読み込み中

看護師新人時代に1番辛かったのは〇〇だった…。エピソード紹介!!

看護師新人時代に1番辛かったのは〇〇だった…。エピソード紹介!!

新人には「新人にしかできないこと」があるから大丈夫!

先輩も新人の進行状況によって指導が変わるし、新人も同期の中で進行状況が遅いと焦るし、申し訳なさがあります。

私は新人と新人教育の先輩を両方経験し、新人には新人の辛さ、先輩には先輩の辛さがあるのだと感じました。

  • 新人新しい環境に慣れるのが大変、新社会人何もかもが新しい学び、覚えることがたくさん、人間関係を1から構築、気疲れが半端じゃない
  • 先輩業務に加えて新人指導、初めての新人教育で手探り、新人のミスは自分のミスなので責任が重い、伸びる残業、自分の仕事も終わらないのに新人を早く帰らせなければならない

それぞれがそれぞれの立場で大変だなぁと感じました。新人看護師時代は誰もが平等に通る道です。

 

今、新人時代の「役に立たなくて申し訳ない」と感じていた私に声をかけるとしたら「新人には新人にしかできないこともあるから大丈夫だよ。」と言う励ましの言葉です。

仕事がめちゃくちゃできて、患者さんや医師の信頼も厚くて、知識豊富な先輩にないもの、それは「新人らしさ」です。

 

できないなりに頑張って奮闘している姿は患者さんや家族の励みになりますし、先輩看護師から見ても「素敵だな」と思います。

つい仕事の慣れからテンプレートのようになってしまう検査の説明も、新人の子が一生懸命丁寧に説明して患者さん不安を取り除こうとしている姿に「時間かけすぎかな。時間配分気をつけよう」と声をかけることはあっても、その新人らしい姿はとても素敵です。

そう伝えるようにしています。

 

実際に患者さんからも実習生や新人の子が担当すると「なんか一生懸命で、俺が勇気もらっちゃったよ。」なんて声を聞くこともしばしばあります。

どんなに仕事ができる先輩も師長さんも誰もが通ってきた「新人」という道。

 

中には新人時代が遠い昔になっちゃって、忘れちゃったのか、新人を潰すようなとても厳しいことだけをいう先輩もいるかもしれない。

けれども、そうじゃない先輩も、温かく見守ってくれている先輩も絶対にいるので、そっちに耳を傾けてくれたらいいなと思います。

1 2 3
The following two tabs change content below.
yuna

yuna

#フリーランス看護師(保健師)#ダンサー 3歳からバレエ、踊り歴14年。東京の急性期大学病院(外科)過労で心身共に壊し退職。生活習慣を1から見直して復活。自分の健康と生き甲斐を守りながら働くことにしました。看護師+αを目指し、看護師の働き方を広げます。札幌⇄東京

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)