読み込み中

子持ちママにぴったりの再婚相手を探すのに適したマッチングアプリを紹介と心構えについて

子持ちママにぴったりの再婚相手を探すのに適したマッチングアプリを紹介と心構えについて

今回のテーマは『バツイチ子持ちの女性に適したマッチングアプリ』についてです。

近年、結婚適齢期(結婚するのに適した時期)が遅くなっており、女性であれば28歳、男性であれば30歳と答える方が多いみたいです。なので、昔のように「結婚に行き遅れた女」という表現はまったくふさわしくない現状があります。

というか、この表現自体、めちゃくちゃ失礼ですよね…。

 

「仕事が落ち着いた、30代くらいで結婚したいな」と考える人も多く。

またそれに伴い、出会いの場の年齢層も勢いよく広がりを見せています。少し前だと「出会い」といえば、若い人たちの中だけで共有されており、出会い系サイトやマッチングアプリも若い人だけが登録するツールでした。

 

ただ先ほどいった通り、それらを利用する方はすでに10代20代だけでなく、私が見る限りでも、下は18歳から上であれば60代後半くらいまでは余裕で見受けられます

まさに全人類マッチング時代と言えるのです。

 

しかし、そんな晩婚化、出会いが民主化された時代であれど、すでに子どもがいる方や一度結婚をした方にとっては、新たな出会いというのは億劫になるものです。

私の友達にもいますが、「子連れでも果たして再婚が出来るのか」という不安を持っている方は多いと思います。

 

今回はそのような方に向け、バツイチ子持ちの方に適したマッチングアプリやその心構えについてご紹介します

ちなみに、ペアーズなどの一般的なマッチングアプリでももちろん構いません。ただ、比較的若い層が使うマッチングアプリでは、子持ちの方をわざと狙い、ちょっとした遊びを楽しむクソ供がいるのです。

なので、その際は注意しながら利用しましょう。

 

バツイチ子持ちの方におすすめ!再婚相手を探すのにおすすめなアプリ3選

マリッシュ

ズバリ!再婚相手を探すのにおすすめのマッチングアプリは以上の3つです。

理由を端的に言いますと、アプリ自体、婚活・再婚活をテーマにしていることと、それに伴い登録者が真剣に結婚相手を探しているからとなります。(男性陣もバツイチの方などが多い)

 

もちろんマッチングアプリとなりますため、中にはセフレや遊び相手を募集している方もいるかもしれませんが、私が調べた限りでは、その数はペアーズやタップルなどと比にならないくらい少ないです。

まあ、どこの出会いの場であっても、そういったクソは一定数おり仕方ありません。

 

さて、これらのアプリは子育てと仕事が忙しく、婚活まで気がまわらない人ほどぜひ登録をしてみてほしいです。

ちなみに女性の登録は無料(男性有料)。なので登録しておくことのデメリットはありません。

 

先ほど少し言いましたが、この3つの出会い系アプリには、バツイチ子持ちの登録者が多いです。

自分がバツイチ子持ちだから、相手もそうでないといけないわけではもちろんありません。しかし、何となく精神的に楽だと聞いたことがあるので、そういった方が多くいるアプリを紹介させていただきました。

 

口コミや体験談等を読んでいただければわかると思いますが、結構な数の方がそのまま再婚を果たしており、試す価値はあるのではないかと思いますよ。

ぜひお試しください。

 

中でもおすすめの『マリッシュ』を、もう少し詳しく

アプリをインストール

3つとも紹介していても仕方ないので、3つの中で特におすすめしたい『マリッシュ 』についてもう少し詳しく説明します。

具体的な使い方や登録方法は他のアプリと何ら変わりませんが、それを知らない方もいることでしょうし、簡易的に書いておきます。

 

マリッシュ登録手順

  1. プロフィール(基本項目)を埋める
  2. プロフィール文章を埋める
  3. 相手検索
  4. いい人がいれば「いいね」する
  5. 相手型も「いいね」してくれたらメッセージ可能
  6. 雑談やデート日決定など、二人の自由に
  7. 以上

基本的にはこんな感じ。特段変わったことはありません。

ちなみに皆さん気にされる身バレですが、「ほとんどない」と思っていただいて大丈夫だと思います。もっと言えば、フェイスブックとの連動を避けることができるので、写真等でバレるくらいしか身バレ要素がないのです。

アクセスすると、上記のような画面になるため、基本項目を入れていきます。

当たり前ですが、ウソはつかないようにしましょう。

 

そしてその後はプロフィール文章を書きます。ここが大事!

