読み込み中

夫婦は恋愛したことなくてもいいんじゃないか

夫婦は恋愛したことなくてもいいんじゃないか

別にいいじゃん。

それが私の口癖だ。実際に声に出して言うことは意外と少ないのだけど、だいたいのことには「別にいいじゃん」と思う。

 

別に、「すべてのものごとに対して肯定的でありたい!」といった前向きな気持ちではなく、斜に構えたいわけでもない。

生まれながらの覇気のなさと、「他人の人生をジャッジしない」という矜持があいまった結果、だいたいのものごとに対して「別にいいじゃん」と思うようになった。

 

そんな私に「恋愛コラムを連載しませんか?」とのお話がきた。

申し遅れたけど、私は駆け出しのフリーライターだ。

二つ返事で引き受けたものの、私は恋愛への関心が高いタイプではない。決して恋愛が嫌いなわけではないのだけど、なんていうか、詳しくないのだ。

 

たとえば。

「私、なんで彼氏できないんですかね?」

「○○ちゃんは隙がないから~。もっと隙を作らないと」

みたいな会話を聞くと、

「……隙って何? そんな概念、みんなどこで習うの?」

と途方に暮れる。

 

この連載では、そんな恋愛偏差値低めの私が(主に他人の)恋愛について語ってみようと思う。

否定も肯定もせず、無責任に「別にいいじゃん」と言いながら。

 

お見合いは効率が良いのだ!と、プレゼンする後輩

「もう、お見合いでもいいかなって」

ハイボールを飲みながらフチコが言う。

その夜、私とフチコとうっちーは下北沢の焼き鳥屋で飲んでいた。

 

彼女たちは、私が昨年まで働いていた北アルプスの山小屋の後輩だ(突然出てきた山小屋というワードに驚かれた方もいるかもしれないが、本題から逸れるのであえて触れずにおく)。

フチコは私より少し年下の会社員で、うっちーは少し年上の看護師。ふたりとも3年前の夏だけ働いていたスタッフで、当時は先輩・後輩の間柄だったけど、今は友人として仲良くしている。

以前から結婚願望が強かったフチコは、恋人と別れたことでいよいよ婚活に本腰を入れることにしたらしい。

 

そこでまずは「出会い方」を見直すと言う。

「もう32だし、最短で結婚したいんですよ。もし友達の紹介や合コンで彼氏ができたとしても、相手に結婚願望なかったら待たされるじゃないですか。それなら、すでに結婚願望のある男性と出会うのが効率的だと思うんです」

フチコは大手企業から(山小屋でのリフレッシュを挟んで)ITベンチャーに転職しただけあって、効率的という言葉が板についている。

 

たしかに、彼女の論には納得だ。

同じ目的を持たないパートナーを説得するよりも、はじめから同じ目的を持つ人間をパートナーにしたほうが、目的達成までの期間は短いだろう。やりたくない奴を誘うより、やりたい奴を誘ったほうが早い。それは、結婚であれ起業であれM-1出場であれ、同じことだと思う。

「それにはやっぱり、お見合いかと」

結婚相談所はコスパが悪く、婚活パーティーや婚活アプリは稀に既婚者が紛れ込んでいるリスクがあるそうだ。身分証明が免許証でOKのところは危ないらしい。

 

その点、知り合いが持ってくるお見合い話は仲介手数料がかからず、仲介者の知人なので相手の身元もはっきりしているという。

……と熱弁するフチコの元には最近、友人のお母さんからお見合い話が持ち込まれたそうだ。

「それって、会ってみて気に入らなかったら断っていいの?」

「そりゃあそうですよ。政略結婚でもないし」

「いいじゃん、会ってみなよ!」

私は無責任にけしかける。フチコが結婚を望むなら、私はそれを応援したい。

 

私は5年前に結婚したのだけど、実はずっと「結婚しなくても別にいいじゃん」と思っていた。交際6年目のとき、結婚したほうがお互いにメリットがある状況が生じたので籍を入れた。

だから、フチコのように「結婚したい!」と思ったことはあまりない。

 

だけどまぁ、それはあくまで私の場合。

彼女が結婚を目的とするなら、「結婚しなくても別にいいじゃん」ではなく、背中を押したいと思うのだ。

 

必ずしも「恋愛からの結婚」じゃなくてもいいのでは?

