読み込み中

美容外科看護師の働き方と転職のウソ・ホント。転職サイトを使えば給料が上がるという謎について

美容外科看護師の働き方と転職のウソ・ホント。転職サイトを使えば給料が上がるという謎について

「美容外科の看護師って、どんな感じですか?」

私が元美容外科の看護師であるという理由から、上記のような相談をよく持ちかけられる。

日勤のみ

高給取り

整形し放題

なんだかキラキラしていて、花形なイメージもある『美容外科』

今回はそんなイメージを持たれがちな、美容外科に転職して感じたことを、よくある質問を交えながら、赤裸々に綴っていこうと思う。

 

 

美容外科にも種類がある

美容外科とひとことに言っても、その種類は様々。

皮膚科、外科、腸内洗浄に点滴内科。

まずは自分がどの分野のクリニックに行きたいのかを、考える必要がある。

 

オペにつきたいのか、もしもそうであるならば、どのようなオペにつきたいのか。

皮膚科でレーザー治療に挑戦したいのか、はたまたただおぼろげに、楽に外来で日勤をしたいというだけなのか。

 

クリニックによって業務内容も忙しさも違うし、同じ外科でも特色があったりするので、扱う症例に偏りが出る。

「豊胸を扱いたい!」と意気込んで入ったのに、実際には明けても暮れても埋没法なんてのもよくある話なのである。

 

まずはどうして美容外科で働きたいのかをよく考え、自分が望んでいる項目の優先順位を決め、

それに沿って、選択肢を狭めて行くべきなのだ。

 

看護師が請け負う業務内容の幅も、要チェック

さて、これはクリニック全般に言えることであるが、小さなクリニックであればあるほど、

とにかく人員を抑えたいというのが、あちら様の事情である。

 

クリニックによるが、美容外科を動かすには、以下の役割を持った人員が必要となってくる。

  • 医師
  • 看護師
  • 看護助手
  • 受付
  • カウンセラー

実際に患者様が予約をされたと仮定して、それぞれの役割がどのような動きをするのか、書き出してみる。(外科でのケース)

 

1、患者様がネットから予約。予約内容を電話で確認、スケジュールを組み、カルテを作成する(受付)

2、当日来院。カルテと本人の照合、誘導(受付)

3、カウンセラーが本人と面談。希望をお聞きし、おすすめする施述の説明等を行い、メニューを決定(カウンセラー)

4、患者様の面談。メニューの最終決定(医師)

4、カウンセラーと医師から伝えられた内容の価格を確認、ドクターのスケジュールをチェックし、オペの日時を決定させる(受付)

5、オペが決定した患者様の聞き取り(既往歴やアレルギー等)、検査(バイタルや採血等)を行い、ダウンタイムなどの具体的な説明を行う看護師】

看護師が聞き取りをしている間に、オペ室の準備に取り掛かる。(オペや医師によってベッドの状態や布かけ、使う機器が異なるため)(看護助手)

6、聞き取りや検査結果を医師に申し送りしてから、機械出し。スケジュールの合わせて実際に患者様を部屋に誘導し、機械消毒や布かけ看護師】

7、オペをする(医師、【看護師】

8、オペ後の患者様の消毒、状態観察、ケア看護師】

9、術後の簡易チェック(医師)

10、オペ終了した患者様の会計、次回予約、お見送り(受付)

さて、ざっとこういった流れになっているわけだが、これが人員の少ない病院だと、こうなる。

1、患者様がネットから予約。予約内容を電話で確認、スケジュールを組み、カルテを作成する看護師】

2、当日来院。カルテと本人の照合、誘導看護師】

3、カウンセラーが本人と面談。希望をお聞きし、おすすめする施述の説明等を行い、メニューを決定看護師】

4、患者様の面談。メニューの最終決定(医師)

