読み込み中

世界はいつも、私に優しくなんてないからさ

世界はいつも、私に優しくなんてないからさ

「苦しみを想像しなさいよ」と、お母さんは言った。

 

痛そうな人を見て痛くなることが、この世界の中で最も大事にするべき正義だと教わった。

だから痛そうな人に「いたいね」って声をかけたし、一緒に悲しくなって、時々泣いた。

 

だけどぽんっと「世界」ってところに放り出されてみると、

無造作に振り回す刃物のような言葉で、人はあたかも簡単に、無造作に、私を傷つけた。

なんにも気にしていないそぶりで私の心に傷をつけ、泣く私を見て「弱い」と言った。

 

「酷い」といったら、「面倒臭い」と睨まれた。

「私は苦しい」といったら「だからなんだ」と唾を吐かれた。

呆然とする私に、「これが『普通』だ。お前はおかしい」と言って、彼らは笑った。

 

私は弱いのか、面倒くさいのか、どうしようもないのか。

 

少しづつそんな思いでいっぱいになって、

言葉も、手をのばすことさえも、できなくなっていった。

 

人に優しくすれば騙されて、人を信じれば裏切られて。そして泣いたら、「弱い」と言われる。

私の居場所はどこで、何を思い、どう行動すれば良いのだろう。

 

今日もこの苦しい「普通の世界」で、私は窒息しそうになりながら、どうにか生きている。

yuzuka

 

炎天下の車内に取り残された、子どもの話を思い浮かべるのよ。

日差しが透明のガラス越しに照りつけてきて、

身体の表面の水分を、蒸発させていくの。

暑くって熱くって、窓の外に「助けて」って言おうとするんだけど、

その声を出す、身を起こす体力すら持ち合わせていなくって。

芳香剤のにおいのするシートに横たわったまま、自分の身体の温度が上昇していく。

体温をあたえられる代わりに、ジリジリと体力が奪われていく。

苦しくて息がしづらくて、涙に変える水分を探しながら窓の外を見ると、

涼しげな顔をして日傘をさした、幸せそうな家族が横切っていくの。

こんなに近くにいるのに、別の人生を歩んでいるその人達。

「ああ、なんで。どうして」って。

それで、助けも呼ばないまま、呼べないまま、逃げ出すこともできないまま。

「誰か」を待つの。助けてくれる「誰か」を。誰の声も届かない、車の中で。

私の恋愛って、いつもそういう感じよ。

きっとたまたま助かったって、「どうして手をのばさなかったの?」って、責められる。

「自分の足で逃げられたでしょう?」って、呆れ顔を向けられる。きっとね。

だけど、幸せそうな人たちには、きっとわからない。

車の中で蒸発した水分と、照りつける日差しは、思ったよりも体力を奪うのよ。

「たすけて」って、言葉に出せないくらいにね。

【大丈夫。君は可愛いから。君は絶対、幸せになれるから。より引用】

The following two tabs change content below.

yuzuka

編集長。元精神科、美容整形外科の看護師で、風俗嬢の経験もある。実体験や、それで得た知識をもとに綴るtwitterやnoteが話題を呼び、多数メディアにコラムを寄稿したのち、peek a booを立ち上げる。ズボラで絵が下手。Twitterでは時々毒を吐き、ぷち炎上する。美人に弱い。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • Ranking
  • Category
  • Tag Cloud
  • アーカイブ