韓国の韓方(ハンバン)ダイエットを徹底解説!-10kgを達成したけど、その後リバウンドした話も…

韓国の韓方(ハンバン)ダイエットを徹底解説!-10kgを達成したけど、その後リバウンドした話も…

韓国コスメ沼にはまり、韓国美容に体当たりで体験中のかっしー(カシバタ)です。

今までは韓国美容に関すること全般を扱ってきました。

関連記事:韓国で大人気の日本製コスメを5つ紹介!買ったことがない人は損してるかも?

 

さて、いきなりですが皆さん。

韓国美容というと、どんなことを思い浮かべますか?

 

コスメ、 美容整形、 韓国エステ…などなど。

色々思い浮かべることだと思いますが、実は、「ダイエット」も韓国美容の大事な要素の一つです。ご存知でしょうか。

 

ダイエットは女子共通の関心ごとなので、韓国も例外ではなく、美しいボディを手に入れたい女子のために、街中にはエステサロン、ヨガスタジオやダイエットサロンが溢れかえっています。

そんな韓国で、有名なダイエット方法が「韓方(ハンバン)ダイエット」。

 




韓方(ハンバン)ダイエットとは

韓方(ハンバン)ダイエットとは、漢方薬や鍼によるツボ刺激により体質改善を目的としたダイエットです。

実は、この私。韓国の漢方を使った韓方(ハンバン)ダイエットの経験者であります!なんと6ヶ月という短期間で、10kg減を成功させているのです。

 

ということで今回は、私が今までに体験した韓国の韓方ダイエットについてお伝えします。

またそれとともに、韓方ダイエットの「その後」についても正直にお話したいと思います。例えば、リバウンドしたの?とか、気になりますよね…

 

韓方ダイエットを始めようと思ったきっかけ

そもそも韓方ダイエットを始めようと思ったきっかけが、久しぶりに会った友人からの言葉です。

 

「あんた、めっちゃくちゃ太ったよね?」

実は妊娠出産を経験して、友人と会うのはじつに2年ぶり。妊娠出産でプラスした15kgの体重はそのままキープ、元に戻らずにいた私でした。確かに15kgはやり過ぎですが、ストレートに言われ過ぎてめちゃ凹みました。

 

ただそのときの自分というと、不思議なことに太っている自覚がゼロ。

むしろ「 子育てには多少太っているぐらいじゃないと!体力続かないしだめだよね〜」 なんて考えていたほどです。

 

しかし、あらためて鏡に向かってみると、

あれ?

 

大きくだらしなく垂れ下がったお尻。

もう一人入っている?と思うぐらい出っ張っている腹部。

全体的にごついのに、ぷよぷよ状態の手足。

 

一気に現実に引き戻され、確認した体重はなんと60kgオーバー!

これはマズい!と思い、友人に「エステよりも効果があるから!」と紹介された韓方ダイエットに挑戦することとなった次第です。

 

韓方ダイエットを始める!その流れと効果とは

友人に紹介された韓方ダイエット。実際はじめるのは良いけど、そもそもどんなダイエットなんだろう?

名称こそ知っていましたが、その実態は知らぬままでした。

 

ということで、以下の流れでダイエットを開始したのです。

 

まずは韓医院で診察!韓方薬とコースを決める

知人から紹介してもらった韓方ダイエットですが、これは韓国の韓医院(ハンウィウォン)という東洋医学のクリニックにて、体調管理を受けながら行うダイエット(コース)だったのです。

その韓医院とは、韓国でも韓方ダイエットでそれなりに有名な医院。病院に着いてからまず通されたのが、なんと院長室でした。

 

院長先生の目の前で、 問診票のさまざまな質問に記入。

その後「両腕を出してください」と言われて脈の計測を開始。漢方の場合は、 両腕の脈を測りその状態から診察するそうです。

 

「 あなた甘いものを食べ過ぎ。ついでに運動も嫌いでしょ?脈を見ていると下半身が冷えているみたいだから、気を付けなければならないね。」

「結構食べるのに運動しないし、さらに冷え性でどんどんむくんで駄目だね!」

 

さすが院長先生。

すべて正解……。びっくり。

 

なんだか、「本当に脈だけでわかるの?」って思いますよね。

実は、韓方では脈を診ることがその人の体調を知るためにとても大事。脈の早さ、強さ、深さから、その人の体調などがわかるんだとか!