4、カウンセラーと医師から伝えられた内容の価格を確認、ドクターのスケジュールをチェックし、オペの日時を決定させる看護師】

5、オペが決定した患者様の聞き取り(既往歴やアレルギー等)、検査(バイタルや採血等)を行い、ダウンタイムなどの具体的な説明を行う看護師】

看護師が聞き取りをしている間に、オペ室の準備に取り掛かる。(オペや医師によってベッドの状態や布かけ、使う機器が異なるため)看護師】

6、聞き取りや検査結果を医師に申し送りしてから、機械出し。スケジュールの合わせて実際に患者様を部屋に誘導し、機械消毒や布かけ看護師】

7、オペをする(医師、【看護師】

8、オペ後の患者様の消毒、状態観察、ケア看護師】

9、術後の簡易チェック(医師)

10、オペ終了した患者様の会計、次回予約、お見送り看護師】

見てわかる通り、ほとんど全ての業務を看護師が兼任して行うことになるわけである。

こういったパターンはとくに小さな美容皮膚科で見られるもので、実は珍しくもなんともない。

 

しかし一般的な病院に勤めていた看護師からすると、「え、それって看護師の仕事じゃないよね?」なんて部分をたくさん押し付けられる状況になるので、

それでストレスを感じる人も、少なくはないわけである。

 

それもそのはず。

受付とカウンセラーと看護師の兼任。

一見少し雑務が増えただけのように思えるが、実際はそんなに甘い話ではない。請け負うのは業務だけではなく、「責任」も込みなのである。

 

受付とカウンセラーが本来請け負っていた責任や目標を、看護師が背負うことになるというのは、恐ろしく大変なことだ。

例えばメニューの期間限定キャンペーンとその宣伝についてを企画して、売り上げ目標を立てるとか(毎朝朝礼で売り上げ目標についてミーティング)

銀行にお金を取りに行くとか、金庫を管理するとか……。

はたまたカウンセラーによくあるノルマが、看護師にも課せられて、セールストークを磨く必要が出てくるとか。

ただでさえ医療ミスがないようにと気を張っている状態に、看護師以外の業務が紛れ込むというのは、それはもうてんやわんや。慣れるまでは、結構きついわけである。

 

勿論そういった、一般科では経験できない業務に楽しさを見出す人もいるわけだから、これは人によるとしか言えないのだが、

「看護師業務に専念したい!ノルマなんて真っ平御免!」という強い意思がある方は、はじめから看護師がどこまでを任せられるのか、しっかり確認する必要がある。

 

美容外科って、美人じゃないと採用してもらえないの?

これもよくある質問なのだが、先に答えを言ってしまえば、美人でなくても採用される可能性はある。

というのもクリニックによって求められる容姿も違ってきていて、「○○クリニックはギャルしか受からない」「○○クリニックは清楚系」と、

それぞれのドクターの好みや特色で、採用にも偏りが出るというのは、鉄板のあるあるネタなのである。

 

しかし実際は顔の作りなんて入社後に変えられるわけだから、

「ブスだから受からない」というのは、限られたクリニックだけではないかと感じる。

そんなことよりも、本当にシビアに見られているなと感じるのは、体型と、肌が綺麗かどうか、そしてパッと見たときの清潔感。

(何度もいうがクリニックによる)

 

因みにうちのクリニックではなによりも優しそうな顔であるかどうか、化粧が濃すぎないかどうか、清潔感があるかどうかをチェックされ、

「入社後に太ったり、過度な日焼けをした場合は、クビにするからね」なんてのを、堂々と言われるような環境だった。

 

ジェルネイルは必須(看護師なのに)、パールのピアスかネックレスも必須。

ニキビができれば嫌味を言われ、化粧をサボれば呼び出しをくらった。

休憩室には女性誌が大量に並べられ、みんながサラダチキンを頬張っている。

 

採用時は勿論であるが、ある程度美意識が高い人でないと窮屈であるというのが、本当のところだろう。

 

臨床経験って、どれくらい求められる?

