読み込み中

【前編】「黒人の子ども達が、警察官に撃ち殺されるんです。まるでおもちゃみたいに」歌手のAISHAさんが、人種差別について語る。《English translation》

【前編】「黒人の子ども達が、警察官に撃ち殺されるんです。まるでおもちゃみたいに」歌手のAISHAさんが、人種差別について語る。《English translation》

《English translation》

まえがき

現地時間6月18日の夜、ふたつの場所で、銃撃事件がおきた。

フロリダ州で銃撃を受けたのは、今年3月にリリースしたアルバムがいきなり全米チャート1位を記録したXXXテンタシオンとして知られるジャセー・オンフロイさん(20)。

同じ日のピッツバーグ市内では、同所を拠点に活動していたジミー・ウォポさん(21)が、銃撃される。

両者とも、まもなく死亡が確認された。

 

ジャセー・オンフロイさんが最初に注目されたきっかけとなったのは、XXXテンタシオンとしてリリースした楽曲、「Look At Me!」のミュージックビデオ。過激な内容ながらに、米国の人種差別問題を直視した作品が話題を呼んだ。同曲では、白人警官による黒人への暴行事件などが取り上げられている。

同じ日に死亡したウォポさんは18歳の時に受けた銃撃のショックがきっかけで、ラッパーに。音楽を通して社会へメッセージを訴えていた。

 

未来ある二人の若者の命が奪われた。

ふたりが「黒人であったこと」は、たまたまだろうか?

私はその事件を目にした時、どうしても、そうは思えなかった。

 

その後、ジャセー・オンフロイさんを殺害した男は逮捕され、

犯人は、彼と同じ黒人男性であったことが分かる。

 

少なくともジャセー・オンフロイさんが殺害されたのは、差別的な動機ではなかった。

 

「まさか黒人男性だから、殺されたの?」

 

では、どうしてあんな疑問を抱いたのか。

 

私がその疑問を抱いたきっかけとなったのが、

ここから先に書かれている、インタビューだ。

 

このインタビューを実施したのは、数ヶ月前。

内容は、人種差別だけではない、もっと包括的なものであったが、この事件を受けて、

【前編】と【後編】に分け、前編では、人種差別についてのみを扱おうと決めた。

 

そしてこのハッシュタグを付け、多くの人に届くよう、英訳された記事も、同時公開する。

 

#black lives matter

黒人の命は大切

※本来このハッシュタグは、警察官による黒人に対する過剰防衛、不当な暴力に抗議する運動に用いられるハッシュタグである。この記事でもその内容について触れられているので、読んでみてほしい。

 

人種差別。ピンと来ないかもしれない。

実際、私もそうだった。

 

だけど、とにかく知ってほしい。

 

この記事には、難しいことは書かれていない。

あえて、歴史を掘り下げたり、深い知識を書き連ねたりは、しなかった。

 

ただ、この記事をきっかけに。

人種差別について考える誰かが、増えれば良い思う。

 

命を奪われたふたりの、ご冥福をお祈りします。

《English translation》

The following two tabs change content below.

yuzuka

編集長。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