読み込み中

#ぴくあぶさろん座談会レポート!結論!めっちゃ楽しかった!

#ぴくあぶさろん座談会レポート!結論!めっちゃ楽しかった!

さて、8/26(日)は、peek a booのオンラインサロン

#ぴくあぶさろん主催。記念すべき初めてのリアルイベント、#ぴくあぶさろん 座談会でした!

場所は代官山GOBLIN.お洒落すぎる場所に豪華すぎるゲスト陣を迎えた当日。

天候も良く、たくさんの読者の方にご来場いただきました!

 

ドレスコードを「おきにいりのおようふく」にしただけあって、皆可愛い、そしてお洒落。

今後も積極的に使っていきたいドレスコードですね……。

目の保養がすごいよ……。

実はこの座談会、当初は女性限定イベントとして企画していたのですが、

「男性ですが参加したいです!」との声が多く、途中で急遽男性も参加可能に変更。

と言いつつ、ものすごく可愛らしいイベントなので、実は「来てくれるかなあ」って、最後まで不安でした……。

 

しかーし!そんな心配、必要なかったみたい!

当日は男性も10名以上が参加してくださり、積極的にトークに参加。

 

貴重な男性意見をいただく場面も多く、本当に本当に、有り難い限りでした……!

(マドカ・ジャスミンさんのズバズバ具合にたじたじの男性もいらっしゃり、ニヤニヤしちゃいました)

 

さて、当日は出演者の方も、ご来場者の皆様も、とにかくお酒を飲んでゆったりとお話を聞いていただきたかったので、かわいいお酒もご用意。

(メニュー表がない!作ってー!って頼んだら、すぐに可愛いものを作ってくれた北条かやさん……。最高)

このさくらワイン、中に桜の花びらが浮いていて所謂「映え」でした。女子力!

yuzukaもちょくちょく厨房の裏に隠れて一気飲みしていたのですが、味も美味しかった〜。

やはり女子力は見た目から。間違いないです。

 

皆様にもご好評で、トイレ休憩のたびにお酒カウンターにはこの行列……。

やはり大人の集まりには、アルコールが必須ですね。

事前にアドバイスくださった読者の皆様、ありがとうございました!

 

また、今回のイベントはTENGA社様協賛ということで、iroha stickを全員にプレゼント!

「かわいい〜」って、大好評でした。

(工藤まおりさん・山城さくらさん)

(前半) 初っ端から、恋愛の話題!男女で意見がぱっくり割れた!

さて、早速始まった座談会の前半。

最初の挨拶では、実は謝らなければならないことが……。

 

実はこの日のゲストだったみやめこさんが、急遽来れなくなってしまったのです……。

突然のトラブルにも関わらず、暖かくご理解してくださった皆様には、感謝してもしきれません。

 

ということで……トラブルはありましたが、

とにかく本日のイベントへの思いの丈を、少しだけお話させていただきました。

 

何度もお伝えしてきたことではありましたが、とにかく今日のイベントでは

様々な境遇を生きている、全く違った環境でキラキラと輝いている女性たちのお話を生で聞いて、

心を殴られて帰ってね!というお話ですね。

 

さて、そこから早速登壇者の方にご入場頂きましたが……。

もうね、とにかくゲストが豪華なんです!

(左から 松下侑衣花さん・工藤まおりさん・北条かやさん・古森結衣さん・べっつぃーさん・マドカ・ジャスミンさん)

※このお写真では山城さくらさんが見切れていますが、後から登場するよ……!

 

キラッキラのキラッキラ!

そんなメンバーで始まった座談会、最初の話題はズバリ恋愛!!