次に多い質問が、「臨床経験って、どれくらい必要なの?」というものだ。

具体的には二年以上と定められているところが多いが、私の見解は少しだけ違っていて、とにかく最低限、「看護師の目を持ってからの転職」というのをおすすめしている。

 

クリニックには、絶対に暇になる時間というものが、存在しない。

病棟だと、ある程度の人員を確保しているうえ、だいたい「いつも手が空く時間」というのが存在する。

例えば昼食後、夕食までの時間だとか、深夜勤の、皆んなが寝静まったあとだとか。

 

だからこそ、新人を雇ったときには、きちんと担当者をつけ、暇な時間に指導をする。という、余裕があるわけである。

だけどクリニックは、そうはいかない。

将来動ける人材を育てたいというよりは、「今」使える人材を欲しがっているわけである。

少ない人数をそれぞれ有効的に稼働させなくてはいけないわけだから、新人に付きっ切りで教育なんて、よほど大きなクリニックでしか、ありえない。

入社日当日に、「ちょっと点滴打ってきて」「ちょっと回復状況見てきて」なんていう、看護師として当たり前の視点や技術が求めれるのが、当たり前。

採用側がほしいのは、「ただの人」ではなく、「看護師」なわけである。

 

そのうえ、点滴や注射には、どこの科よりも気を使うし、技術力を求められる。

芸能人やモデルも数多く来院されるうえ、患者様は皆、「美」を追求する女性たち。

白くて細い腕に、注射の失敗で内出血を作っただけで大激怒のクレーム事件に発展してしまうわけだから、なによりも大変である。

一般科での臨床経験なんて、美容とは関係がないから…。と、思ってしまいがちではあるが、そうではない。

看護って、全ての分野同士が、繋がっているのである。

 

点滴の刺入部を見て、モニターを見て、患者さんの術部や顔色を見て。「あれ?おかしいな」と思える感覚。あれも、最初からあるわけではなく「経験」から身につくもの。

勤務したてって、厳密にはまだ「看護師」ではないんですよね。プロの目を持っていない。卒業して、少しづつ「看護師」になっていく。

自分のためにも、患者さんのためにも。自分に自信が持てるだけの一定期間、病棟で修行を重ね、しっかりと「看護師」になってから。「看護師としての目」を身につけてから。

美容外科への転職を考えるのが、ベストではなかろうか。

 

美容外科での試用期間はとにかく勉強。なかなか本採用が決まらないのも特徴のひとつ。

さて、やっと面接を受かったところでやてくるのがこの「試用期間」である。

一般企業だといつの間にか終わっていることもある、形だけのものだと思いがちなじこの試用期間。

美容外科では、少し違った印象を持たねばならない。

 

私のいたクリニックでは入社直後に半年分の課題を課せられ、

「このテストを全て合格しない限り、本採用にはなりません。あまりにも時間がかかった場合は、内定を取り消します」と、忠告された。

 

そしてこの課題というのが、莫大な量なのである。

オペの器具の名前は勿論のこと、オペ室に関する用語は全て暗号。

オペごとの部屋の作り方や器具を出す順番はドクターによってもそれぞれ違い、その全てを暗記しなくてはならない。

 

よく映画で「メス」と言われてから、メスをパシっと手渡すシーンがあると思うが、

あんなことをしたら大失態。怖いドクターに当たれば、機械を投げつけられることもある。

 

実際は全ての順番とオペの流れを把握して、ドクターに指示を受ける前に必要な器具を手渡さなければ遅すぎるわけで、

ドクターに指示を繰り返されるなんていうのは、介助ができていないと見られ、お説教を喰らうわけである。

 

それからもうひとつ。

来院される患者様は、美のプロフェッショナルだ。そのへんの美容垢なんかよりも、莫大な情報を調べ上げてきている。

「これってあれと何が違うの?」なんて質問に答えられなければ、たちまち怪訝な顔をされる。

最新の美容情報、日々更新される病院のメニュー。その全てを把握して、にこやかにお教えしなくてはならない。

 

だから入社後は、とにかく毎日勉強、暗記、そしてテスト。

オペの流れを丸暗記して先輩に読み聞かせ、実際にオペについて流れをおさらい。

 

私のクリニックでは半年間で6割のオペに「一人前シール」を貼られなければ、本採用にしてもらえなかった。

そして本採用にならない間は、バッチをもらえない。

 

新人の中でもデキが良い子はバッチを付けてバリバリ仕事をこなすし、デキの悪い子は、名無しのごんべで毎日徹夜。

 

「内定が決まったからもう大丈夫」という安心感がなく、本採用になるまでは胃をキリキリと痛めつけなければならないのも、

美容外科の特徴かもしれない。(クリニックによる)

 

美容外科で勤めると無料で整形し放題って本当?

