読み込み中

賛否両論を巻き起こす東京独身男子の5話が放送!今回もかずなが可哀想…?

賛否両論を巻き起こす東京独身男子の5話が放送!今回もかずなが可哀想…?

テレビ朝日の土曜ナイトドラマ「東京独身男子」第5話が518日に放送されました。

俳優が魅力的!という一方で、あんなに素敵な俳優さんが出ているのにおもしろくないと賛否両論巻き起こっている東京独身男子。

視聴率も好不調を繰り返していて、初回5.7%(最高)→3.1%→4.0%→3.1%(最低)となっています。

やりすぎだけどクセになる?やりすぎだからついていけない?

そんな感じのドラマですが、回を重ねるごとにAK(あえて結婚しない)男子が結婚したくて仕方がないように見えます

 

前回のあらすじを簡単におさらいすると、 新しい恋に突き進むはずの石橋の前に、元カノが再登場して大混乱!

そして三角関係になってしまった三好と岩倉の決着は、コイントスで決められる!というハチャメチャな展開でした。

 

石橋のもとに再登場した元カノは何がしたいのか?三好と岩倉の友情関係は崩れてしまうのか?

気になる第5話の展開というと

 

「東京独身男子」5話のあらすじを紹介

結婚してオーストラリアに旅立ったはずの竹嶋(高橋メアリージュン)は、突如として石橋(高橋一生)の自宅に現れます。

石橋は、三好かずな(仲里依紗)と真剣に付き合うつもりでいたはずが、竹嶋の登場によって混乱させられてしまうのです。

 

かずなは石橋と同棲しているかのように振る舞い、竹嶋も結婚を前提に二人が付き合っていると勘違いしているので、状況はますます複雑なものとなっていきます。

これに対してAK男子仲間の三好(斎藤工)は「モテキが来た!」と冗談めかして言いますが、石橋はなんとなくその気に。

 

一方で部下の日比野(桜井ユキ)に思いを寄せる岩倉(滝藤賢一)は、ライバルの三好を差し置いて、日比野を食事に誘います。

岩倉の自宅で、岩倉の父(小野武彦)を交えて行われるはずだった食事会でしたが、料理が得意な石橋も参加することになり、なぜか三好とかずな、それから竹嶋まで参加することになり

 

注意!「東京独身男子」5話のネタバレ

元カノ竹嶋再登場

かずなと一夜を過ごすつもりだったはずの石橋の前に竹嶋が突然の訪問。

夫(早乙女太一)を支えるつもりでシドニーへついていったはずが、現地で夫はまさかの浮気!

 

竹嶋が彼を責めると、逆に「せっかく再会した元カレを振り切って、ついてきてあげたって言いたいんだろ?」と石橋との関係を蒸し返されます。

これに対して竹嶋は「さよなら。もう別れよう」と告げて日本に帰ってきたのでした。

 

一通り事情を話した竹嶋は石橋とかずなを気遣い、部屋を出ようとしますが、かずなが泊まっていくよう説得します。

石橋は女性二人が自宅に居座っているので、三好のもとへと駆け込むのでした。がタイミング悪くそこには日比野の姿が。コイントスの賭けに勝った三好は、日比野と一線を越える予定だったものの、石橋にそれを邪魔されていまうのです。

 

ブーメラン現象

岩倉の自宅に石橋と三好が集まり、お互いの悩みを話し合います。三好はEDについて。岩倉はアラフォーが直面する問題だ!と他人事として考えてはいません。

石橋のもとへと戻った竹嶋に関しては「ブーメラン現象」と言って、その仕組みを説明します。

 

曰く、恋愛において平等な関係はない。どちらかが尽くし、どちらかが尽くされる立場だと。「愛をもらって尽くしてくれた人を忘れられず、尽くすと相手は戻ってくる」

これを恋のブーメラン現象と呼び、石橋はアジェンダに加えるのでした。

 

好きなものが食べられない!?

岩倉の自宅から戻る途中、石橋は竹嶋に偶然遭遇します。

二人で家に戻ると、そこには寝起きのかずな。

 

竹嶋は買ってきたパンを朝食に用意し、かずなは「いつも通り」とシリアルを用意します。無理に二人からの朝食を食べさせられる石橋。

会社に行くと愛妻弁当を広げる同僚を見て、「結婚すると好きなものが食べられない」とつぶやきます。

 

竹嶋に不満のかずな

仕事中も突然戻って来た竹嶋に対して、かずなは不満を漏らしています。同僚は四六時中グチをこぼすかずなに対して、やや引き気味。

三好も「そんなんじゃ竹嶋に勝てない。正々堂々と戦え!」とアドバイスします。

 

父親の急変

忙しそうに車内で岩倉と日比野が打ち合わせをしていると、突然岩倉の携帯が鳴り響きます。

家政婦からの知らせで父親が呼吸困難だと

 

全ての仕事をキャンセルし、急いで父親の元へ向かう岩倉。しかし単に豆大福を喉に詰まらせただけで、事態は深刻ではありませんでした。

安心して座り込む岩倉に、日比野は「良かったですね。大事に至らなくて」と声をかけます。「いざという時は弱い」と岩倉はこぼし、日比野に甘えるような態度を示します。

 

石橋にヘッドハンティング

仕事に向かう途中、エレベーターで見知らぬ男に話しかけられる石橋。

何事かと構えますが、外資系のコンサル会社からのヘッドハンティングでした。

 

