読み込み中

長年黒ずみに悩んでいた私が試してよかった市販クリームを5つ紹介する

長年黒ずみに悩んでいた私が試してよかった市販クリームを5つ紹介する

ヒジやヒザ、ワキにできてしまう黒ずみは、ふとした何気ないときに気付つくことが多いです。

バスタイムや着替え、ふと鏡を見たシーンなどで、それらの黒ずみを発見してしまうと、ココロまでもが憂鬱となりファッションアイテムにも気を使ってしまうもの。

 

ということで今回の記事では、お顔から足のかかとまでの身体全体の黒ずみに対策できるよう、同じく黒ずみに長年悩んでいた私が、「これは効果が高い!」と思える市販クリームを5つ紹介していこうと思います。

実際、様々なクリームを使ってきた私のリアルな体験談と同時に、商品それぞれの特徴を解説していきます。これを機に皆さんのコンプレックス解消へ繋がると嬉しいです!

 

効果的なクリームの選び方とは?

わたしたちが利用することの多い、身近なドラッグストアやバラエティショップなどの店舗には、ヒジやワキ、ヒザの黒ずみに特化したクリームが豊富にラインナップされています。

でも、一見どれもが同じように見えてしまい、購入までに時間がかかることもめずらしくはありません。

 

これらの黒ずみにダイレクトにアプローチできるクリームを選ぶためには、次のようなポイントにフォーカスを当てることが大切なのです。

まずはそちらを紹介していきますね。

  • 美白有効成分がブレンドされているクリーム
  • テクスチャーにこだわりを持つ
  • 継続しやすい価格かどうか

 

美白有効成分がブレンドされているクリーム

お肌にできる黒ずみは紫外線やお肌にかかる摩擦・刺激などが原因によって引き起こります。

メラニンを作るメラノサイトの機能が活性化することが詳しいメカニズムですが、難しいことは抜きにしましょう。とにかくそういうことです。

 

簡単な話。メラニンを作らせないよう、美白成分を配合したクリームを選ぶことが基本のステップになるということです。とにかく美白有効成分がブレンドされているクリームを使うようにしてください。

色々な種類がある美白有効成分ですが、特にヒジやヒザ、ワキの黒ずみに効果的なのは、厚生労働省によって美白効果・お肌への安全性が認可された、

  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス

といった成分です。

これらの美白有効成分は、デリケートな肌質にも安全性が高く、メラニンの過剰な分泌をおさえながら、黒ずみのあるパーツを明るく整えてくれる効果があると言われています。

 

また黒ずみのあるお肌を修復し、元々のキレイな肌色に導くためのターンオーバーを活性化する効果も期待できます。

なので、何度も言いますがまずは配合されている美白有効成分の内容に目を向けてください。

 

テクスチャーにこだわりを持つ

二つ目はテクスチャーにこだわる、です。

市販で買える専用のクリームには、さらっとしている化粧水のようなテクスチャーや、うるおいが持続するジェル状のテクスチャーなどがありますが、黒ずみ解消におすすめなのは、ずばりやや硬め・密着力・浸透力のあるテクスチャーです!

 

私の経験上、やわらかすぎるテクスチャーでは汗や皮脂によって流れてしまい、効果を今ひとつ一つ実感できませんでした。

そのため、お肌にピッタリと貼りつき、有効成分をダイレクトにお肌の内側に届けてくれるような、こっくり濃厚なテクスチャーのものを選ぶようにしましょう。

 

継続しやすい価格かどうか

黒ずみ解消のためのクリームは、短期的ではなく長期的に使い続けることが大事です。

長期的なスパンで、毎日丁寧に使うことが明るい美肌を取り戻す要因となるのです。

 

そのため、あまりにも高額すぎる商品を選んでしまうと、余計なコストにココロが負担を感じてしまい、継続できないことで効果が実感できない可能性が高いです…。

私もはじめはプチプラから始めており、まあこれは結果的にあまり効果がなかったのですが、負担に感じることもありませんでした。あまりにも安すぎる商品はおすすめできませんが、高すぎるのもダメ!

