恋愛

交際していない男性からキスされた!相手の本心とそれを確かめる方法5選

2021年1月8日

もし交際していない男性から不意にキスをされたらどう思いますか?

海外では挨拶代わりに、男女の友達や同性同士でキスすることもあり、コミュニケーションの一環としてのキスが主流でしょう。

 

しかし日本では恋人や夫婦ですることがほとんど。

公共の場でキスをする人も少なく、特別な行為として認識されています。

 

そんな日本で交際していない異性からのキスを受けると「これは期待していいの?」と思う人も多いかもしれません。

今回は付き合っていないのにキスをする男性の心理、そして本気かどうか確かめる方法を5つご紹介します。

 

気になる男性からキスをされて、戸惑っている女性の参考になれば幸いです。

 

その1:あなたに恋愛感情を抱いていた

もともとあなたに対して、恋愛感情を抱いていてキスをするケースがあります。

 

好きだからこそ理性を抑えきれず

本来なら付き合ってからするものですが、好きな人と2人きりの状況に理性が抑えきれず、不意にキスしてしまう男性が中には存在します。

例えばいつもよりあなたが綺麗に見えたり、いつも以上にキュンとしたり…。

 

男性はそんなときに理性を抑えられなくなり、ついキスをしてしまうようです。

「私って軽く扱われてる?」と不安に思うかもしれませんが、つい本能的に動いてしまった彼も後悔しているはず。

 

その後は交際に発展しやすい

このようにあなたに恋愛感情を抱いてキスした場合、後日改めて告白されることが多いんですよ。

本来なら正式に告白してOKをもらってからキスをするのが理想的。彼もそうしたかったはずなのに、体が先に動いてしまったパターンです。

 

キスの後に連絡が頻繁にあり、「また会いたい」などお誘いがある場合は本気であなたに恋しているでしょう。

真剣に交際を考えているなら、キスのことを謝った上で告白してくると考えられます。

 

不意な彼からのキスが嫌ではなかったのであれば、交際を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

その2:性的にムラムラしてキスをした

学校やオフィスで紳士的な素振りをしていても、実はほとんどの男性が女性の身体に興味津々です。

時にはいやらしい目で見ていることも…。そんな目で見てくる男性がキスをしてくるのは、100%下心だと言えます。

 

良い雰囲気でムラムラした

2人きりで良い雰囲気になった瞬間を狙って、キスをする男性も少なくありません。

居酒屋やカラオケなど、テンションが高まる状況で発生しやすいです。

 

お酒が入った状況は特に危険で、「普段から身体がタイプだったんだよな」と遊び目的や軽い気持ちでキスをすることもあります。

雰囲気に流されて体の関係を持ってしまい、泣き寝入りして後悔する女性もいるでしょう。

 

したたかな男性には注意して

したたかな男性は、2人きりになった瞬間にムラっとしてキスをしてくる可能性が高いです。

「キスを嫌がらなかったら、体の関係までイケるかも」「たまには憂さ晴らしも良いだろう」と自分の性欲を満たすために、計算してあなたを狙っています。

 

あなたに脈がなさそうだと分かると、キス後は突然素っ気なくなることも。

このような男性の被害を避けるためにも、したたかな男性とは2人きりにならないよう注意しておきましょう。

 

その3:セフレ関係になりたくてキス

あなたとセフレになりたくて、反応を見るためにキスしたという場合も考えられます。

 

パートナーとの営みに不満を持っている

特に男性に彼女がいる、もしくは既婚者の場合はほとんどがセフレ目的と言えるでしょう。

 

「本気の相手は別にいるけど、あわよくば他の人ともエッチしたい」

このようなゲスい考えを持っています。

 

今のパートナーとの営みにマンネリを感じていて、性欲が溜まっている男性は別の女性で満たそうと考えるのです。

 

「理論的に良くないとは分かっているが、抑えられない」「バレなければ大丈夫」という自分勝手な考えの持ち主。

そんなときに2人きりになった女性が自分を性的に受け入れてくれるか試す手段として、不意にキスをする場合があります。

 

キス後に本心が分かる

こういった男性は、キスをした日から数日経ってから本心が見え始めるでしょう。

体目的の男性は基本的に自己本位で、女性の心に興味はありません。

 

連絡をしても無視されたり、会って話しても冷たくされたりする場合は、完全にエッチが目的。

しつこく連絡をし続けると、「都合よく付き合えないし用はない」と思われ二度と会えなくなることもあります。

 

