読み込み中

共依存の関係にあった彼女と僕。

共依存の関係にあった彼女と僕。

リボ払いの借金120万円を抱えている、YouTuber兼ブロガーのピピピピピです。

かれこれ6年前、25歳の僕には、『社会不安障害を抱えた元風俗嬢かつ現ニュークラ嬢の生活保護受給者』である年上の彼女がいた。

好きだけど好きじゃない。

歪な恋心、複雑な両想いがそこにあった。

まさしく『共依存』という奴だ。

あの頃の僕は、劣悪な親子関係、窓なし3畳物件での貧困暮らし、バイト飛びまくり――とどめの一発として、死ぬほど好きだった女の子にフラれ、頭がおかしくなっていた。

そして人生に終止符を打つべく、ぶら下がり健康器具へクレモナロープを結ぶ練習をする日々だった。

写真が残っている理由は、憎しみだらけの地球に、怨念を注ぎ込んだ100万文字の遺書を残そうと考えていたからだ。

 

時を同じくして、彼女もまた、絶望していた。

心寂しい孤独の施設育ち、破滅願望、過呼吸――極めつけは、愛着障害ゆえの人間不信である。

 

自分が傷付くと分かっていても、『今すぐ愛されたい』を最優先してしまう。

そのあまり、ヘルスで働かされ、下心まみれの男に回され、都合の良い女にされてゆく。

こちらは、同棲中の交換日記である。

しつこいほどに、『幸せ』と『好き』を記録保存しなければ、彼女は心を保てなかったのだ。

小遣い稼ぎでキャバクラの体入へ行く際は、枕元のテーブルにこんな書き残しをしてくれた。

彼女は、愛情の繋がりを感じ続けないと、すぐに死んでしまう。

もはやその弱さは、すこぶる強かった。

 

誰も助けてあげられないほどの、恐るべき力を持った弱さであった。

とどのつまり、僕も彼女も、精神がバキバキに壊れていた。

 

そんなときに二人は出会った。

きっかけはストリートナンパである。

当時の僕は、紙コップで飯を食い、サラ金で散財し、孤独で気が狂っていた。

一刻も早く、どこかの誰かに、僕の窮状を訴えたかった。

命懸けでナンパした。魂を込めて声掛けした。

それはまるで不幸自慢のテロであった。

 

僕は正直、勇気も男気も行動力も決断力もない。

ただのボンクラ、不甲斐ない持たざる者だ。

それゆえ、時折ぶっ壊れて、なにかをやらかす。

ナチュラルハイ、全能感を迸らせて、街中を駆けずり回った。

 

「すいません、物凄いタイプなので声を掛けました」

119回くらい、同一単調なセリフを放った。

その日のうちに、彼女のマンションに転がり込んで、ケチャップLOVE文字入りのオムライスをご馳走になった。

それまでの僕は、薄暗い窓なし密閉空間で、チープなインスタント飯ばかりを食っていたから、手料理の美味しさはひとしおであった。

 

誇張抜きに、涙を流しながら平らげた。

口裂け女バリの笑顔がこぼれた。

踊り狂った。

そうなれば必然、愛に飢えていた彼女も、喜びを隠せなくなる。

こうして、『共依存』式の同棲生活がスタートした。

 

僕はいつまでも堕落するために……。

彼女はわかりやすい愛情を手に入れるために……。

『現実逃避』目的の薄っぺらい関係であった。

ヒモになった記念に撮影した1枚。

これだけに目をやると、健全で幸せな共同生活に見えるだろう。

しかしながら現実は、ぎとぎとの泥沼でしかなかった。

 

彼女には愛人のおっさんがいたのだ。

濃い化粧を施し、夜に出掛け朝に戻ってくると、数枚の万札をひらひらさせていた。

他人の金を部屋に散らして、「暴飲暴食しよっかー」「人格壊れるまで遊ぼー」「ファッキンアイデンティティ!」とへらへら笑って話した。

 

深夜ゆえ、隣人がクレームを入れてきた。

満面の笑みで無視した。

殺すぞパンピーのクソ野郎が。僕らの未来には何もねぇ-から。怖い物ねぇーぞ。地獄の血の池の底まで道連れにすんぞカスが。

そんな物騒なことを、二人でこそこそとつぶやいた。

 

僕はジェネリックのバイアグラを飲んで頭がズキズキし、彼女は精神科の薬によって情緒不安定だったのだ。

これは、デパートでご馳走をたらふく食べたときの写真である。

腹が満たされたら、上等な服屋に行き、ブランド物の洋服を物色した。

 

愛人→彼女→僕という流れで、金という紙切れが、凄まじい欲望の強風に吹き飛ばされ、左から右に飛んでいった。

頭のてっぺんから足の爪先まで、愛人の札束のおかげでオシャレを決め込めた。

社会不適合者の僕一人では、写真に写っているような、7万円のバッグ、4万円の革ジャン、1万円のパーカーといった高級極まるものは到底買えない。

 