 

サロンメンバーのお悩みにお答えする形で始まったトークセッションでしたが、

最初のテーマは「男女の友情は成立するのか」というものでした。

 

ということで、会場にいる皆様に実際に聞いてみると……。

「男女の友情が成立すると思う人!」

回答は八割の方が「成立する!」だったわけですが、実はこのアンケート、

ちょっと面白い結果が見えて参りまして、会場にいる男性の殆どが「成立しない」に挙手したんですよね。

 

おいおい、どういうことだよ!っていうことで、早速司会のマドカ・ジャスミンさんがツッコミます。

うーん、いろんな意見が出ましたが……。

結局男性は「チャンスがあるんじゃない?って、どこかで期待しちゃう方が多いのではないか」

というご意見が多かったですね。これには女性陣みんなが睨み顔でした(笑)

 

そんなことを言っている私は、

「相手が自分のタイプではなく、自分も相手のタイプではない場合には成立する」

という答えを提示。男女の友情って、あるにはあるけど、難しいんですよね〜。

 

さて、そこからお話は切り替わり、有名人と付き合うサロンメンバーから届いた恋愛相談の話題に。

要約すると、彼の周りに可愛い子が多すぎて辛い!って内容でしたね。

 

ここではゲストの北条かやさんから、

男性は、自分にメリットがあるかどうかでパートナーを選ぶ。彼は貴女の見た目以外の部分に魅力を感じているのかもしれない。例えば、居心地が良いとか……。そこで容姿を気にしてメンヘラ化すると彼にとっての貴女の魅力がなくなり、本末転倒では……?」とのご意見が。

「確かに……」って頷いてしまう私達でしたが、ここでも男性に意見を聞いてみたい!

 

ということで、

見た目以外がパーフェクトな女性と付き合っていて、見た目のみがパーフェクトな女性に迫られたら浮気しますか?

という質問を男性に投げかけてみたところ…。。。いやいや、ほとんどがYESなんかい!

心がざわつく女性陣一同。

 

じゃあ、そんな周囲の女性から彼を守る方法はないのだろうか……。

笑い声とともにため息が聞こえてきそうな中で、マドカジャスミンさんが呟いた

「彼の周りの女に『私の男に手を出すとやべえぞ』ってしらしめておけば良い」というアドバイスに

「強すぎるやん!」と、爆笑が起こる場面も。いやあ、恋愛に強さは必要ですよね。

って、全然解決になってないじゃん!

 

と、実は一見メインでトリとなりそうな「恋愛」というテーマを初っ端に持ってきたのには理由がありまして、結局自分に自信がないと、幸せな恋愛はできないよねっていうことなんです。

ということで、ここからは自分に自信をつけるための「美容」についてのトークセッションとなりました。

 

オフレコだらけ。ピーが飛び交う、美容業界の実際

(左から 山城さくらさん、松下ユイカさん、工藤まおりさん、北条かやさん、古森結衣さん、べっつぃーさん)

さて、美容の話題がやってまいりました。実はこれ、オフレコが多すぎて殆ど記事にできません……。

 

メイントークのメンバーは、

美容家・美容ライターの松下侑衣花さん、数々のクリニックで実際に施術を受けてレポートも書かれているライターの北条かやさん、当メディアでダイエット企画に挑んでいる古森結衣さん、そして某美容外科でオペナースとして勤務していた私、yuzukaの4名。

 

実は古森さん、別企画で置き換えダイエットに挑戦している真っ只中なのですが、夜に食べられないからという理由でお昼にお腹いっぱいの焼肉定食を食べる等といった行動が目立つため、皆さんの前でyuzukaから忠告がありました(笑)

 

「言わないでー!」なんて笑った後に意気揚々と宣言した「痩せないとまた一ヶ月引き伸ばされてずっとスムージー飲まされるんで頑張ります!」なんて言葉に、会場からは笑い声が。あたたかく見守ってくださる読者の方に、なんだかこちらまで和んでしまいました。

古森ちゃん、がんばろうね!

 

ダイエットの話といえば、自身の著書でもダイエットに触れているマドカ・ジャスミンさん!

私も久しぶりにお会いしたのですが、めちゃくちゃ減量されていて驚きました……!