これは半分嘘で半分本当だという答えが正しいと思うのだが、私にとって美容外科で働く最大のメリットって、ここではないのかな?と思っている。

無料で受けられるかはクリニックによるとはいえ、半額以下の職員割引で整形ができるのは当たり前だし、何よりもお給料の他に「美容代」の支給があったり、

「ダウンタイム休暇」といって、有給以外に整形のために休みをとれる制度もあった。(あくまで私のいたクリニック)

 

なによりも魅力的なのは、職員全員が整形肯定派だということだ。

ほとんどのスタッフが整形をしているから、一般企業のようにいちいち「え、整形?」なんて怪訝な目で見られて噂をたてられたりもしないし、

新しい口紅を褒めるようなテンションで「プロテーゼ入れたの?いいなー。可愛いー。私も入れようかなー」なんて会話が、当然のように繰り広げられている。

整形後で多少腫れた目で出勤しても、誰も不思議に思わないし、整形をして綺麗になるのにもってこいな職場なんて、美容外科くらいだと思う。

 

ただしこれが裏目になるケースもあり、例えば私は結局どこも整形しなかったのだが、そこに文句を言われることもあった。

「考える時に眉間に皺よってるの、あなただけよ!まだボトックス打ってないの!?」ってな具合である。

 

良い意味でも悪い意味でも感覚が他とは違うので、そこを理解して就職するというのが、一番かもしれない。

 

 

給料は高いの?休みは?

これには単刀直入に答えるが、給料は高いし休みは多い。

私のいたクリニックでは基本給だけで、手取りが30万越え。(日勤のみ)

これにインセンティブがつくので、繁忙期には50万を越えたこともある。

休みは週に2〜3回。残業もほとんどなく、あってもしっかり給料が出るので、そこだけみれば、かなりホワイトだ。

 

女性が多いというだけあって、様々な制度も充実していて、

例えば「結婚休暇」「新婚旅行休暇」「ダウンタイム休暇」「バカンス休暇」なんてのもあった。

先程も書いたが、「美容代」を支給してもらえたり、土地によっては、外国語を学ぶためのお金を支給してもらえるクリニックもある。

 

ただし、美容外科には美意識が高いスタッフが多いがゆえ、美容面にはかなり気を使うはめになる。

二週間に一度の美容院、マツエク、ネイル、エステは勿論のこと、腸内洗浄や美容治療に誘われることも多く、出費がかさむ。

 

髪の毛プリンで出勤なんてできる雰囲気ではないし、ネイルは伸びるとオペ中に手袋が破けて大惨事になったりもするので、

「まあいっか」と放置しておくわけにも行かず、様々な美容系の施術を定期的に受け続けなくてはならなくなるのだ。

これが総額となると、月でも結構な額になる。給料は高いが、それだけ支出も多いよ、ということだ。

 

あ、それからこれは余談だが、私が美容外科で勤めていた頃は、同僚や先輩との女子会がしょっちゅうあり、

しかもそのほとんどが高級なレストランで取り行われるため、財布が地味に痛かった。

 

なぜか高級志向な女性が多かったため、「そのうち破産するよ」なんて思っていたが、

みんな漏れなく美人なので、私の心配をよそに、玉の輿に乗って退職していった。悔しい。

 

離職率って、実際どうなの?

これだけ条件の良い美容外科に対して、まことしやかに囁かれている噂。

それは、「離職率が異常に高い」というものである。

さて、これにも単刀直入に答えるが、答えは本当である。

 

美容外科って、とにかく人が続かない。

実際問題、私が現場を退いてから数年のうちに、私がいた頃のメンバーは立場問わずに全員退職し、

今勤めていたクリニックに出向いたところで、知り合いなんて、一人もいない。

 

理由にはいろいろあると思うが、

 

「想像よりも勉強が大変」という理由で、半数以上が入社直後に逃げ出し、

そのあとドクターや同僚、先輩との人間関係に悩んだ一定数が、逃げ出し、

そしてしばらく勤めたあと、一定の層が必ず、「こんなの看護師の仕事じゃない。看護師に戻りたい」と、一般科に転職する。

 