 

 院長先生からビシバシとダメ出しされつつ、痩せやすい体質に導く韓方薬の種類を決めることに。

韓方薬は黒い液状の煎じ薬を勧められましたが、匂いが臭くて毎日飲むのはムリ!

 

「効果は液状よりも薄いけど、粒状もあるよ」と言われ、粒状の韓方薬を毎食前に飲むことになりました。

 

そして、韓方薬内服とともに痩せるためのコースも決定。

薬の内服だけでなく、実際に鍼治療を併用することでさらに痩せやすい体質に導くのだとか。

 

  • 週一回、 サウナと鍼治療に通う
  •  鍼治療とは別の日に赤外線とマッサージを行う

効果的に痩せるために、以上の決まり事が追加。また生活の中で気をつけることも指導されました。

 

生活の中での決まり事が言い渡され、実際にダイエット開始

  • 漢方薬の効果を高めるために、 小麦粉を使ったものは一切禁止。
  • 甘いものは基本禁止。我慢出来ないときだけ飴やガム一日1個まで。
  • ケーキなどの高カロリー食品、脂っこいものは全面禁止。
  • 韓方薬により便秘がちになるので、水分を1日1.5リットル以上飲むこと
  • 筋肉がないので筋トレを必ず行うこと
  • できればジョギングやヨガなどの有酸素運動もあわせて行う
  • 食事内容は毎日ノートに記入する

こうして本格的なダイエットが始まったのですが…。

 

そもそも、週1回の鍼治療がとても大変!

鍼治療の流れとしては、だいたいこんな感じでした。

 

韓医院にいくとまず、体重と体脂肪を計測後、箱蒸しのようなサウナに20分入ります。

鍼治療前にじっくり汗をかいて、新陳代謝を活発にする意味があるそう。

 

その後、担当の鍼を打ってくれる先生の問診を受けて、実際の鍼治療に入ります。

毎回ダイエットの経過や体調を考慮して鍼を打つため、毎回鍼の本数や位置が微妙に違います。

 

よく鍼を打たれたところが手首から肘に向かっての部分。

もしくは足のスネ〜ふくらはぎ〜アキレス腱付近まで。

 

「便秘がち」と伝えた日には、なぜか両足の甲と指先に鍼を打たれました。が!

鍼を刺す場所によって、もう凄く痛くって…全身から変な汗がブワッと出てくる始末。

 

そして針が刺さった状態で15分から20分ほど待ちます。

毎回「もうどうでもいいから早く取って〜!」と心の中で毎回念じていました。

 

鍼治療が終わった後は、低周波治療器のようなマッサージ機を取り付けられて、マッサージを行い終了。

別の日には、箱蒸しサウナ→低周波→腹部から大腿部にかけてのもみだしマッサージを行いました。マッサージは、普通のエステで体験できるような普通のマッサージでした。

 

また、マッサージが終わると、食事ノートを見ながらの食事指導の時間。

まるで宿題を添削されるような気分で、担当のアドバイザーさんと一緒に、一つひとつ食事内容の確認をしていきます。

 

食事制限はなかったため、基本的に脂っこいもの以外は好きなものを食べても大丈夫。

ただ、小麦製品がNGなので、麺類やパン類がまったく食べられなかったのがツラかったぐらいで。

 

このように管理を受けながら、ダイエットは進んでいきました。

 

最初の1ヶ月で−5kg減、頭がダイエット脳に切り替わる!

