読み込み中

ハロウィン前に知りたい!美容に良いカボチャ料理を2つ紹介

ハロウィン前に知りたい!美容に良いカボチャ料理を2つ紹介

今月末10月31日と言えば、そう「ハロウィン」ですよね。

仮装してイベントに参加する人や、家でホームパーティをする人、ホームパーティに呼ばれる人、仕事で何も出来ないという人など、その日は人それぞれ様々な予定があると思います。

 

…が、皆共通して言えるのは「ハロウィン料理を食べる」ということではないでしょうか。

いやいや、食べないよ?という方も一部おられるかもしれませんが、今年からは必ず食べるようにしてください。

 

と、いうことで今回はホームパーティーに気軽に持っていくのもアリ、彼氏に作ってあげるのもアリ、かつ、美容にも良いおススメのハロウィン料理を管理栄養士の立場から2つ紹介したいと思います。

どうぞ!

 

リンクルショット

ハロウィン料理に欠かせないカボチャは栄養満点

まずですね。ハロウィン料理に欠かせない材料である「カボチャ」について一つ言いたいことがあるので聞いてください。

このカボチャという野菜、実はすごく優秀でして、甘さがあり美味しいというだけではなく、皆さんの大好物である「美容」にも非常に効果的な食材なのです。

 

何故、美容に良いのか?

カボチャには、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維などの様々な栄養が隠されているのですが、料理紹介の前にここら辺を管理栄養士として説明させてください。

栄養とかどうでもいいわ!って方は後半までスクロール!

 

美容に良いカボチャの栄養素とは?

さて、1つずつカボチャの栄養素を見ていきますよ。

 

老化予防にも役立つ?ビタミンC

美容に欠かせないビタミンといえばビタミンC。ビタミンCは、肉、魚や豆腐などに多く含まれているたんぱく質からコラーゲンを作るのに必要不可欠なビタミンです。

コラーゲンが作られる事で、肌の美しさや弾力など、ハリのある肌の状態を保ってくれます。

 

また抗酸化の働きがあるので、私たちの細胞をサビさせる活性酸素をやっつける働きがあります。なので老化予防の働きもあるのです。

このビタミンは水に溶けやすく熱に弱い性質です。しかし、カボチャはデンプンを含んでいるので、加熱しても、このビタミンCが通常より壊れにくくなっています。優秀ですね。

 

乾燥肌の人必見のビタミンAは油と一緒に摂取せよ

ビタミンAは乾燥肌や肌の角質化を防いでくれるなど、皮膚や粘膜を守ってくれるビタミンです。

またビタミンCと同様に抗酸化作用があり、老化予防の働きもあります。このビタミンは、脂溶性ビタミンといわれ、油と一緒に摂取すると吸収率が上がります。

 

「若返りビタミン」ともてはやされるビタミンE

若返りビタミンと言えばビタミンEです。ビタミンEは、ビタミンC・ビタミンAと同様に抗酸化作用があり、老化を抑える働きがあります。

またまたビタミンAと同じく脂溶性ビタミンでもあるので、油と組み合わせることで効率よく栄養素を摂取できます。

 

便秘予防はこいつ!食物繊維

食物繊維は様々な食べ物に含まれ、人の消化酵素では消化できず、小腸を通って、大腸まで運ばれる物質です。

便秘が続くとポッコリしたお腹になったり、吹出物や肌荒れが出る方もいると思います。そういう方は食物繊維を摂取するようにしましょう。

そうすることで便秘予防になり、美肌効果にも繋がります。

 

っと、カボチャにはこういった栄養素のオールスター陣が入っています。

そしてビタミンA・ビタミンEの紹介時に書きましたが、カボチャは油で調理することによって効率的に栄養素を摂取できます。この前提を踏まえて料理紹介に移りましょう!