 

そんな彼女から「塩飴を舐めて岩盤浴に行けばすぐに減量できる!」なんていう説得力マックスのアドバイスもいただき、思わずメモ。

ダイエットって、いろいろな方法があるんですよね。

 

松下さんがお話していた美容業界の実際や、北条さんのプチ整形についてのお話、そして私の務めていたクリニックのぶっちゃけ話など……。

書きたいことはいろいろありますが、内緒なので泣く泣くはぶきます。

 

この話題に関してひとつだけ言えるとするのなら、会場からは何度も「怖い〜嘘でしょ〜」という悲鳴が上がりました(笑)

気になる方は是非、次回イベントにお越しくださいね。

 

前半最後は、「女性の働き方」について。実はこれが、一番共感を呼びました

さて、前半の最後は、「女性の働き方」についてです。

メイントークのメンバーは、ライターの山城さくらさん、同じく美容家・美容ライターの松下侑衣花さん、そして株式会社TENGAで広報を務める工藤まおりさん。

yuzukaさんが「今日集まってくれた人たちのほとんどは恋愛のことで悩んでいると思うのだけど、恋愛だけが輝ける場所じゃないということを知って欲しくて、仕事の話もします」って話してて 「…!」ってなった。それだ。

と、Twitterで呟いてくださった方もいらっしゃったのですが、その通りの気持ちでした。

恋愛に悩むのは分かる。分かるからこそ、まずは自分を好きになるために、美容や仕事にも目を向けてほしい。

 

本日集まってくださったゲスト陣は皆さん、キラキラ輝いている女性ばかりです。

例えば山城さん。8年間務めていたOLを辞め、フリーランスの仕事に飛び込んだ彼女は、今が楽しくて仕方がないと、輝かしいほどの笑顔を見せてくださいました。

 

株式会社TENGA広報の工藤さんも、一番好きなことを仕事にしているから楽しい。と、断言。

今日集まってくださった皆様は、バラバラなように見えて、共通点がある。

それは、恋愛以外の大好きなことを大切にしていること。

 

彼女達の「キラキラ」って、きっとそこから生まれてくるんですよね。

因みにお仕事のお話ではありますが、結論はこうでした。

「仕事は、恋愛の辛ささえも忘れさせてくれる」

もう、お金を稼ぐだけにとりあえず働く時代って、終わったんじゃないかなって、少しだけ希望が持てました。

 

ちなみに女性が働くことに対して、男性からの意見も頂きましたが、こちら満場一致で男性よりも女性の方が仕事ができる。もっと社会進出してほしい。というご意見でした。

脅してないからね?

 

後半は男性退場。とにかく楽しすぎたメイクレッスンとディープトーク

さて。写真が変わったのが分かりますか?

そうです、ここからはカメラマンではなく、私がスマホで撮った写メしかないんです。

 

なぜなら、ゲスト、スタッフ含め、男性陣は全員退場していただいたから!

後半は女性だけの完全女子会。

 

まずは始まったのが、松下侑衣花さんのメイクレッスン。

これがめちゃくちゃ好評でした!

ご来場者の中からじゃんけんで勝ち残った三名に、松下侑衣花さんが実際にポイントメイクをレクチャー。

それぞれの女性に、リップ、チーク、アイ。と、ポイントメイクを施していただきました。

これが、少し変えただけで、見違えるんです……。会場からは「可愛い〜!」の嵐。

使用したメイク道具は、松下侑衣花さんが持参したものばかり。

プチプラブランドも多く、「帰りに買って帰る!」の声が多発。

出演者の皆様も含めて、メモを取っている方が大勢いらっしゃいました。

 

今回はお時間的に三名の方にしか施術ができなかったのですが、「羨ましい」という声をたくさん聞いたので、

松下侑衣花さんのメイクレッスン、第二弾、あるかもです……!乞うご期待!