この中で一番気になるのが「人間関係」だと思うが、これは美容外科に限らず、クリニックで勤めると、ある程度は仕方ない話かな、とは思う。

狭い空間に毎日決まったメンバーが長時間拘束されるため、「合わない人」が出現すると、かなりストレスフルな状態になるわけである。

 

ただ相乗効果として、

美容外科ナースって、性格がきつい人が多いので(私の経験上)、陰湿ないじめや激しい摩擦が起こりやすいというのも、あるとは思う。

 

これは看護師全般にも言えることだが、結局は気が強くなければ続かない。これは、美容外科に限らず……。ってところかな。

 

美容外科の選び方

さて、ここまで読んでもまだ「美容外科に就職したい!」という強い希望を持つ貴女は、

「結局、どこのクリニックに面接に行けば良いの?」って疑問にたどり着くと思う。

 

その質問に答えるのは、難しい。というか、私には、不可能である。

 

なぜなら、日本には美容外科が五万とあるうえ、私自身が、その全てを把握していないからである。

 

上にも書いた通り、クリニックによって採用基準は異なるし、業務内容にだって、差がある。

勿論、働いているスタッフのカラーやドクターの性格だって違うわけだから、一概に「このクリニックは働きやすいよ」なんて、

無責任には言えないのである。

 

転職にはただでさえストレスがかかるうえ、貴女が転職先に何を求めるか、その希望に合ったクリニックが存在するのかというのを、精査しなければならない。

クリニックを見つけ、評判を調べ、履歴書を書き、面接に行く。

看護師として働きながらそれらの作業を行うのは結構な労力で、そのストレスを避けたいが故に「まあ、いっか」と、転職を踏みとどまるケースも多いのだ。

 

しかも、実際には求人誌に出ている文面だけで読み取れる情報なんて、限られている。

私たちが本当に知りたいのは、その向こう側。

嫌なスタッフがいないか、実際に有給が消化できる雰囲気なのか、整形はやり放題なのか?

面接では何を聞かれて、何が求められるのか。そういった、細かい内情なのである。

 

頼るべきは看護師転職サイト。

さて、ここからは宣伝のようになってしまうが、今回はガチのおすすめで、お金も一切かからないので、耳をかっぽじってよく聞いてほしい。

転職するなら、絶対に転職サイトを使うこと。

私もかれこれ2度の転職をしているが、(精神科→美容外科→保育園)そのいずれも、転職サイトを使用している。

 

これは大きな声で言いたいのだが、転職サイトを使うデメリットって、ほとんどない。

あるとすれば、登録後の最初の電話がやたらとすぐにかかってきてちょっと怖いというのと、

悪い担当者にあたると、向こう側の利益になりやすい転職先(彼らは私達の転職が決まると病院側から報酬をもらえるので、その報酬が高いところをすすめるケースがあるらしい)を

やたらとすすめられてウザいということくらい。

 

といっても、私は2度ともそんな担当者にあたることもなく、その当時の担当者とはいまだに付き合いがあるくらい、

めちゃくちゃ感謝しているということを付け足しておく。

 

転職サイトに登録すると、貴女専用の担当者をつけてもらえることになる。

転職先探し、面接先へのアポ、スケジュール調整。全て、その担当者が間に入って仲介してくれる。

 

履歴書の作成の相談にも乗ってもらえて、面接にも同行してもらえるため、

「何を聞かれるか分からなくて不安」といった状況にもなりにくい。

 

転職サイトにはメリットだらけ。

転職サイトを使うメリットとして一番にあげられるのは、求人誌にない内情を教えてもらえるという点だ。

「このクリニックはドクターの趣味でギャルしか取らないです。このクリニックは、肌が綺麗であれば容姿の基準はクリアです」といった細かい採用基準から、

「ここのナース陣は仲が良いですが、合コンと飲み会がやたらと多い体育会系なので、向かない人はいるかもしれません」

「ここにはお局で怖いナースがいますが、他の先輩は良い方なので、担当をその人にしないように促すこともできますよ」という細かい人間関係の情報。(実はこれが嬉しい)

そういった「内部に知り合いがいなければ聞けない」情報を聞けるというのが、大きな大きなメリットだ。

 

