美容

アンチエイジング化粧品を使用してもシミやソバカスが消えない!そんな時に確認したい事について

何歳になったとしても、「美しさ」は追い求めたいものですよね。

ところが困ったことに、年齢を重ねるごとに、シミやソバカスなどの肌トラブルは増えていくばかりです。

 

なのでアンチエイジング用の化粧品などを使い、改善を試みる方は多いのではないでしょうか。

しかしそのケアだけでは、新しいシミやソバカスを防ぐことは難しいかもしれません。

 

肌を美しくするには、化粧品だけに頼っていてはいけないのです。

当たり前ですが、肌もわたしたちの身体の一部ですよね。なので生活習慣等を見直すことが最も大事となります。(ダイエットでもそうですよね?サプリを飲んだだけで痩せますか?)

 

これらを見直した上で、アンチエイジング化粧品等の使用を継続すれば、美肌への近道となるはず。

 

シミやソバカスが改善されない!これらができる流れ

なんとなく言ってることはわかるけど...。理屈が分からない!という方に向け、そもそもシミやソバカスができる流れから解説します。

 

さて、肌が生まれ変わる周期(ターンオーバー)をご存知でしょうか。

おそらく28日と聞いたことがあると思います。しかしこれ、基本的には20代までの話となります。それ以降の年代では、年齢を重ねるごとに長くなる傾向があるのです。

関連記事:シミや黒ずみの原因はターンオーバーの乱れにあった?その改善法と共に紹介!

 

察しの良い方ならお分かりだと思いますが、シミやソバカスはこのターンオーバーと密接に関わっています。

わたしたちの皮膚の表面が絶えず生まれ変わってはいるものの、加齢によって生まれ変わる速度がどんどん遅くなる。その間に、メラニンを含んだ細胞が肌に定着してしまい、それがシミやソバカスとなってしまうのです。

 

例えば、20代は28日~30日前後、30代では40日前後、50代では55日前後で新しい細胞と入れ替わると言われています。

年齢を重ねるごとに肌トラブルは増えていくのに、新しい肌に生まれ変わるまでの時間が長くなる、こういった事から年齢を重ねるごとにシミやソバカスが出来やすくなるというわけです。

 

シミやソバカスができないために!注意が二つ

では、どういった事に気をつけないといけないのでしょうか。

主に、次の2つのことに注意が必要です。

  1. 古い角質を溜め込まないこと
    1. 生活習慣を改善
    2. 角質を溜め込まないためのケア(ピーリング等)
  2. シミやソバカスを薄くする作用があるビタミンC誘導体やハイドロキノン等が含まれる化粧品を使用する

上記二つが大事となります。(紫外線に当たらないことは前提としているので、今回は省いています)

ではさらに細かく見ていきましょう。

関連記事:シミやシワを消すべくできること。トレチノインとハイドロキノンについて

 

古い角質を溜めないために!周期を乱さないよう気を付ける

年齢を重ねるごとに、肌の生まれ変わりが遅くなることは残念ながら避けられません。

ただ、日々の生活習慣やライフスタイルの見直しをすることで、肌が生まれ変わる周期を整えることは可能です。

 

そうすることで肌のバリア機能が高まり、肌荒れを起こしにくくなります。

生活習慣やライフスタイルで注意したいことは、以下の11項目です。

  • 睡眠不足→眠りの質が大切。眠ってから3時間が、肌のゴールデンタイム
  • ストレス→ストレス解消法が複数あるとGOOD。意識的にリラックスする時間を作る
  • 疲労→自分にも、他人にも完璧を求め過ぎないことが大切。何でも、ほどほどに
  • 喫煙→肌の老化を早めてしまうので、美肌を目指したいなら禁煙がおすすめ
  • 過度の飲酒→過度の飲酒は肝臓だけでなく、肌にもダメージを与えるので適量を楽しむ
  • 運動不足→基礎代謝がアップすると、肌の新陳代謝もよくなる
  • 無理なダイエット→身体に必要な栄養素が不足すると、健康面や美容面にも悪影響がでてしまう
  • 食生活の乱れ(野菜不足・脂肪分の摂り過ぎ)→好きなものは多食しがち。バランスよく食べることが大切
  • 冷え性→身体を冷やさないことが大切。血行不良は、肌の代謝も低下させてしまう
  • 就寝前の飲食→就寝前に飲食することで深い眠りを妨げてしまう可能性がある。就寝の2~3時間前には飲食を済ませるのがベスト
  • 便秘→便通が整っていることは健康のバロメーターになるので、腸内環境からキレイを目指したいもの

最初から全部、完璧に100点を目指すのではなく「60~80点でもOK」と考えるようにすると、継続しやすいと思います。

日々の生活習慣を変えることは、急にはできません。少しずつ、できそうなことから始めていくようにしましょう。何ごとも「継続は力なり」ですね。

 

古い角質を溜め込まないために!適切なケアを行う

1週間~10日に1回程度、ピーリングケアというものをしてみてはいかがでしょうか。

ピーリングは「剥ぎ取る」という意味があり、これは肌の表面にある古い角質を取り除いて、透明感のある肌にしてくれるケアのことです。

関連記事:ケミカルピーリングや漢方薬。夜職で肌がボロボロになった私が実際に試した美容法

 

こちらは自宅で出来る簡易的なものから、クリニック等で行ってもらう本格的なものまで様々。

自分のお肌と相談した上で決めてみるのがいいかもしれません。

 

ちなみに、剥ぎ取ると言っても、痛い思いをするわけではないので安心してください。(ただ個人差はあります...)

ピーリングに使うピーリング剤は、日本人の肌質に合うよう、フルーツ酸が含まれた製品が多く、肌への刺激が少ないようになっています。またその種類は、ジェルやクリーム、石鹸、化粧水、美容液など、多種多様です。

その製品によって使用頻度も異なるので、そちらは説明書の指示に従ってください。

 

そしてピーリングを行うとなった際の注意点ですが、やり過ぎは絶対にダメですよ。

やり過ぎると、新しい角質や未熟なままの角質まで取り除かれてしまうので、かえって肌に大きな刺激を与えてしまうのです。

 

またピーリング後は肌のバリア機能が低下しているので、十分な保湿をするようにしてください。

紫外線の影響も受けやすい状態なので、日焼け止め+日傘や帽子で紫外線対策なども忘れないようにしましょう。

関連記事:【2020年最新版】個人的におすすめしたい飲む日焼け止め10選!(市販を含む)

 

ビタミンC誘導体やハイドロキノン等が含まれる化粧品を使う

先ほども言いましたが、化粧品はあくまでプラスアルファーです。

また即効性はありません。

 

生活週間の改善と共に、少なくても3ヶ月以上は根気よく継続して使用するようにしましょう。

関連記事:原液美容液が超優秀!その秘めたる効果やおすすめブランドを3つご紹介

 

まとめ

シミやソバカスのケアをするために、アンチエイジング化粧品を使うことは悪いことではありません。

ただ、それ以上に大切なことは、何と言っても生活週間であり、ターンオーバーの周期を整えることです。(紫外線に極力当たらないようにし、肌へのダメージを少なくするのは前提)

 

美肌は短期間では手に入りませんが、小さな良い習慣を身につければ一歩ずつ近づいていきます。

いっしょに頑張りましょう!

関連記事:シミ予防・改善の治療法8選!美容クリニックにてできるシミ治療を淡々とまとめてみた

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

peek a booでは、随時寄稿者を募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-美容
-, , , , , ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2020 All Rights Reserved Powered by takeroot.