 

ハロウィン料理はこう作れ!レシピ紹介

さて、カボチャには美容に効果的な栄養素が多く含まれていることがわかりましたね。

お次はそんなカボチャを美味しく、また美容にも良く、作るためのレシピを2つ紹介します。

 

かぼちゃとひよこ豆のディップ (かぼちゃのフムス)

ディップ好きで、ニンニクが好きな方にオススメです。もともと、レバノンやトルコなど中東の広い地域で食べられている「フムス」と言われる料理に、カボチャを入れてアレンジしました。

栄養満点のカボチャと、コラーゲン作りに欠かせないたんぱく質を多く含むひよこ豆、美肌作りに必要であるビタミンCが含まれるレモンを加えたザ・美容料理です。

 

材料 3人分

  • かぼちゃ 120g
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々
  • ひよこ豆(水煮) 120g
  • すりごま 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ2
  • レモン汁 大さじ2
  • 水 大さじ2
  • にんにく 1/4 片

 

作り方

カボチャは皮と種を取り、洗って小口に切ります。トレイにクッキングシートをひいて、かぼちゃを並べ、小さじ1のオリーブオイルをかけてください。

さらにそこへ塩、胡椒をします。

200度のオーブンで25分から30分、柔らかくなるまで、焼いていきましょう。

もしオーブンを使いたくない場合や、早く済ませたい場合は、蒸したり茹でたりすることをおすすめします。

こうすることによって短時間で柔らかくすることが可能です。

 

さて、そうこうし柔らかくなれば、オーブンからカボチャを取り出してください。みじん切りにしたニンニクなど、材料を全てブレンダーで混ぜていきます。はい、これで出来上がり。

好みの野菜スティックやクラッカーを添えてください。

 

にんにくが気になる!という方には、ニンニクを少なめにする、などの調整がおすすめです。

またブレンダーにて上手く混ぜれない場合は、ちょっとだけ水を加えるようにしてみてください。

 

かぼちゃのサラダ(ローストパンプキンサラダ)

お次はサラダの紹介です。

野菜とカボチャを和えるだけの簡単サラダになりますが、ちょっとしたコツがあり、それはカボチャを先にオーブンで焼いておくことです。

オーブンで焼くことにより、見た目のオシャレ度もぐっと増しますよ。

 

今回のサラダ、カボチャ以外にも美肌効果のあるビタミンAやビタミンCを多く含むルッコラ(ロケットサラダ)や、スーパーフードである松の実、オリーブオイル、レモン汁、バルサミコ酢を加えています。

効率的に様々な栄養を摂取出来、かつ、美肌に良いサラダにしてみました。お試しあれ!

 

材料  1人分

  • かぼちゃ                   70g
  • オリーブオイル             小さじ1/2
  • 赤たまねぎ                 10g
  • 松の実                     小さじ1
  • ルッコラ(ロケットサラダ) 15g
  • フェタチーズ               20g

 

[ドレッシング]
  • バルサミコ酢               小さじ1
  • オリーブオイル             大さじ1
  • レモン汁                   小さじ1
  • 塩                         少々
  • 胡椒                       少々

 

作り方

カボチャは皮と種を取り、洗って小口に切っていきます。

そしてトレイにクッキングシートをひき、カボチャを並べ、小さじ0.5のオリーブオイルをかけてください。そこに加えて塩、胡椒していきます。

 

できたら200度のオーブンにて25分から30分焼いていきましょう。

赤たまねぎは半分に切り、繊維を断つように、とても薄く切ってください。

薄く切る理由は苦味を感じさせないためです。

また薄く切っても気になる方は水に浸すようにしましょう。

ただ、水に浸すことでビタミンB1などの栄養素が溶け出る場合があるので、長時間、浸すのは控えましょう。

そしてフェタチーズを一口大に切り、ルッコラを水で洗い、全ての材料を盛り付けていきます。そこにバルサミコ酢、オリーブオイル、レモン汁、塩、胡椒で味を整え、上からかけたら出来上がりです。

 

まとめ

ハロウィンの主役であるカボチャは今回紹介したように美肌効果は高いです。

またそれは適量の油と適切な調理をする事によって、より効率的にその影響を受けることができます。なので実際に食す場合は、そのように調理することをおすすめします。

紹介したレシピをそのまま活用して頂くのもあり、自分なりに材料加えてアレンジしてもあり、楽しいハロウィンをお過ごし下さいね。では。

The following two tabs change content below.
sanna

sanna

管理栄養士の資格を持ち、メニュー開発や食事指導を経験。実際に作って美味しいレシピを紹介しながら、ダイエット、健康や美容を中心に色々お伝えしていきます。

リンクルショット

あなたの意見を聞かせて

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)