 

女子だけの恋バナ。やっぱりディープ。

後半はべっつぃーさんと工藤さんが大活躍。

セフレ問題やセックスレス問題、正しい男性の選び方について、経験豊富な二人を筆頭に、出演者全員で意見交換を行いました。書けないことも多いのですが、とくにセフレ問題で悩むサロンメンバーへのべっつぃーさんのひとことには、会場から唸り声が。

 

「セフレを作るなら、絶対に三人は作りなさい。一人は駄目です。」

また、後半に出た「今まで出会った駄目男の共通点は?」という質問にはそれぞれ

 

マドカ・ジャスミンさん

  • コンビニでの浪費癖がある。彼女側の成功等を僻む。→後先を考えないクズでした

 

山城さくらさん

  • 過度に優しすぎて、マネージャー化する。→最終的にはスケジュールを全て把握され、守らないとブチ切れ

 

松下侑衣花さん

  • 有名人と知り合いなことをやたらとアピールしてくる→全員逮捕されました

 

古森結衣さん

  • 高価すぎるプレゼント→ストーカー化の危険性

 

北条かやさん

  • 自分の女友達のことを悪く言う。二者関係に持ち込もうとする。→DV男だった

 

yuzuka

  • ポイ捨てする男→「見られていなければ良い」「自分だけが楽しければ良い」の典型。浮気する。

 

などの答えが上がりました。とくに松下侑衣花さんの「全員逮捕されました」には、

衝撃と笑いが会場を包みました。駄目男の見極めって、大切ですね。

もっと詳しいおさらいは、ラジオで放送致しますのでお楽しみに……!

 

「ご機嫌に生きてほしい」この座談会に込めた思い

さて、座談会も終盤。ここでは、いつも笑顔を絶やさない、ハッピーオーラ全開の山城さんと古森さんに、そのオーラの秘訣を聞きました。彼女たちって、その場にいるだけで周囲を明るくするんです。

だけど、絶対に私達と同じように、悲しいことや辛いこと、あるはずですよね。

 

そういったモヤモヤをどうやって乗り越えているのか、どうやって笑顔を保っているのか。

とくに印象的だったのは、いつもほんわかとした山城さんが、ハッキリとした口調で言い切ったこの言葉。

 

「嫌なことが合っても、極力落ち込むのはその日だけ。負の感情は次の日には持ち越さないと決めています。

あとは、人間関係ですね。自信を幸せにするために、自分を傷つける人とはすぐに離れるようにしています。そういう人は、私の人生とは関係のないひとなので」

 

古森さんからも、こんな言葉が出ました。

「常に口角を上げています。嫌なことも、イライラすることもあるし、家では落ち込むこともあるけど、紙に書いて捨てるとか、燃やすとか。そうやって、次の日には持ち越さないようにします」

 

そんな二人の言葉を聞いたマドカ・ジャスミンさんが呟きました。

「楽しいから笑うんじゃないんですよね、笑うから楽しいんですよね。うつむいていると、脳みそが落ちこんでるんだって勘違いしちゃうから」

 

この話題は、まさにこの座談会でお伝えしたかったテーマそのものでした。

「ご機嫌で生きてほしい」辛いことも、悲しいこともあるけれど。

 

まとめ

ご機嫌に生きるって、とっても難しくて酷なことだと思っています。

ひとことで「明日には持ち越さない」と言ったって、気持ちの整理なんて簡単にはつきません。

だけど、心を鬼にして伝えました。ご機嫌に生きてほしい。

 

みんな自分のために生きているから、そばにいる人には、ご機嫌な人を選ぶんです。

だから、まずは口角をあげて、そして自分自身をご機嫌にできる人生を作り上げる。

仕事、美容。貴女にとって何が夢中になれるかは分からないけれど、

幸せな恋愛をするためには、まずは幸せな人生を作ってほしい。

 

最後の言葉の中には今回の座談会のみで発表する重大発表や、舞台の告知も行いました。

うーーーーん、楽しかった!本当に!

 

今回の座談会、バタバタした部分もあったけれど、とにかく皆さんにお会い出来て、

笑顔でお話ができて、とってもとっても楽しかったです。

 

第二弾はどんな形になるか分からないけれど、近いうちにすぐ、お会いしましょう!!

本当に、ありがとうございました!

 

オフショット

美しすぎる出演者の方々のオフショット。

yuzuka

The following two tabs change content below.

yuzuka

編集長。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