仕事は変わらず、給料は現在の2倍!三好は「30代ラストチャンス、元カノも戻って来て、今カノ?のような存在もあり、その上ヘッドハンティングなんてモテキだ!」などと転職に賛成します。

しかしかずなには安定性がないことから反対され、竹嶋も「結婚前の大事な時期に仕事は変えられないよね」と現実的な話をされてしまいます。

 

キレイに並べられたスパイス

石橋の自宅に竹嶋が来ると、かずなも必ず泊まりに来る!という現象が続いていますが、ヘッドハンティングの話を石橋がした夜に、夕食を用意したのはかずなでした。

皆が食べ終わる頃、かずなに使用されたスパイスをきちんと元の場所へ戻す石橋。これを見てかずなは複雑な表情を浮かべます。

 

父親のお見舞い

岩倉の父のお見舞いに行こうと、石橋を三好は岩倉の自宅を訪ねます。

するとなぜかテーブルに花が飾られ、岩倉は滅多にしない料理をし、その上正装をしています。何かあると悟った石橋は、岩倉が日比野を夕食に招いていることを知ります。

三好はこれに憤慨し、岩倉を責めますが「いてくれた方が助かる。柄にもなく緊張してしまうから」とかわされてしまうのです。

 

全員集合の夕食会

結局、岩倉の自宅での夕食会には石橋が料理を振る舞うことになり、日比野が参加するということで、三好も参加。かずなと竹嶋もついてきます。

三好は日比野に対して「この間のコントスで俺を選んだんじゃないのか?」と問い詰めると、「あの晩限り有効だった」と言い返されてしまいます。

 

全員が席につき、夕食会が始まると話は自然と結婚へ。

岩倉の父は日比野へ「嫁に来い」と言いますが、「結婚に興味がない」とつれない返事。

 

石橋の料理が台無しに

結婚の話題を避けるように、石橋は料理に取りかかります。

かずなは相変わらず竹嶋への不満をこぼし、三好は抜け駆けしようとした岩倉を責めます。

 

出来上がった料理を運んできた石橋は、三人の言い合いに挟まれ、せっかくの料理は床に散らかってしまいます。

夕食会はお開きとなり、竹嶋は「友人が泊めてくれるから」と部屋を去り、日比野も同じく部屋を出ます。

 

夫からの電話

石橋も帰宅しようとすると、携帯電話が鳴ります。相手は竹嶋の夫でした。

「自分が戻るまで竹嶋の面倒を見てくれ」と言われますが、すでに友人の家に泊まることになっていると返事をします。

 

しかし、友人の家に泊まるというのは嘘で、竹嶋が行くところがありませんでした。

一方でかずなは石橋が自分にも竹嶋にも興味がなく、実は一番自分のことが好きなんだと指摘。

 

唖然とする石橋。

三好も以前のアジェンダである「相手が何を考えているかわからない場合、相手は自分のことが好きじゃない」を思い出し、日比野に別れを告げます。

 

新たな波乱!?

石橋は帰宅している途中、一人で歩いている竹嶋を見つけ、行くところがないようであれば部屋に泊まっていくよう勧めます。

その頃、同様に帰宅した三好のもとには元妻が訪れていました。

 

新しいトラブルの匂い

そして石橋の部屋に泊まった竹嶋は「やっぱり友達じゃ嫌」と一糸まとわぬ姿を石橋に見せるのでした

 

「東京独身男子」5話の感想

かずな可哀想すぎ

今回もかずなの常識人ぶり、そしてあまりにも報われない感じが目立った回でした。

明らかに自分の都合で石橋を振り回しているのに、竹嶋を自宅(石橋の家)に泊めたり、グチを言いながらも気をつかったり

 

最後には1人が一番快適と感じている石橋に対して、別れを告げる始末

この人こそ幸せになってほしい!

 

女の敵!竹嶋舞衣

かずな応援派の人は、竹嶋の行動に怒り心頭だったのではないでしょうか?浮気されたからって、結婚を前提にした恋人(嘘だけど)がいる元カレの家に押しかける?

最後のシーンで石橋を誘惑していましたが、あんたまだ既婚者だろ!とテレビの前でツッコんだのは私だけじゃないはず。

 

またちょっとだけ株の上がった岩倉?

女性差別発言でおなじみの岩倉さん。しかし、意外?に父親を大切にしている姿は印象的で、豆大福の一件も怒るのではなく、心からホッとした様子でした。

こんな人間的な部分を見せられているから、部下の日比野も惹かれるのかもしれませんね。

 

今回の迷言?格言?

ブーメラン現象と迷いましたが、今回はかずなが石橋に言った「太郎ちゃんが本当に好きなのは自分。だから1人がいい。誰かといると息が詰まるんだよね」に決定しました。

料理や家事など、身の回りのことが全て自分でできて、仕事も順調で収入も安定している。そんな人が結婚から遠のくと言われていますが、もっとも大きな原因は「自分が一番好き」ということかもしれません。

 

もしかしたら自分も当てはまるかも?と思ったあなたはAK男子?それとも女子?

次回は三好の元妻登場で、さらにドラマは荒れ模様になりそうです。視聴率も荒れないといいですけど、なんだかんだ楽しみですね!

The following two tabs change content below.
新城

新城

隙間時間で映画を見まくっている映画オタク。小説や舞台にも興味があり、お金に余裕がある時は舞台を観るために足を伸ばし、ない時は我慢して小説を読む。恋愛系に限らずどんなジャンルでも大好物。

あなたの意見を聞かせて

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)