自分の思いや前提(何を目的とするのか、どういった人と出会いたいのか、など)をきちんと書くようにしてください。

 

ここさえ終わればほぼ完成です。

あとは自分の好みの人を検索し、気になれば「いいね」をしていくだけです。

 

いいねをし、相手型も「いいね」してくれるとメッセージにて連絡を取り合うことができます。

そこからはお二人のご自由に、です。

 

これが全てです。

ちなみにマリッシュに限った話ではないので、他のマッチングアプリを登録するときなどもご参考ください。(ちなみにマッチングアプリに限ってはフェイスブック登録が強制の場合もあるのでご注意ください)

 

出会い系ツールを使った上で再婚活動するときの心構え

続いて、マッチングアプリなどの出会い系ツールを使い、再婚活動するときの心構えをお伝えします。

まずはそのスタンスから。

 

興味のない方とはネット上のみで

マッチングアプリは、日常の生活の中では出会えない人と出会うことができます。

ネットから入るため、リアルにあったとき、既にお互いのことをある程度知っており、その分、婚活パーティーなどと比べてコスパよくスムーズに事が進むのです。

 

再婚を考えている方は、もちろん全てではないですが、「なるべく早く」と思われる方が多いです。なので、自分にあった人と1日でも早く巡り会うため、ネット上で「少し違うな」と思った方とは、すぐに切るようにしましょう。

当たり前ですが、違うなあと思いながらリアルに会う必要はありません。リアルであってみたら印象がガラっと変わった!ということもあるとは思いますが、極わずかだと思ってください。

ネットで違うと思ったら即切る!

 

ちなみに出会い系サイトとマッチングアプリは違うのか?

先ほど紹介したアプリを使っていくと、どこかのタイミングで他の出会い系ツールも使ってみよう!となるはずです。

自分が再婚だからといって、相手も再婚目的という人を選ぶ必要はなく、自分より若い方や一度も結婚をしたことがない人と出会ってみるのももちろんオッケー!あくまで自分が出会いたい人と出会うことおすすめします。

 

そうなってくると、ペアーズやタップルなど大手マッチングアプリを登録してみたり、昔からある出会い系サイトに登録することもあるでしょう。

 

ここらでよく聞くのが「出会い系サイト」と「マッチングアプリ」はどう違うのですか、という事です。

結論から言えば、どちらも同じと思ってください。

 

昔からある「出会い系サイト」が今風に進化をし、「マッチングアプリ」に変わったのだと思っていただいて構いません。

ただその分、出会い系サイトには抵抗感があり、マッチングアプリにはそういった抵抗感がない、という方は実に多く、登録している方も例えば援交目的や遊び目的といった方が多いです。

なので再婚をしたいから出会い系サイトに登録する、というのはあまりおすすめしません

 

ナンパ目的の輩は絶対にいる

以上のことを言っておいて何ですが、もちろんアプリにも複数ナンパ目的、一夜限りの関係を希望する方がいます

プロフィールには結婚希望と書いておきながら、実際あってみると「そういうことだった」という人も少なくないので、十分の警戒のもと、出会うようにしましょうね。

 

出会いは早い者勝ち!自らアピールするべし

再婚に限った話ではありませんが、そもそも出会いというのは早いもの勝ちです。

マッチングアプリが怪しいから、とりあえず登録をし、しばらく何もしないという方は多いですが、もしかしたらそれは損をしているかもしれません。

 

即座にプロフィールを作成し、相手に対する希望項目をチェックしておくだけでも相手側からアプローチがくるかもしれません。なのでとにかく自分のプロフィールは充実させておきましょう

そして大事なのは、「結婚が目的」ときちんと書いておくことです。重たいと思われたくないがばかりに、こういった文言を避ける方はいますが、あなたが結婚目的ならば、「まだ結婚は…」なんて思っている人と出会っても意味ないでしょう。

後々のトラブルに繋がるかもしれませんし、自分が何を目的に登録しているのかはきちんと書くべきです。

 

まとめ:再婚するためのツールは揃っている!あとは『あなた』次第

今回紹介したように、再婚するためのツールはこの世にはすでに揃っています。

なのであとは『あなた』が動くだけ!あなた次第です。

 

もちろん無理して再婚する必要性は皆無なので、別にしたくない…という人に無理やりマッチングアプリをおすすめしているわけではありませんよ。あくまで再婚したい!と考える人へ言っています。

再婚を考える人は一度、今回紹介したアプリ等、使ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

今回は、peek a booに寄稿していただいた記事です。peek a booでは寄稿者は募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

あなたの意見を聞かせて

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)