 

私的には、様々な市販クリームをリサーチした結果、2000円程度のクリームがコスパ最強だと思います。

これくらいが、効果を感じられるかつ値段的にも良心的でしょう。これであれば、毎月イタイ出費にもならないですし、気楽にたっぷりと使えますよね。

 

黒ずみ解消に効果的!実際に使っておすすめできるクリームを紹介

そもそも市販のクリームと通販などで売られているクリームの違いですが、そこまでコレといった差はありません。

ネットで売られているかつ市販で売られているものも多く存在するので、あまり気にしなくていいでしょう。ただ、ネットと違い、すぐさま黒ずみ対策に入れる点は大きなメリットですよね。

ネット通販だと購入から届くまで、ある程度の日数は待たなければなりません。ここにメリットを感じれるかどうかです。そのほかはネットと市販の違いというか、各クリームそれ自体の違いになってきます。

 

はい!ってことでさっそく。

黒ずみという深刻な悩み・コンプレックスを抱えていた私が、自信を持っておすすめできるクリームを5つ紹介します!それぞれのメリットや特徴を述べながら紹介していくので、あなたにとってベストなクリームを選んでくださいね。

 

オバジHQ

実績があり、たくさんの人に信頼されている化粧品ブランド、ロート製薬から誕生したオバジHQは、嫌な黒ずみをもとのキレイな肌色に還元する効果のあるハイドロキノンを使用しています。

就寝時にオバジHQを使用することで、眠っている間に黒ずみを修復されるためのターンオーバーを促進させることができます。

 

わたしが実際に使ってみて感じたのは、皮膚への密着力に優れており、翌朝までうるおいが長続きしたということです。

また、わずか4日間の使用でしたが、ヒジの黒ずみが徐々に明るくなっていることを実感できました!

公式サイトでチェック

 

べっぴんボディ バージンホワイトセラム

魅力的なネーミングについつい興味を惹かれてしまう、デリケートゾーン専用の黒ずみクリーム。

ワキやヒジ、ヒザの他にも、摩擦や刺激を受けやすいデリケートゾーンは黒ずみができやすいパーツですよね。べっぴんボディ バージンホワイトセラムは、なんといっても全身の黒ずみに安心・安全に使える点が魅力的です。

 

黒ずみのケアを強力サポートしてくれるサクラ葉エキスをメインにブレンドしており、密着力に優れているのに仕上がりがとてもサラサラ。

夏場の黒ずみケアでも、気になるベタベタした不快感が一切ありませんでした!

Amazonでチェック

 

小林製薬 ケシミンクリームEX

厚生労働省によって、黒ずみの改善・予防効果が認可され、医薬部外品として販売されているケシミンクリームEX。

黒ずみを根本的にケアしてくれるアルブチンとビタミンC誘導体の、二つの美白有効成分がブレンドされており、お顔の黒ずみ対策に役立ちます。

 

あれこれとアイテムを揃えなくとも、ケシミンクリームEXがひとつあれば、お顔とボディのトータルケアが実現するため、わたしはもう3個目のリピートになりました!

とくにお顔の黒ずみに悩んでるって方、美白を求める方におすすめです。

公式サイトでチェック

 

純潤ジェルピンク

ヒジやヒザ、ワキの黒ずみ対策に有効なビタミンC誘導体と、お肌の乾燥によるトラブル等にアプローチできる、ヒアルロン酸といった保湿成分を贅沢にブレンドした純潤ジェルピンク。

わたしたちに馴染みのある、オールインワンゲルのようななめらかなテクスチャーであり、べたつきを抑えながらお肌のコンディションを健やかに整えてくれます。

伸びが良いテクスチャーなので、少量でも広いパーツをケアでき、2ヶ月以上の高コスパで使用することができますよ。

Amazonでチェック

 

小林製薬 黒キュアb

特にヒジやヒザは他の肌パーツよりも古い角質が溜まりやすく、黒ずみだけではなくてざらつき、ごわつきが気になりますよね。

それに対し黒キュアbは古い角質の溜まった皮膚をなめらかに、そしてスベスベに整えながら、お肌の代謝を促進し生まれたてのようなクリアな美肌をサポートしてくれます。

お肌への密着力・浸透率がとても高く、デリケートな私の肌質でもトラブルなく安心・安全に使うことができていますよ!

公式サイトでチェック

 

まとめ:気軽に、そして迅速に試すべし

今回、黒ずみ対策に効果的な市販クリームは、意外にもラインナップが多くあることがわかったと思います。モノは試しと思い、一度試してみてはいかがでしょうか。

薄着の季節が近づく今、お肌を見せるファッションが楽しめるよう、さっそくおすすめのクリーム5選をショッピングの合間にでもチェックしてみてくださいね!ではでは。

The following two tabs change content below.
kana

kana

美容リサーチ、カフェ巡りが趣味!読んでくれるみなさまのコンプレックスや悩みが解消され、気持ちが明るくなるようなライティングを目標にしています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)