「えー、でも、お見合いで出会った人と恋できるかなぁ?」とうっちー。

彼女は婚活していないものの、彼氏は欲しいらしい。好きな人と恋人同士になって、少しずつ愛を育ててやがて結婚へ……というのが理想だと言う。

まぁ、たしかに理想的だ。うっちーと同じ理想を持つ人は多いだろう。

 

だけど。

「恋愛しなくても、結婚は可能だと思うよ」

「えー?」

「夫婦って人生のために結成するプロジェクトチームみたいなもんだから、恋愛が前提になくても別にいいじゃん」

もちろん、恋愛相手と結婚することを否定しているわけではない。

 

恋愛相手と結婚するのも良い。

しかし、「必ずしもそうじゃなきゃいけない」なんてことはないと思うのだ。

 

パートナーとしての相性さえ合えば、恋人だけじゃなく、友人や他人と結婚しても幸せになれるのではないだろうか?

私は、夫に対して恋愛感情はない。決して愛していないわけでも、「長く一緒にいるから冷めた」というわけでもない。

 

私は彼がとても好きだけど、出会ったときから一貫して、それが恋ではないような気がしている。

だけど、出会ってからの10年以上、私たちは「チーム」だ。お互いの人生に困難が生じると作戦会議を開くし、チームとしての結束は固い。

そこに恋愛がなくても、関係性は成立しているのだ。

 

すぐにジャッジしないでさ、何回か会ってみればいいかもよ

「結婚相手との間に恋愛があってもいいし、なくてもいいんじゃない?」

そう言うと、うっちーは少し納得のいかない表情。

 

「そうかなぁ?」

「いや、もちろんうっちーが恋愛結婚したければ、それでいいんだよ。でも、そうじゃない結婚で幸せになる人もいると思うよ。友情結婚とか契約結婚とか」

「そうなんですよ!」とフチコ。

 

「私もう、恋愛結婚にこだわるのはやめました。お見合いで出会った相手にときめかなくても、とりあえず結婚を前提に付き合ってみようかなぁ。まぁ、最低限の譲れないポイントさえクリアしてたらですけど……」

「それ、譲れないポイントの質や量によっては、クリアできる相手少なそうだよね……」

「私のこと、わかってますね」

 

3人で顔を見合わせて笑う。

結婚相手に望む条件から「恋愛感情を持てること」を取り下げたフチコだけど、ほかに条件はいろいろあるのだろう。そりゃあそうだ。人生の相棒を選ぶのに、慎重にならないわけがない。

 

だけどまぁ、もしお見合い相手がフチコの「最低限の譲れないポイント」をクリアしていなくても、それはお互い様かもしれない。何回か会ってみたら、意外と気が合うかも……?

「すぐにジャッジしないでさ、とりあえず何回か会ってみればいいかもよ」

「それでもムリだったら?」

「別に、断ればいいじゃん」

私はどこまでも無責任だし、ろくなアドバイスもできない。だけど、フチコとうっちーは楽しそうに笑っていて、私もめちゃくちゃに楽しい。

 

幸せだなぁ。

すっかり酔っ払った頭で、じんわりとそう思う。

フチコとうっちーも、幸せでありますように。

The following two tabs change content below.
吉玉サキ

吉玉サキ

北アルプスの山小屋勤務を経てライター・エッセイストに。好きな執筆ジャンルは季節労働と生きづらさ。だけどなぜか恋愛コラムを連載することに。お笑いが好き。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