学生時代、部活の顧問と遠征中に関係を持ち、今もなおセフレでいる話

学生時代、部活の顧問と遠征中に関係を持ち、今もなおセフレでいる話

ぴくあぶ編集部です。どうも。

以前、ライターのてんさんに、「【経験者は語る】知らぬまに不倫をしており、相手側に裁判されそうになった話」このような記事を書いていただき、内容はまあ見ていただければわかりますが、「不倫してたよ!」っていう恐い話です。

 

また上記文章に書かれている通り、このライターてん。

なかなかの強者でして、編集部が話を聞く限り、このような経験を山ほどしていました。笑

 

そして今回はそんなライターてんさんの昔話(現在進行形で続いてはいる)から一つ。

学生時代の部活顧問と関係をもった話を書いていただくことになりました。題名からして面白いんだろうなって感じですが、普通に面白いので、暇な人はぜひ読んでください。

本人は淡々と書かれていますが、結構エグいことも書かれているので、気をつけて読んでね。

 

リンクルショット

水泳部の私。関係は「顧問」と「生徒」

ライターのてんです。こんにちは。

普段はパパ活やマッチングアプリの記事を書いています。

 

そして今回は過去の体験について。

現在進行形で続いている、元部活顧問であるセフレ君とのお話を書きます。

 

これは昔々、高校生のときのお話です。

水泳部に所属していた私ですが、一丁前に幼少期から習っていたこともあり、記録に名前が残るほどの水泳選手でした。

 

ただ私が入った高校に関しては、入学当時3年生が2人だけ。またその3年生も夏には引退してしまったので、実質秋以降、私たち1年生が水泳部(女子)の最年長という形になっていました。

つまりは強豪とまではいかないものの、何故かそれなりの選手が集まり、これから強豪校になっていくんだろうな、という感じの実態です

 

彼(部活顧問)との出会い

彼との出会いはもちろんこの水泳部。

彼は部活顧問としてやってきました。

 

私が入学した年に、水泳部の顧問になった「ダイゴ」という名前の彼。

厳しい反面プライベートは友達のような、よくいる表面上良い先生で、皆んなから下の名前をもじり「だいちゃん」と慕われていました。

 

先ほど少しいった通り、選手層は薄いものの、各々外部で水泳をしている選手が多く在籍しており、ほとんどの選手は県大会にまでいく実力をもっていました。

なので、ぶっちゃけ部活はウォーミングアップ程度だったのです。

 

無理にここで練習して体を壊してはいけないというイメージ。

代々そのような風潮があり、関係のない話ですが、他の部活からは「練習してないのに成績残している」と嫌がられていたみたいです。そもそも何故、部活に入るのかというと、学校からしか出場できない大会があるからでした。

 

そんな強めの幽霊部員が集まる水泳部。

元々いた顧問は、こういった状況からほぼ無関心で、応援だけ見に来るという感じでした。

 

さて、そんな中やってきただいちゃん。

このだいちゃんが顧問に付いてからというもの、「それはおかしい」と一喝。以前いた強豪校でも水泳部の顧問をしていただいちゃんは、そんな腑抜けた感じが許せなかったのでしょう。

 

ということで、その日から毎日まじめに練習!とはもちろんならず…

選手VSだいちゃんという構図が浮き上がることに。ただ私はというと、元々それなりに参加していた方だったので何の問題もなく、むしろ生徒側に練習に来るよう諭したりしていました。

 

そのこともあってか、だいちゃんからの信頼がダントツアップ!

部活に来ないメンバーの性格や成績を教えたり、リレーのメンバーを考えたりなど相談に乗ることが多くなってきたのです…

 

練習を通し、彼を尊敬するように…

信頼関係が成立した私たち。

決して裏工作ではないと言いたいですが、2年の夏に部長になりました。

 

エントリーメンバーや部内でのトラブル時は、男女関係なく必ず私も呼ばれ。

何かある度にだいちゃんと時間を共有していたと思います。

 

またその時くらいから彼を尊敬するようになっていました。

理由は単に自分よりもタイムが早く、また教えることも上手で、昔から悩んでいた自分のフォームを親身により沿って指導してくれたからです。これをきっかけに、より他の生徒よりも一緒にいる時間が伸びたと思います。

 

タイム、成績ともに完膚なきまでに負けていたことが素直に聞き入れる理由になっていましたし、何よりも前まで指導してくれる先生がいない中でのことだったのでギャップですよね。

いつの間にか「尊敬」の対象に変わっていったのでした。

 

なぜかプライベートでも会うように

部長になったあたりで発覚した事実があります。

私がもっとも仲が良かった先輩(男)と、だいちゃんが親友だったということです。

 

たまたま先輩と食事をしているときにだいちゃんに会い、そのことが発覚。

その場では特に何もありませんでしたが、私の学校の先生だと知った先輩が、後日3人で御飯を食べにいこうと誘ってきました。(ここら辺から、まあ普通にマズいですよね。笑)

 

本当のことを言いますが、これくらいでは特に変な意識を持たない私です。もっとヤバイことしてるので…笑

まあこれをきっかけに関係は一気に加速。部活の連絡をするという目的で交換していたSNSが、プライベートの用事で使われたり等、先生と生徒以外の関係がはじまります。

 

ただこの時点では、お互い、プライベートと学校はしっかり分けていました。

本当ですよ!