週1〜2回クリニックに通い、マッサージを受けてしっかりと韓方薬を飲む。

たったそれだけ。

 

それだけなのに、おやつを食べたい欲求が減り、食事の量も腹八分目ならず腹五分目で満足できるようになったのには、びっくりでした。

食前に飲む韓方薬がお腹の中で膨らむためか、食事量がぐっと減ったのです。

 

また筋肉量が極端に少なかった私は、院長先生に言われたとおり筋トレを開始。

ネット検索して評判の良かったバレエエクササイズの「バレエ・ビューティフル」をほぼ毎日行いました。

 

その結果。最初の1ヶ月だけで、なんとマイナス5kg!

鍼治療は大変でしたが、あっけなく体重が減っていくものですから、途中からはダイエットが楽しく思うほどでした。

 

こうなると、自然に食事内容や栄養バランスを気にするようになったり、筋トレを熱心にするようになったりと、ダイエットにプラスに働く行動を取れるようになっていきます。

体重が減っていくことでアドレナリンがバンバン放出されていく感覚というか、食べたいものへの欲求があっても我慢できるし、気にならなくなっていくのです。

 

ちなみに私の6ヶ月間の体重変化をまとめると

  • 1ヶ月目:体重60.3kg 体脂肪30.8%
  • 2ヶ月目:体重55.1kg 体脂肪28.6%
  • 3ヶ月目:体重53.7kg 体脂肪27.3%
  • 4ヶ月目:体重51.9kg 体脂肪26.1%
  • 5ヶ月目:体重50.6kg 体脂肪25.8%
  • 6ヶ月目:体重49.7kg 体脂肪24.8%

とにかく痩せる!きれいになってやる!

そして気がつくと、半年で目標のマイナス10kgをラクラクと達成。やった!!

 

短期間で痩せた韓方ダイエット。その後はいかに?

「ダイエットで痩せるのは簡単。でもキープし続けるのは難しい」って言いますよね?

実は、今までお話したことはすべて2年前の実体験。韓方ダイエットのその後、私はどうなったかといいますと……

 

例外にもれず、リバウンドしてしまいました…

つまり、韓方薬と鍼治療などにかかった費用(トータル約12万円)も水の泡です。

 

まず、リバウンドした大きな原因は「痩せたから油断した」こと。

短期間で痩せたから、「自分へのご褒美」として今まで食べられなかった小麦製品を解禁。そのときのパンやうどんの美味しさといったら!

 

さらに、「ちょっとぐらいならいいよね?痩せたんだし。」と、ケーキや高カロリー製品に徐々に手を出し、運動も少しずつ手を抜くように…

こうなると坂道を転がるように、一気にリバウンドの道へ真っしぐらなのです。

 

まとめ:韓方ダイエットは体重だけ落としたいならオススメ。でも…

韓方ダイエットは、短期間で痩せたいという方にはピッタリだと思います。

現にこんな私でもたいした我慢をせず10kg痩せられたので。

 

手っ取り早く体重だけを落としたいという方には、オススメしたいぐらいです。(多少お金はかかりますが……)

ちなみに私は韓国で施術を受けましたが、最近ではダイエット韓方薬を日本まで郵送してくれるクリニックも多いため、薬を手に入れることを割と容易だと思います。(それで痩せるかは別の話ですが…)

 

ただ、短期間で痩せるダイエットは、その後が本当の勝負なのでしょう。

痩せてきれいになった自分を、いかにして長期間キープできるかにかかっています。韓方ダイエットが悪いとは言いませんが、結構お金はかかるので、そこら辺もすべて考慮した上で決めるようにしましょう。

 

結果リバウンドした私が言うのもおこがましいのですが、ダイエット終了後にも正しい食習慣や運動習慣を続けていれば、痩せた体型をキープすることは可能だと思いますよ。

それこそ毎日人知れず積み木を積み上げるようにね。

 

ガールズ、ビー、アンビシャス!

きれいになるためには、近道はなし!地道に頑張るしかないってことですね。

 

最後、よくわからない感じですが、ぜひあなたの贅肉のご参考に!

The following two tabs change content below.

カシバタ

看護師として働きながら香港やベトナム、オーストラリアをふらふら。その後なぜか韓国に住みつき、まったく興味がなかった美容に目覚めた非モテ属性。最近欲しいのは毛穴レスなお肌。

あなたの意見を聞かせて

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)