それから大切なポイントとして、「聞ける」の反対に「言える」というメリットもある。

転職サイトに登録すると、だいたいは入社後もしばらくアフターケアサービスがついてくる。

これが意外にも、ありがたいのである。

 

「残業代が出ると聞いたのに出ない」「面接時に説明を受けていない業務を任せられる」

 

入社直後って、そういった大事なことですら、上司には声をあげにくい雰囲気にある。

そこで生きてくるのが、転職サイトの担当者だ。第三者を通すと、言えないことも伝えやすい。

第三者の目が入っていることで、改善されるのも、早いのである。

 

あ、それから……。求人情報によく「初任給26万〜(経験を考慮)」なんていう給料の書き方をしているのに、

経験なんて全く考慮されるそぶりもなく、当たり前のように26万円スタートなんてのは、よくある話だと思う。

あれって明確な基準がないからこちらからも訪ねにくいし、「まあいっか」って諦めてしまいがちなのだが、

転職サイトを使うと、だいたいが最低額よりもプラスされた、ちゃんと「経験が考慮された給料」になる。

お金のことって、言い出しにくい雰囲気があるので、そこをズバズバと言ってくれる誰かがそばにいるって、結構頼もしいのだ。

 

美容外科に転職するなら、「美容外科専門」の転職サイトに登録すべき

「転職サイトって言っても、いっぱいあって分からない」という方におすすめしたいのが、

「美容外科専門」の転職サイトである。

 

ご相談はこちら

 

数多くある看護師転職サイトの中でも、ずば抜けて美容系の求人数が多く、尚且つアドバイザーが美容外科に精通しているのが、「美容外科専門」と唄っている転職サイトであることは、間違いない。

 

実は私、美容外科に転職をする際、「通常の看護師転職サイト」に登録したという過去がある。

しかし、担当になったアドバイザーが美容分野のクリニックにはさほど詳しくなく、「美容外科よりも、透析はどうですか?楽ですよ!日勤だけなら透析クリニックに!」と、頼んでもいないクリニックを押し付けてきたので、丁重にお断りしたのち、「美容外科専門」の看護師転職サイトに登録しなおした。

 

結果、3つ程のクリニックを比較しながら紹介してもらい、実際に見学。

一番自分に向いていそうなクリニックを選択し、無事、転職をすることができた。

 

転職を考える貴女へ

美容外科に限らず、転職を考える貴女へ。

 

貴女が今の会社を辞めたい理由って、なんですか?

 

何か苦しい事情から抜け出したくて悩んでいるという切羽詰まった理由かもしれないし、

反対に、新たな世界に飛び込んでみたい!という、希望に満ちた理由かもしれない。

 

どんな理由かは分からないけれど、どんな理由であれ、

貴女が踏み出す一歩は、間違いなく、貴女の人生をよくする。

だから、自信を持ってほしい。

 

職場で嫌なことがあった時、私達はいつも、自分の悪いところを探し出そうとする。

いじめられるのも、うまくいかないのも、自分のせいだと考えてしまいがちだ。

 

だけど、そうじゃないケースだって、たくさんある。

もしかすると、いまいるその場所は、貴女がたまたま輝けない場所なのかもしれない。

気づかなかっただけで、苦手なことを、無理して続けてしまっているのかもしれない。

だから、うまくいかないのかも。

理由は、「貴女」以外にある可能性だって、十分にあるのだ。

 

もしもそうだとしたら。

 

貴女が一歩踏み出すことで、きっと世界は変わる。

貴女の輝ける場所が、見つかるかもしれない。

だから自分の選択に、自信を持って欲しい。

 

たった一回の人生だから、仕事なんて何回辞めたって、何回選びなおしたって良い。

貴女の人生は、貴女のために生きてほしい。

 

美容外科、確かに大変なことも多いし、苦しいこともたくさんあった。

だけど、辞めた今でもキラキラしたあの場所で働いていた自分を思い出しては、誇りに思う。

だから、「働きたいな」って思う貴女は、正しい選択をして、失敗のない、素敵な転職をしてほしい。

 

そのためにも、「看護師転職サイト」、使ってみる価値あるかもね。

 

yuzuka

The following two tabs change content below.

yuzuka

編集長。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