 

遠征で一線を越える!笑

2年の春、全国大会のときです。

地元での開催ではなく、遠征という形になりました。ちょうどその期間に、だいちゃんの誕生日ということもあって、チームメイトでお祝いのプレゼントなどを準備していました。

 

ただ私はそれだけでなく、プライベートでも御飯を食べたりとお世話になっていたこともあり、それとは別にプレゼントを用意していたのです。

(さすがに遠征中に渡すつもりはなかったのですが、一応ね…もっていきました…)

 

さてさて、遠征中。

ホテルの同室メンバーが体調不良を起こします。

 

これにより急遽、私の部屋が変更。

ツインの部屋にて1人くつろぐ、だいちゃんと同室になったのです。(今思うとマズ過ぎるよね。普通にニュースなるレベル)

 

ただね、それまでも先輩の家で複数回泊まっていたこともあったんですよ。なので、まあいいか程度。

その番、だいちゃんから誘われ、一線を越える関係になっちゃったのです…。事件ですね。笑

 

それから。とくに気まずさなし

一線を越えてからというもの。とくになにもなし。

練習は今までと何も変わりませんし、部活が終わった後は、外部のクラブで水泳をしているというリズムは変わりませんでした。

 

学校の廊下であっても、先生と生徒を演じ、一線を越えたからといって避けたり、気まずくなったりもしていません。

お互い役者です。ヒール役です。

 

周りからは「付き合っている」という認知

私はできる女というか、関係なんてどうでもいい女子なので、お互いの関係を確かめ合うことはしませんでした。(先生、よかったね?)

ただ外部の練習終わりに迎えに来たり、先輩と遊んだときに送ってくれたり、一人暮らしの自分の家に呼んだりする程度のことは、ごく頻繁にありましたね。

こんな事から、学校以外の関係者の中では「付き合っている」という認知をされていたようです。

 

そして3年生になった私。

引退・進路・卒業とさまざまなイベントがあります。

 

私の進路はスポーツ推薦で決まっていたりと、他の子よりは早くから決まっていました。

顧問ということもあり、だいちゃんとはスポーツ推薦の件で学校でも今まで以上に会うようになっていましたが、自分たちが自然なのか、周りが鈍感なのか、関係性を疑われることは特にありませんでした。

 

部活の方では、キャプテンの任務が終わりに向かい、新キャプテンを一緒に考えたりしていました。

そんな中、だいちゃんはよく「お前のおらん部活なんて想像つかんな」とは言っており、ちょっと何言ってるかわからなかったです。

 

ただまあ必要以上に2人きりになることもなく、でも疎遠になることもない、地味に依存していたと思います。

大事なポイントとして、この頃は週に1回、関係を持つようになっていました。いわゆるセフレですね。

 

正直にいうと、一度、妊娠もしました…

引退が近づくにつれ、関係性がぐちゃぐちゃに。

この際言ってしまうと、一回妊娠しておろしています。先生と私の子を…

 

この頃からよく「卒業したらどうする?」と、言われていました。

ただ始まりが禁断すぎて、結局私の方からも前向きなことを言えないんですよね。もちろんだいちゃんも何も言えません。二人してだんまり。そして禁断の関係は引退するまで続きます。

 

結論、私のセフレ君

私が高校を卒業してもう数年が経ちました。

結論から言うと、卒業後に一度は付き合いましたが、なかなか会うことも出来なくなり、ケンカが増えたので「親友」という形に戻りました。

 

ただ、お互いの体の相性が抜群だったため、肉体関係は今も現在進行形で続いています。つまり、セフレ君です。

そして今でも部活時代の同窓会などには参加しているので、そこではもちろん先生と生徒の関係を貫いています。演じます。私。

 

なぜか、「バレない」という自信があったので、この関係が今でも続けられているのだと思います。

お互い結婚してもきっと切れることはないのだと思いますよ。ダメですか?こんな私…

 

編集部からのまとめ:どこの国の話なん?

いやー、日本でも本当にこんなドラマみたいな展開があるんですね。

先生と生徒の関係。これはまだ5000歩譲ってわかるとして、遠征中に関係もつってお互い薬でもやってたんでしょうか。

 

てんさんには大変申し訳ないですが、そのセフレ君は近年稀にみるクソ男ですよ。

気をつけてね。まあ、てんさんなら大丈夫だと思いますが…

The following two tabs change content below.
寄稿者

寄稿者

今回は、peek a booに寄稿していただいた記事です。peek a booでは寄稿者は募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

リンクルショット

あなたの意見を聞かせて

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)