晴れ渡る日には、噴水のある公園で、彼女をお姫様抱っこして、ぐるんぐるんと回転した。

目が回ってそのまま芝生に倒れ込んで、二人並んで熟睡することもあった。

頭のネジを外してベタベタし、現実からどこまでも逃げようとしていた。

そんな遊び狂いの途上で、ふと我に返ると、「やっぱり好きじゃない」「僕らは無理に楽しんでいる」という事実が近づいてきた。

彼女もそう感じるようになったらしく、「どうしたら幸せになれるんだろう」「好きがよく分からない」などと口走り始めた。

 

そして、至る所で過呼吸を起こすようになった。

駅構内でも、映画館でも、ショッピングモールでも。

 

そのたび警備員にお願いして、館内の休憩室に彼女を運び込み、横にして寝かせた。

手を繋いで、「大丈夫」とやわらかく問いかけると同時、「僕は今、なにをやっているのだろう?」と疑問が浮かぶようになった。

 

行き場所がないから、お金もないから……苦肉の策として付き合っているに過ぎない、そんな本音にぶち当たり、罪悪感がどっと沸いた。

耐えられなくて別れ話を持ち出したが、うやむやにされて終わるばかりだった。

 

僕は彼女に、彼女は僕にどっぷりと依存しており、簡単には外せない『共依存』という鎖で、がっちり繋がってしまっていた。

 

どんどん二人の心は壊れてゆく。

さながら躁と鬱のように、好きと嫌いの気持ちが交互にやって来るせいで、ねちねちとした歪んだ恋心を抱いてしまい、別れたいけれど別れたくないという矛盾を抱えていた。

 

そんなある日、事件が起きた。

真夜中の寝室、目が覚めると、隣に彼女がいなかった。

どうしてだか嫌な予感がした。

 

その直後、玄関の扉がぶち抜かれるような、乱暴な音が響き渡った。

「起きろこら」

身長185cmを優に超える男が乱入してきた。

 

どこかで見覚えがあると思ったら、彼女が写真で見せてくれた、愛人のおっさんであった。

続けざま、驚きの言葉が飛んできた。

「俺の婚約者に手を出して、どうなるか分かってんのか?」

 

つまり、彼女の愛人というのは、結婚するかもしれない彼氏だったのだ。

見るからに60代後半なのもあって、まさか本気で付き合っているとは思わなかった。

 

そのまま僕はマンションから叩き出され、ふらふらしていたら、危うくぞろ目ナンバーのセルシオにひき殺されそうになった。

「二度と俺の女に近寄るな。お前の人生変わるぞ」

殺意に満ちたおっさんが、車内から釘を刺してきた。

 

最低な時間である。

でも共依存を終わらせる最高のきっかけだ。

 

混乱状態であったものの僕は、奴がタバコを買いに行った隙を突き、彼女の手を掴んで逃げ出した。

そのままタクシーに乗り込んで、ラブホテル一直線にアクセルを吹かしてもらった。

 

そして、ダブルベッドで仰向けになりながら、ガチなトーンで別れ話を切り出した。

彼女のスマホを引っ掴んで、僕のLINEデータをブロックした。

すると、耳が痛くなるほど泣き叫び始めた。

 

マジでこいつが嫌い。

心の中でそう唱えながら、なぜか僕も涙が止まらなくなった。

 

この世から消えてくれ。

そう願いながらも、彼女がめちゃくちゃ愛しい存在に思えてきて嗚咽してしまった。

 

すなわち愛憎半ば――愛と憎しみが入り交じる、共依存の最も危険なゾーンに突入していたのだ。

 

太宰治など、心中自殺する人間の気持ちが分かった。

一生隣にいて欲しいほど大好きで、ぶっ殺したいほど大嫌い。

そんな異常心理になっていたからだ。

 

でも僕たちは、ギリギリのところで、踏みとどまることが出来た。

翌朝、お互いに吹っ切れた顔で解散した。

 

それから数日後、「最後に渡したい物がある」と言われて、十分だけ会った。

爽やかな心持ちで、笑顔のあるサヨナラをした。

 

彼女は、「いつか小さな花屋でアルバイトをして、ちょっとずつ生活保護から抜け出せるように頑張りたい」と嬉しそうに語っていた。

 

僕の人生ではじめて出来た彼女だったからこそ、行く道は違えど、素敵な幸せに巡り会ってほしいなーと心から願った。

これが本当に最後であった。

The following two tabs change content below.
ピピピピピ

ピピピピピ

リボ払い借金120万円。Fラン大学除籍処分の高卒、職歴なし、免許なし、資格なし、彼女なし。ここ数年、親の経営コンサル会社にて社内ニート(職場でゲーム・映画視聴など)をしていたが、事業縮小に伴い、30歳にして自活せざるを得なくなった。えぐい手数料の借金を自力返済しながら、YouTubeやブログにて、自分の壊れた人生をそのままに投稿している。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