女性側からすると「キスしたくせに酷い!」と悲しい気持ちになりますが、浮気をするような男性と早めに縁を切れて良かったと考えましょう。

 

その4:キスフェチで誰にでもキスをする

あなたにキスをしたことに理由はなく、「キスフェチ」だったというパターンも考えられるでしょう。

 

とにかくキスがしたかった

とにかくキス行為が大好きで、自由奔放で開放的な人は男女問わずキスをします。

あなたと一緒にいたときに、「可愛いし良いな」「なんかキスが上手そう!」など魅力を感じてフレンドリーにキスをしてきたのではないでしょうか。

 

保守的な日本人気質とは正反対で、キスなら恋人や夫婦以外もOKと欧米風に捉えているのかもしれません。

普段から明るくノリが良い人物なら、色々な人とキスをして楽しんでいる可能性が高いです。

 

本心が見えにくく、時間がかかる

このタイプは本気なのか、ただの気まぐれなのか見極めるのが難しいです。

女性を1番惑わせるタイプなので、もし好意があるならしばらく様子を観察してみたり、共通の友人に相談してみたりするのがおすすめです。

 

本心が分かるまで時間がかかりますが、本気ならマメに連絡をくれるでしょう!

何かしらの発展は期待できます。こちらから何か仕掛けるよりも、相手の行動を見て受け身でいると良いですよ。

 

その5:あなたとのキスが忘れられなくて

過去に恋人だったりセフレ関係になったりと、その人とのキスを経験しているのであれば、キスの相性が良くて忘れられていないのかもしれません。

 

もう一度相性を確かめたかった

キスは相手との体の相性を確かめる1つの手段です。

 

「性格は合わないけど、体の相性は最高だった」なんて話を友人から聞くこともありますよね。

このような体の相性が良い男女は、腐れ縁のように別れてもエッチをしてしまう…なんてことが多いです。

 

本当にあなたのことが好きなら、正式に復縁してからキスをするでしょう。

しかし過去に性格が合わず別れてしまった場合は、体の関係だけを目的にされていると考えられます。

 

相手の気持ちを聞いてみて

「まだ私に未練があるんだ」「寂しいからとりあえず一緒にいようかな」と中途半端な関係を続けるのは、お互いにとってメリットがありません。

相手に彼女ができても、セフレとして扱われる可能性が高いでしょう。

 

少し勇気が必要ですが、「この前のキスって何?」と思い切ってストレートに聞いてみてください。

濁した答えや、「そのときの気分で」などの適当な理由は脈ナシなので、彼とはもう会わない方が良いかもしれません。

 

最後に:キスは大切なサインの1つ!

キスは相手の本心を確かめる、大切な行為の1つでもあります。

不意打ちのキスはあなたの気持ちを無視した最低な行為ですが、気になる相手からのキスだと嬉しく感じることもあるでしょう。

そのキスが体目的なのか、恋愛感情があるのかはっきりさせておくことが大切ですよ。

 

キスした心理を正確に知り尽くすのは難しいですが、キス後の相手の行動で本心が浮き彫りになります。

正式にな交際宣言がない段階でのキスは、80%が要注意。適度な距離感を持って、隙を見せないことも重要です。

The following two tabs change content below.

寄稿者

peek a booでは、随時寄稿者を募集しております。ご応募は『お問い合わせ』からお願いいたします。

おすすめ記事一覧

1

デートだけで何十万円という大金をもらえる。 風俗のように、不特定多数と関係を持たなくても良い。   そんなタレコミで、近年「パパ活女子」と言われる女達が、SNSを中心に、どっと活動的になった ...

2

お金がないのに子どもを産む。 その選択を、どう受け取りますか?   皆さんは、痛快!ビッグダディというテレビ番組を覚えているでしょうか?   8年にわたり、ある大家族に密着した、ド ...

3

「だんだん洗脳されていたと思います。私が殴られるのは、不安にさせた私が悪い、私のことを好き過ぎてたまらないからこんなことをしてしまうんだ。って……。」(みやめこさん) 近日話題になった「#mee to ...

4

「セフレの気持ちが分かりません」 私の元に寄せられる相談は、ほとんどこのひとつの質問にまとめられると言っても過言ではない。   「セフレの気持ちが分からない」 付き合っていないのに身体の関係 ...

5

こんにちは!エロインフルエンサーのねこです。 最近、女性向け雑誌をはじめとする各メディアにて、セックスに関する話題をよく目にします。   その影響もあってか、彼氏やセフレとのセックス事情につ ...

-恋愛
-, , ,

Copyright© ぴくあぶ - peek a boo , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.