こうすればよかった」なんて回想を、お金をかけた映画の、しつこいウェブ広告みたいに。

何度も何度も、何度だって、頭の中で繰り返した。

 

次に会ったら、できるだけ凛として、できるだけ、さりげなく、なにげなく、興味のないそぶりで。

そうやって近づいて、「君と見たかった景色」の向こう側にたどりつくように、君との時間を、もう一度、手繰り寄せるんだ。

 

大丈夫、やりなおせる。

大丈夫、終わったわけじゃない。

 

そうやって、ずっとずっと、ずーっと、意気込んでいた。

 

だけどさ、久しぶりに、いつもの場所で会った君からは、もうあの時の柔軟剤の匂いなんてしなくって。

 

普段持たなかったハンカチなんて持っちゃって、見たことのない新しいスマホケースを使いこなしていて、

そして、なによりも、私の知らない、見たことのない笑顔で、私に、笑いかけた。

私の方は、見なかった。

 

その時にね、初めて終わったんだ。

私たちは、もう、やりなおせないんだって、もう、違うんだって、始めて、思ったんだ。

 

 

多分、一緒に過ごさなかった少しの時間を、とりもどすことはできない。

あの頃に使っていた柔軟剤をぶっかけたって、君はもう、あの頃の匂いにはならない。

 

多分ね、もっとずっと前から、君からは、違う匂いがしてたんだ。

だけどね、見ないようにしてた。気づかないようにしてた。

 

それでも貴方にすがりたかったのは、あの夏の時間を、やっぱり、幻にはしたくなかったから。

 

うまく言えなかった「さようなら」を、今ならちゃんと、言える気がした。

「さようなら」を言わない別れがどれだけ残酷で、そして難しいか、私だってもうちゃんと、分かっていたから。

 

「幸せになるよ」

 

横にいる君を見ないで、そう言った。

君はようやく私を見て、知っている顔で、笑った。

 

ああ、悔しいな、こんな時だけ、察しが良いんだから。

ああ、悔しいな、なんで君も、泣くんだよ。

 

私たちはもっと、「さようなら」を大切にしなくっちゃいけない。

泣いて、苦しんで、考えて出した答えだから。

あの時選んだ自分を裏切らないように、美しい思い出を、溶かしてしまわないように。

 

 

終わったことには、意味がある。

終わったことにも。意味はある。

 

yuxuks

The following two tabs change content below.

yuzuka

編集長。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